« Blogも長い事やってると | トップページ | 富士重工業 「ボーイング・サプライヤー・オブ・ザ・イヤー賞」を受賞 »

【緊急】管理人からのお願い!

Blogにお越しいただいている皆様に、管理人からお願いがあります。
今日の管理人は、少しだけ真面目モードです。

既に一部の方々はご存知の事かと思いますが、現在、韓国に世界中の地図から「日本海」という呼称を「東海」に書き換えよう(または併記させよう)と様々な手段を使って活動されてしまっております。現在の民主党を中心とする日本政府が、全く行動を起こさないために、既に多くの地図で「日本海」に「東海」が併記され始めてしまっております。

今回のお願いと言うのは、「日本海」という呼称を守るために、是非とも皆様のお力をお借りできないかというものです。いろいろとご多忙かと思いますが、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

-----転載開始-----

片山 さつきのFacebookより
http://www.facebook.com/satsukikatayama.fanpage

緊急広告です!とても重要なことでもあります。
ついにCNN、までニュースで日本海(japan sea)の表記の下に括弧で東海(east sea)と書くようになってしましまして、米国の州の教科書にも、この併記を認めるか、も含めて、米国政府ホワイトハウスのHPで、署名を集めています。

25,000署名集まったら、というか5月13日までに集めなければいけません。

私のツイッターは、ご覧の方が94、500人いらっしゃるので、まずはここで告知したところ、ツイッター仲間の@udxさんが、署名の仕方について、とてもわかりやすい解説を作ってくださいました。

主旨にご賛同のみなさん、どんどん広めて、どんどん利用してください。日本海は、日本海です。 

ホワイトハウスでの署名の方法
http://twitpic.com/9aw1r8/full

ホワイトハウスの該当のアンケートページ
http://wh.gov/UCX/

【アンケートページの有志による和訳】
私たちはオバマ政権に請願します:
歴史上正しい名称として教科書に記されている『日本海』。私たちは子供たちに正しい歴史を教えてきました。何故それを変えるのでしょうか?
私たちは今まで通り、きっぱりと「日本海」で通すべきです。

1. 朝鮮は、1924年に日本が『東海』を『日本海』に改称したと主張していますが、『日本海』は開闢以来(大昔から)一貫として『日本海』です。

2. 韓国は北朝鮮の共産主義の影響を受け厳しい状況にあります。'50年代の朝鮮戦争では、北朝鮮がロシアと中国を後楯に侵略して来ました。アメリカは韓国を守るために多くの血を流しましたが、それを彼らは忘れ、今やアメリカを追い出そうとしています。彼らの極端な自民族中心主義は彼ら自身を盲目にし、歴史さえも彼らの筋書きに沿って書き換えようとしているのです。これは全くの誤りです。

どうか私たちに賛同の上、本請願書に署名いただき、私たちの教科書の捏造阻止に協力してください。子供たちには正しい歴史を学ぶ権利があります。
-----転載終了-----

事は緊急を要するため、Blog、twitter、Facebookへの本記事の転載は大歓迎ですってか、して下さい。
一人でも多くの國思う有志の皆様の参加を期待いたしております。

管理人は新潟の海岸から見える美しい海が、東海なんて韓国視点の名前に書き換えられることは我慢なりません。日本海は、日本海です。

|

« Blogも長い事やってると | トップページ | 富士重工業 「ボーイング・サプライヤー・オブ・ザ・イヤー賞」を受賞 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/54519007

この記事へのトラックバック一覧です: 【緊急】管理人からのお願い!:

« Blogも長い事やってると | トップページ | 富士重工業 「ボーイング・サプライヤー・オブ・ザ・イヤー賞」を受賞 »