« 車高落としてヒャッハ〜 | トップページ | 【スバル BRZ 発表】吉永社長「台数にはこだわらない」 »

トヨタのデザイン部長 古川高保氏、スバルのエンジニアを「外国人」呼ばわり

おい、スバルの優秀なエンジニアを捕まえて、「外国人」たぁどういう了見だ。そりゃ、お前ん所のコストしか考えない様に培養したエンジニアに比べりゃ外国人だろうよ。確かにトヨタは世界最大の自動車メーカーで、スバルは世界最小の自動車メーカーだが、こんな事を言われる筋合いはねぇぞ。この馬鹿野郎。
-----転載開始-----
【トヨタ 86 発表】日本のメーカーなのに言葉が違う!
トヨタが4月6日から販売を開始する小型FRスポーツ『86』。これは既報の通り、富士重工業(スバル)との共同開発である。

トヨタ自動車デザイン本部トヨタデザイン部グループ長の古川高保さんは、任命当初から製品企画本部製品企画の多田チーフエンジニア(86の開発指揮者)とともに、「パッケージから富士重工とはガンガンお互いにやり取りをしながら作り上げました。本当に面白かったですよ」と語る。

その面白かった例として、同じ日本の自動車メーカーなのに言葉が違うことを挙げる。「使っている言葉が、話しているとどうも合わないのです。図面のデータの基準が違うのはわかりますし実際に違っていました。しかし言葉が違うのです。そこで、お互いに使っている言葉で部品名を挙げて、比較して初めて、あ、それはこの部品だったんだと」。

古川さんは、「まるで外国人とやっているようなものでしたけど、面白かったですよ。当然文化が違うので、クルマ作りの話などをたくさんしました。ただ、良いクルマを作ろうという志はもちろん一緒でしたから、力を合わせられたのです」と本当に楽しそうに語った。
http://response.jp/article/2012/02/03/169447.html
-----転載終了-----


|

« 車高落としてヒャッハ〜 | トップページ | 【スバル BRZ 発表】吉永社長「台数にはこだわらない」 »

」カテゴリの記事

コメント

言って良いですか?

スバルが日本人で、トヨタが外国人、外国人から見て日本人は立派な外国人だから仕方ないのでは?

それにトヨタ社内ではトヨタ用語なるものがあって、トヨタ社内でしか通用しない言葉が存在しますから、他社から見てトヨタ用語も理解できない言葉が多いでしょうね。
私もトヨタ用語使いですから・・・f(^^;

投稿: chiharu_legacy | 2012/02/05 14:47

chiharu_legacyさん
うははww そう来ましたか(笑)
古川高保氏には悪意は無かったと読み取れますが、スバルの生まれ故郷を里に持つ小生としては、ちょっとこの発言は看過できなかったもので、敢えて「悪意を持って」記事にさせて頂きました。

投稿: Algernon | 2012/02/05 14:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/53893723

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタのデザイン部長 古川高保氏、スバルのエンジニアを「外国人」呼ばわり:

« 車高落としてヒャッハ〜 | トップページ | 【スバル BRZ 発表】吉永社長「台数にはこだわらない」 »