« STIの新しい限定アイテム(限定50個) | トップページ | 日産 ジュークニスモ、市販版がデビュー »

違法ダウンロード刑事罰化含む著作権法改正案、衆院本会議で可決

本法案の可決は残す所、参議院のみと待った無しになりました。

しっかし厳しいですねぇ、自分で買ったDVDのデータを吸い出しただけで懲役、または罰金ですか。これでCDやDVDの売り上げが元に戻らなかったら、今度は何処の性にするんでしょうか?
個人的には買いたいと思える音楽コンテンツが絶対的に減ってる印象が強いですね。映像コンテンツも封切りで見たい映画以外のメディアなんて、ゴミも同然ですし(苦)

まあ、ぶっちゃけ言ってしまえば、TVでくだらないバラエティ番組ばかり流して、ろくに歌えもしないアイドル歌手なんかをチヤホヤしている様では、業界全体がしぼんで行くのは当然と言った所でしょう。

以下、近年の消費者マインドが浮き彫りになってるアンケート結果を貼付けておきましょうか。

【ご参考】
業界「違法DLのせいでCD売れない!」→CD買わない理由、1位「レンタルするから」、2位「音楽ソフト自体買わない」

-----転載開始-----
違法ダウンロード刑事罰化含む著作権法改正案、衆院本会議で可決

 違法ダウンロード刑事罰化を含む著作権法改正案が、6月15日午前の衆議院の文部科学委員会で可決された後、同日午後の衆議院本会議に上程され、賛成多数で可決された。今後、参議院に送られ、今国会で成立する見通しが強まった。

 当初、政府が文部科学委員会に提出した改正案は、デジタル化・ネットワーク化の進展にともない著作物の利用態様が多様化していることや、著作物の違法利用・流通に対応したもので、(1) いわゆる「写り込み」等、実害のない著作物の無許諾利用の許容、(2) 国立国会図書館によるデジタル化資料の自動公衆送信に係る規定、(3)公文書等の管理に関する法律に基づく利用に係る規定、(4)いわゆる「リッピング違法化」等、技術的保護手段に係る規定の整備、などを含んでおり、同委員会で全会一致で採択された。

 さらに、同委員会には、自公両党から、先の2009年の著作権法改正(2010年1月施行)で違法化されたが罰則適用はなかった、「違法著作物のダウンロード」に、刑事罰を導入するとの修正案が提出され、賛成多数で可決された。そして、午後の本会議では、修正案も含めたかたちで、著作権法改正案が賛成多数で可決された。

 違法ダウンロード刑事罰化は、以前から、音楽関係の権利者団体などが強く求めていたが、著作権法改正に向けての関連審議会の審議では盛り込まれていなかった。しかし、今回、権利者団体が、自公両党を中心とした政党への働きかけを強めた結果、「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金」を適用する修正案が可決された。違法ダウンロード刑事罰化については、日本弁護士連合会や、MIAU(インターネットユーザー協会)などが、様々な理由から反対を表明していたが、殆ど議論されないまま、今国会で成立する見通しが強まった。

【参考】MIAU、「違法ダウンロード刑事罰化」について議員向け反対声明

http://news.braina.com/2012/0615/rule_20120615_001____.html
-----転載終了-----

【自転車屋始めました】自転車専門店 〜 トレック・ワン

|

« STIの新しい限定アイテム(限定50個) | トップページ | 日産 ジュークニスモ、市販版がデビュー »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/54968845

この記事へのトラックバック一覧です: 違法ダウンロード刑事罰化含む著作権法改正案、衆院本会議で可決:

« STIの新しい限定アイテム(限定50個) | トップページ | 日産 ジュークニスモ、市販版がデビュー »