« BDにするかDVDにするか | トップページ | YAMAHA V2 »

スバル、ニューヨークショーで「レガシイ」「アウトバック」マイナーチェンジ発表

はい、現行レガシィ、北米モデルもマイナーチェンジ公式画像来ました。

あれ? 北米モデルはヘッドライトユニットに変更がかかってますね。グリルの変更と相まって、北米モデルはシンプルで力強い印象のフロントフェイスになりました。いや、小生がやっと見慣れただけかな?
北米はスバルの主戦場ですから評判が気になる所です。(写真はクリックで拡大します)

-----転載開始-----
スバル、ニューヨークショーで2013年型「レガシイ」「アウトバック」

201203301 スバル(富士重工業)は3月30日、ニューヨーク国際自動車ショー(一般公開:4月6日~15日)で、今夏に米国へ導入予定の2013年型「レガシイ」「アウトバック」を出展すると発表した。同モデルから、独自の先進運転支援システム「EyeSight」を北米市場へ導入すると言う。

 通常の年次改良よりも大規模な改良を加えたと言う両モデルの商品コンセプトは、デザイン、環境・燃費、走り、安心・安全の4領域での「全性能モデルチェンジ」を掲げており、内外装だけの変更にとどまらず、両車らしい安心感とスポーティで快適な乗り味もブラッシュアップした。

 パワートレーンでは、2.5リッターエンジン搭載車に新世代の水平対向エンジンを搭載するとともに、新型インプレッサから採用している第2世代のリニアトロニック(CVT)を採用し、燃費性能を向上させた。また、この組み合わせによって中低速トルクが向上したことで、燃費性能と出力性能の両立が図れたとする。

201203302 サスペンションの変更も行われており、ダンパーとスプリングレートの設定変更や、クレードルフレーム/車体骨格の補強などにより、操縦安定性を向上させるとともに、車体振動を最小限まで押さえ込んだと言う。

 エクステリアデザインは、スバル車共通のモチーフを織り込んだヘッドランプを採用。フロントグリル、フロントバンパーのデザインについては、レガシィはよりシャープに、アウトバックはより力強くと、それぞれの個性を活かしたデザインを施している。

 また、インテリアは「スポーティさ」と「上質感」をデザインコンセプトとし、質感向上と機能性の強化を図った。具体的には2種類の木目加飾をインストルメントパネル、ドア、シフトノブに設定し、レガシィとアウトバックで仕様を分けた。上級グレードには新たにカラー液晶付きの「エレクトロルミネセントメーター」を採用し、新採用となるEyeSightにも対応したカラー液晶表示も追加することで、表示機器としての視認性向上や、商品としての魅力向上も図ったと言う。

■URL
富士重工株式会社
http://www.subaru.jp/
ニュースリリース(PDF)
http://www.fhi.co.jp/contents/pdf_78946.pdf
(編集部:小林 隆)
2012年 3月 30日
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20120330_522734.html
-----転載終了-----

【自転車屋始めました】自転車専門店 〜 トレック・ワン

|

« BDにするかDVDにするか | トップページ | YAMAHA V2 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/54347808

この記事へのトラックバック一覧です: スバル、ニューヨークショーで「レガシイ」「アウトバック」マイナーチェンジ発表 :

« BDにするかDVDにするか | トップページ | YAMAHA V2 »