« Google AdSense | トップページ | 映画を観て来ます »

スバリストについて語る時が来た様だ

SNSでBRZのコミュニティを覗いていたら、何をどうはき違えたか解らない「自称スバリスト」が湧いて来て、自らの蘊蓄を垂れ流し、BRZというプロダクトをスバルの製品では無いと抜かしていました。それに付け加え、BRZを支持するファンはスバリストでは無いとまで豪語しておりまして、BRZに期待を寄せているファンに不快な思いをさせています。スバリストを自称する者として些かカチーンと来た訳であります。

確かにBRZは一部に、トヨタがスバルに無断でレガシィをベースに無理矢理FRの実験車を作って、スバルに持ち込んで企画をごり押ししたという噂もありますが、そんな事情もどこ吹く風で、きちんとスバル車らしいクオリティに仕上げて来たと(想像している)いうのが私のこのモデルに対しての結論です。スバルが最後の最後でドリフトばっちと来いの86に対し「トルク配分 0:100のAWD」として仕上げた(らしい)所に、スバルの意地が見え隠れしていると考えています、

しかしながら、このコミュニティに沸き出して来た自称スバリストはたちが悪い。まあ、小生から言ったら単なる頭でっかちのスバルマニアですわ。それでスバリストを自称するなんてもってのほか。臍で茶が沸きます。ここで、日本のBlogの中で有る特定の検索ワードに関して、おかしな実力を誇る当Blogでのスバリストについての定義って奴を書いておこうと思います。

まず、スバリストの基本的な定義はこうです。

「スバリスト」とは現在、東京農業大学名誉教授・後閑暢夫さんが1975年のカートピアNo.31号誌上の「スバルは紳士の乗り物」という投稿で名付けた言葉。「クルマに対する高い見識を持ち、紳士的な運転をするスバルユーザー」を指します。~「cartopia」2006年1月号より引用~絶望した! 誤ったスバリストの定義を振りかざす中津スバルに絶望した!!:お庭でいっぷく様より引用
(※リンク先は、古い友人であるぶらっと氏が、中津スバル 代表取締役社長 代田氏とスバリストについて熱く議論を交わしている記事になっています)

まずは「車」関して高い見識を持った「紳士・淑女」のスバルユーザーの事を「スバリスト」と呼ぶと言うのが基本です。逆を言えば、いくらスバル車を所有し、蘊蓄を知っていたとしても、紳士・淑女で無ければ「スバリスト」の称号は与えられないと解する事ができます。ここの所をはき違えているスバルユーザーが極めて多いですね。私の持論から言えば、スバリストはスバル車を通して「目指すもの」であると考えています。この志が有れば自称も可。ただし「紳士(淑女)で有れ」と言う極めて真摯な条件が付きますが。

さあ、いかに自らをスバリストで有ると自称する事に覚悟が必要か、そして誇り高く無ければいけないか、ましてや、スバリストの諸先輩方から「あなたはスバリストだ」と呼ばれる事が難しいかが解るかと思います。

一部でスバル車は、水平対向でなければ、AWDでなければ、ターボでなければ、なんていうスペックオタがおりますが、そんなものは単なるマニアでスバリストであるかどうかなどと議論する以前の問題です。

あなたは「本当にスバリストですか?」 今一度、自らの心に問いかけてみて下さい。

|

« Google AdSense | トップページ | 映画を観て来ます »

」カテゴリの記事

コメント

私は、自分ではスバリストではないと思っています。
レガシィに乗って、スバルを所有して未だ2年しか経っていない、スバルに対する知識もまだまだ、未熟者だと思っています。

よく知人から『レガシィ買ったんだ~。スバリストの仲間入りだね。』って言われる事があるんですが、ちょっと待て、違うだろう?スバル買ったらスバリストではないだろう、って思ってしまいました。

個人的には、もっと長く乗り、もっとスバルの事を知らなければ、真のスバリストとは言えない、自称でもスバリストと名乗るのは憚られると思っています。

あえて言うなら『スバラー』と言う呼称の方がピンと来ます。

車は大好きなんで、車に対する考え方や振る舞いは紳士でありたいと常々思っています。

投稿: chiharu_legacy | 2012/02/13 08:27

 SOHC NA+FWDのBF4Dに14年、17万km乗った私が通りますよ~(笑
 BRZについてはサンバーを終了させてまで作るモノかという議論は置いといて、トヨタとのコラボがなければ実現できなかった車だと思います。AWDで極めたスバルが作るFRという点でもクルマ好きとしては興味深いです。
 AWD+ターボ至上主義に凝り固まった方にはBRZは許せない存在なのかも知れません。
 なお、私は自身のことを「スバル乗り」と称しております。

投稿: 夢の助 | 2012/02/13 17:33

私は自称”スバリスト予備軍”です。
とはいえ、あるぢぇさんが時々使われる”富士重工原理主義者”という言い回しが個人的には一番好きですね。

当初、BRZは、”安全性(=AWDなど)に裏打ちされたスポーツ性”のある車になるのか、FRだからとケツ振って遊ぶような車はスバル車とは言えんぞ(86の方はやはり”そういう車”のようですね)、というスタンスから”ありえない”でしたが、どうも、”0:100のAWD”として作られているようで、自分の中での評価は変わってきたところであります。
とにもかくにも、”スバリストは目指すべき高み”という意見には大いに同調致します。

投稿: Route09 | 2012/02/13 19:31

絶望ネタは検索でいらっしゃる方も多く、ちょっと恥ずかしかったり。(^^;)
私はおこがましくもスバリストを名乗ってますよ。「紳士であれ」と自らを戒めるためにも。

BRZについては、私も「軽自動車から撤退してまで作る車か?」という反感はありますが、富士重工業が真面目に作った車なら悪いものであるはずがないとも思います。

世の中には、こんなにもスバルを理解している高校生もいます。
ttp://blogs.yahoo.co.jp/junyakun210/37930360.html
それなのに、いい歳をした似非スバリストには困ったモノです。(--;)

投稿: ぶらっと | 2012/02/14 00:35

件のコミュ見てみました。
あの方は他のスバルコミュでも同じような態度ですよ。むしろ、噛み付かれるのを楽しんでいるようにも見えます。
パソ通時代はシスオペがいてしっかり管理しておりましたが、SNSのコミュ管理人の多くは名ばかりですからね。
スルーするのが一番なのですけどね。

投稿: 夢の助 | 2012/02/14 12:30

chiharu_legacyさん
スバリストと自称できる素質、十分に有りと見ます(笑)
まあ、何台目からスバリストとか、何年乗ったらスバリストという定義はありませんので、スバリストと言う称号を名乗れる「覚悟」ができたらで良いかと。
スバラーと言う称号については、オーナーが謙遜して使われる場合と、蔑称として使われる両方の場合があるので、注意が必要ですね。

投稿: Algernon | 2012/02/14 19:45

夢さん
コメントをお待ちしておりました(笑)
スバリストと言う称号は、スバルの事を知れば知るほど、名乗りにくくなるというお気持ちは凄くよく解ります(笑) 私は「スバリストを自称する者」という言い回しになりますね。
私もあの方が他のコミュで持論を展開して、他のオーナーを卑下しているのを見た事があります。ご自身はスバル車以外に乗っていながらスバリストの評判を落とす許せない類いのマニアです。

投稿: Algernon | 2012/02/14 19:52

Route09さん
あ、富士重工業原理主義者って気に入って頂けました?(笑)
これは個人的な定義では、一番タチが悪くて、富士重工に対する狂信的な意味合いも含めておりますので、ご利用の際はご注意下さい(爆)
「スバリストは目指すべき高み」であるに、同調有り難うございます。スバリストを自称していても、ミーティングなんかに参加すると、まだまだ遥かに上の方がいらっしゃいますので、自称することもおこがましくなってしまうというのが現実なんですよね。

投稿: Algernon | 2012/02/14 20:00

ぶらっとさん
コメント、お待ちしておりました。
ググル先生に「中津スバル」と入力して、スペースを入れると「絶望」がリコメンドされますので相当な数が検索されていると推察されます。中津スバルさんにとっては正にキラーコンテンツですね(爆)

「紳士であれ」と言う部分は、スバリストの諸先輩方と話をすればする程、思い知らされますよね。私なんてホントにまだまだ修行が足りないと(ーー;)

ご紹介のBlogはすばるっちさんの所ですね。私も巡回しております。お若いのに本当によく解っていらっしゃいますね。スバリストに格は無いと思ってはいますが、コミュで他のファンに迷惑をかけてる香具師より遥かに高みにいらっしゃる方です。

投稿: Algernon | 2012/02/14 20:16

自分も若輩ながらスバルが大好きで、良し悪し含めて「スバルバカ」と自称しています。

これは件の記事を知ってから、スバリストを自称することに気が引けているからというのもあるのですが、単に自分がスバル以外のメーカーの車を(運転など現実面で)そこまで知ってないということで「バカ」という、自嘲的な意味合いも込めています(笑)

個人的には、あと少しで納車されるであろうS206も、いま乗っているプレオ(旧型)も、スバルの考えるクルマ作りの結晶だと思っています。

スバル、特に愛車のプレオに教わったのは、ハンドリングの良さ、すなわち操作して楽しいことが最も重要で、その次に何馬力とかの数値的な要素があるということです。
これはS206に対しての期待でも同様で、ハンドルを切ってコーナーを抜けるとき、ブレーキをかけるとき、その時々でどんな動きをする車なのか、といった感じのワクワクの中には馬力やトルクの数字とかはあまりありません(ないといえばうそになりますが…

とりとめが無くて申し訳ないのですが、これだけは断言できます。

自分は薀蓄は嫌いじゃないです。
でも。
感覚で知ったこと・理解したことにかなう相手じゃありません。
BRZだって、もちろん乗ってはいませんが、どんな風に動く車か、見ただけでわくわくさせてくれます。

それを感じれる人であることもスバリストたる証ではないかと、自分は考えています。

投稿: obaka-pleo | 2012/02/14 23:33

あるじゃさん、ありがとうございます。
『スバリスト』を名乗る事、背中を押していただけた様な気がします。
しかし、私には『スバリスト』を名乗るだけの見識が未だ備わっていない気がして、覚悟が持てずにいます。
obaka-pleoさんの言われる『スバルバカ』って、良いですね。
因みに私は、『スバリスト予備軍』『SBR(スバリスト)48の研究生』と言ったところでしょうか。f(^^;

BRZの件ですが、いろんな人がいろんな事を言っていますが、あれはAE86の後継でもセリカの後継でもない、スバルが作った車、他のどこのメーカーが作ったFR車よりも面白い車に仕上がっている事は、ちょっと考えれば直ぐにわかる筈。
それがわからない人に車の事を語って貰いたくないものです。

車の面白さは数字ではないって、新型インプレッサの開発者某も仰っているのに・・・

投稿: chiharu_legacy | 2012/02/15 08:16

obaka-pleoさん
ああ、そのスバル車から「何か」が感じ取れる感性をもった方ってのも一理ありますね。蘊蓄以外の何か…本来、こうした部分が「解ってる方」が、相互にスバルサインを出し合っていたとも言えますからね。一つ勉強になりました。
スバルバカ、いいですね。多いに突き進みましょう。多分、その先にスバリストがある感じはしています。

投稿: Algernon | 2012/02/16 21:12

chiharu_legacyさん
私は任命権者なんてものじゃないので、てへへ(^^;)

企画がどうあれ、生まれがどうあれ、スバルが本気で取り組んだBRZというモデルは、私はトヨタの86の派生車なんかじゃなくて、立派なスバル車だと思っています。断固、DBA-ZC6です(笑)

いつ試乗車に乗れるか解りませんが、面白く無い筈は無いと断言できますね。多いに期待したい所です。

投稿: Algernon | 2012/02/16 21:18

はじめまして
ぶらっとさんの紹介で来てみました

最近、スバリストとは何だろうと真面目に考えるようになりました
昨年、色々な方とお会いして、富士重って良い会社なのかなと思い始めたのがきっかけです
それまでは富士重のことはよく知りませんでしたので

ちょっとかじったところでは、愚直で不器用な感じがしますね
高橋三雄先生の話を聞いた時にも感じたところです
これらは、自分的に惹かれる要素ですし応援したくなります

スバリスト、スバラー、スービーなどなど色々な呼び名があるようですが、紳士であることが条件であるなら、包容力も併せ持つのでしょうから呼び名に拘るのも無意味なのかもしれませんね
それでも、"スバリスト"という他社にはない称号は、自分も目指してみたい、極めてみたいと思わせる魅力があるように感じます

個人的には「一生、富士重から離れない」と決意した方が、その称号を得られるものだと思いますが、色々な事情があるでしょうから、その考え方は排他的でしかないのかもしれません
島国根性の私にはジェントルマンへの道は遠いものになりそうです
これから地道に学んでいこうと思います

投稿: ぼつ | 2012/02/18 22:34

ぼつさん
初めまして。Blogの方はいつも拝読させて頂いております。

スバルは愚直で不器用、確かにそう言う側面もありますね。他のメーカーの様に、世渡りが上手い訳ではありませんし、車は良いのだけど売り方が下手です(笑) アルシオーネシリーズなどは、正にそう言ったスバルの愚直さが造り上げたグランドツーリングカーだった訳ですが、世の中にきちんと理解されず、あの通りの寂しい販売台数となってしまっていますね。(私もアルシオーネを所有していた時代があります)

スバルから一生離れない…というか、むしろ、スバルに魂を捕われてしまったファンの事をスバリストと呼ぶ様にも思えます。良くも悪くも、スバルと付き合って行く…私はそんな風に覚悟を決めております(笑)

とは言え、真の意味でのスバリストの道はなかなか簡単には行かない様です。私も修行の日々が続きます(笑)

投稿: Algernon | 2012/02/19 10:25

私、そろそろ『スバリスト』を自称しても良いのかなと思い始めました。

自動車業界に勤めて30年、自動車が好きで、ただ、職場の関係上トヨタ車ばかり所有して来た私ですが常にいろんなメーカーの車に乗って、常に自動車に対する情報を収集し見識を広め、そして何がベストなのかを考えていたら、『スバルが良いぞ!』と気づき、スバルの車を買ってしまった。
そして、乗れば乗るほどこの車に心酔してしまった。

ただ、ちょっとだけ『紳士』と言うところが足りないかなと思っています。f(^^;

こんな『スバリスト』がいても良いのでは・・・f(^^;

投稿: chiharu_legacy | 2012/02/24 21:09

chiharu_legacyさん
お、覚悟を決められましたか?(笑)

それでは私と一緒に、スバリストたる真の意味での「紳士への道」を極めてみますか?(笑)

10年後、若いスバリストに「この爺、なかなかやりおるw」とギャフンと言わせるのが目下の目標でございます(笑)

投稿: Algernon | 2012/02/24 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/53953809

この記事へのトラックバック一覧です: スバリストについて語る時が来た様だ:

« Google AdSense | トップページ | 映画を観て来ます »