« ランボルギーニのSUV 「Urus」 | トップページ | ガンダム めぐりあい(デーモン閣下Ver.) »

【北京モーターショー12】スバル レガシィ、中国専用デザイン採用

レガシィの支那仕様だそうです。
すみません、もうアレ過ぎて言葉が有りません。タダでさえ厚いボディでアレだというのに、更に厚くしてどうすると。取り敢えずはこれが日本仕様では無かったという事で、胸を撫で下ろしています。
-----転載開始-----
【北京モーターショー12】スバル レガシィ、中国専用デザイン採用

富士重工は23日、中国で開幕した北京モーターショー12(オートチャイナ12)において、中国向けスバル『レガシィ』(日本名:『レガシィB4』)の2013年モデルを初公開した。
すでにスバルは4月上旬、米国で開催されたニューヨークモーターショー12において、レガシィの2013年モデルをワールドプレミア。中国向けのレガシィは、北米仕様とは異なるデザインが与えられる。
デザインのテーマは、「もっとスポーティでシャープなレガシィセダンらしさ」。中国の顧客の嗜好に合わせたデザイン変更を施した。
フロント周りでは、グリルとヘッドライトが新デザイン。車高は約60mm引き上げられ、前後バンパー、サイドスポイラーなどを中国専用に新設計した。スバルによると、ボディの厚みを増し、力強く存在感を高めるのが狙いだという。サイドシルスポイラーやリアバンパーには、クロムモールが追加され、高級感を表現する。
また、前後フェンダーはワイド化され、全幅は40mm拡大。ホイールアーチ周辺のボリューム感をいっそう強調したデザインとした。アルミホイールは、18インチの大型サイズだ。
メカニズム面は、北米仕様の2013年モデルに準じる。新世代ボクサーエンジンと第2世代の「リニアトロニック」CVTを採用。中低速トルクを向上するとともに、燃費性能も高められた。
サスペンションは刷新。ダンパーとスプリングレートの設定変更、クレードルフレームや車体骨格の補強などにより、操縦安定性のさらなる向上を図った。スバルは、「しっかり感と滑らかさを併せ持つレガシィらしい乗り味、優れた直進安定性と思い通りに曲がる運転する楽しさを実現するのが狙い」と説明している。

20120423

http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kuruma/ctcd=7010/id=21909/
-----転載終了-----

【自転車屋始めました】自転車専門店 〜 トレック・ワン


|

« ランボルギーニのSUV 「Urus」 | トップページ | ガンダム めぐりあい(デーモン閣下Ver.) »

」カテゴリの記事

コメント

はいっ!!
タダでさえ厚いボディでアレなクルマ所有者です。f(^^;

まぁ、でも某大手メーカーのクルマより全然良いと思って乗ってますが・・・(((((((・・;)

しかし、私から言わせればこの国の嗜好は、塊感(贅肉?)があって高級に見えるのが良いとされてるみたいだから、売ろうと思ったらこうなってしまうんじゃないかなぁ。

国内向けでも、MC後の顔より現行型の方が個人的に好きなので・・・f(^^;

投稿: chiharu_legacy | 2012/04/24 07:45

chiharu_legacyさん
私は五代目のレガシィについては、語り尽くしてる感が有るので、もう何も言う事はないだろうと思っていたんですが、この支那仕様、あまりにアレで・・・(ーー;)

もっと「スポーティでシャープ」なレガシィセダンらしさってのはどこなんだよと。少なくとも、レガシィを3代乗り続けている小生には、どこの事を差し示す言葉なのか、理解できません。

投稿: Algernon | 2012/04/24 19:07

6代目レガシィ、若しくは新規アドバンスドツアラーコンセプト市販バージョンに期待していますが、これらにはセダンが存在するかどうか・・・

セダン嫌いの私から見ても先代までのレガシィは「スポーティでシャープ」なクルマで『おっ!』と思ってしまいますね。

まぁ、上のクルマは大陸仕様と言う事で・・・

投稿: chiharu_legacy | 2012/04/24 20:13

chiharu_legacyさん
カナダ籍の先輩の話によると、デザイン業界には「ベイパーモデル」と呼ばれるものが存在してまして、全く実現性の無いモデルの事をこう呼びなわしているそうです。

私はアドバンスツアラーコンセプトは、これに近いモデルだと考えています。
スバルのショーモデルの裏舞台を知ってしまうと、なるほどなぁと思う事が沢山有り過ぎまして(ーー;)

投稿: Algernon | 2012/04/24 20:27

60mm車高上げ、というのは私には魅力(スバルの車は車高が高いほど格好いいと思ってる)のですが、その分をバンパーに振り分けちゃぁ、なんだか鼻の下を伸ばしたオッサンみたいなデザインですね^^;

そう言えば、OEM版軽トラ、軽バンはサンバーを襲名したのですね。こちらに比べれば、このレガシィはアレな部分がデザインだけな分マシに思えてしまいます…
http://www.subaru.jp/sambar/van/

投稿: Route09 | 2012/04/24 21:57

Route09さん
オマケに異様にマッチョなフェンダー付きと言う事で。
いっその事、ハコスカGT−Rの様なビス止めのオーバーフェンダーにした方がスパルタンでかっこいいかもしれません(笑)
私もスバルの車の最低地上高は高い方がカッコイイ派ですが、「鼻の下を伸ばしたオッサン」はウケました(爆)

OEM版の軽トラ、触れないでいたんですよ(笑) サンバーと言っても、もはや機能も性能も別物と言う事で、当Blogの趣旨から外れてしまっておりますので(笑) < お客様に説明できるような趣旨があったとは知らなんだ.

投稿: Algernon | 2012/04/24 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/54543780

この記事へのトラックバック一覧です: 【北京モーターショー12】スバル レガシィ、中国専用デザイン採用:

« ランボルギーニのSUV 「Urus」 | トップページ | ガンダム めぐりあい(デーモン閣下Ver.) »