« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

「後進国なら菅氏は死刑」 溝手氏、事故調報告受け

ほらね〜。
初期の一番大事な時に、パフォーマンスだけの為に現地に飛んでって、ベントの解放を遅らせたが原因だったってことになりますねぇ(ーー;) しかも平成22年10月21日に原子力総合防災訓練をやってたってんですからお笑いです。(いや、笑ってる場合じゃないんですが)

-----転載開始-----
「後進国なら菅氏は死刑」 溝手氏、事故調報告受け
201202292 自民党の谷垣禎一総裁は28日の役員会で、東京電力福島第1原発事故をめぐる菅直人前首相の対応について「人災の様相も出てきた」と批判した。

 溝手顕正参院幹事長も同日の記者会見で、福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)報告書に触れ、「後進国だったら裁判にかけ、死刑という話につながりかねない大変な話だ」と述べた。

 石原伸晃幹事長は、菅氏らは国会の事故調査委員会(黒川清委員長)で、当時の対応を説明すべきだとの考えを示した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120229/stt12022907270002-n1.htm

【必見!平成22年度原子力総合防災訓練-平成22年10月21日】
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg3888.html
-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月発売予定のスバル XV 、ユーロNCAPで2年連続で最高評価を獲得

昨日の記事で、地味に2012年6月発売されると発表されていたスバル XVですが、厳しくなったとされるユーロNCAPで二年連続で最高評価を受賞しました。これでEyeSight Ver.2が搭載されるとすれば、世界で最も安全な車になると言っても過言ではないでしょう。スバリストとしては、サンバーの生産終了で、ちょっと寂しい気分になってましたが、前を見なくちゃですね。

-----転載開始-----
【ユーロNCAP】スバル XV 、2年連続で最高評価を獲得
富士重工業は29日、スバル『XV』の欧州仕様車が欧州の新車評価基準「ユーロNCAP2012年・安全性能総合評価」で、2011年に続き最高評価の5ツ星を獲得したと発表した。

2009年から新評価システムが採用されたユーロNCAPは、「乗員(大人)保護性能」、「乗員(子供)保護性能」、「歩行者保護性能」、「安全補助」の4項目についての総合的な安全評価を行っている。

2012年は2011年と比べて総合評価、歩行者保護性能評価で5ツ星評価の獲得基準が厳しくなったが、スバルXVは、2年連続で最高ランクを獲得した。

同社によると、スバルXVは高張力鋼板の採用拡大や衝突エネルギーの伝達構造の最適化により、軽量化と全方位の高い衝突安全性の両立を目指したほか、フロントデュアル、サイド、ニー、カーテンといったエアバッグの充実や、VDC(横滑り防止装置)を全車に標準装備とすることで、総合的に高い安全性能を実現したとしている。20120229

http://response.jp/article/2012/02/29/170680.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

良い子のスバルの工場見学w

少し古いムービーですが、スバルのちょっとした工場見学の気分が味わえます(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

さようなら、サンバー

ついにこの記事をエントリーしなくてはならない日がやって来てしまいました。・゚・(ノД`)・゚・。

2012年2月29日、歴史的な名車「スバル・サンバー」の生産が全て終了します。

サンバーの製造拠点である富士重工業 群馬製作所 本工場のラインの全てが3月1日より「BRZ/86(DBA-ZC6)」の生産に切り替わります(現在はサンバーと、混合で生産が行われています)

多くの人々の大切な思いを運び続けて来たサンバーと、開発と製造、その他、全ての関係者の皆々様に対し、最高の敬意を表し「ありがとう」の言葉を送らせて頂きます。

-----転載開始-----
富士重、軽の半世紀に幕 独自の中・小型で勝負
201202271 富士重工業が50年以上の歴史がある軽自動車の生産を29日で終える。3月にはトヨタ自動車と共同開発した小型スポーツ車の生産を開始。軽の開発・生産から撤退し、付加価値の高い小・中型車へと経営資源を集中する経営戦略を一段と加速する。円高下でも同社の業績は比較的堅調に推移しており、特色ある中堅自動車メーカーとしてさらなる飛躍を狙う。

 最後の軽自動車「サンバー」を生産する群馬製作所本工場(群馬県太田市)は生産終了の瞬間までフル稼働が続く。「最後まで1台でも多くお客様にサンバーをお届けするように」。吉永泰之社長は現場を鼓舞する。

 富士重の自動車メーカーとしての歴史は軽と軌を一にしてきた。中島飛行機を源流とする同社の設立は1953年。58年に「てんとう虫」の愛称で知られ、日本のモータリゼーションの歴史に名を残す「スバル360」を発売。累計生産台数が約370万台に達したサンバーが生まれたのは61年と半世紀も前だ。

■薄利多売と距離
 日産自動車が三菱自動車と軽自動車開発の共同出資会社を立ち上げ、ホンダが軽の開発・生産技術を乗用車にも取り入れるなど、軽は目下、再評価されている。成長著しい新興国では小さく安いクルマが求められるためだ。販売面でも、国内新車市場の軽比率は2011年に約36%に達した。

 軽の開発・生産から撤退するのは時代と逆行するようだが、環境技術の重要性が増すなか、世界販売台数が年約60万台規模の富士重には軽から乗用車までを単独で開発できる体力はない。

 「軽も乗用車も開発に必要な人数は同じ」(宮脇基寿常務執行役員)で、ピーク時には数百人規模が開発に携わる。薄利多売の軽よりも、特徴ある水平対向エンジンや四輪駆動、衝突回避技術など独自の技術を生かした乗用車に集中して勝ち残る戦略を選んだ。

201202272■トヨタも後押し

 成果は出始めている。6月に発売する小型多目的スポーツ車(SUV)「XV」。昨年冬に発売した新型「インプレッサ」と車台などを同じとする派生車だが、「開発資源を乗用車に振り向けた結果、機動的に開発できた」(宮脇常務)。

最後の軽自動車「サンバー」は駆け込み需要でフル生産が続く(群馬県太田市の群馬製作所本工場)
 資本・業務提携するトヨタとの連携がその戦略を後押しする。軽は、グループのダイハツ工業からOEM(相手先ブランドによる生産)調達。軽の生産を終える本工場ではトヨタとの共同開発車で補う。

 今後も経営の効率化には力を入れる。エンジンはベースとなる機種からターボ(過給器)付きやディーゼルなど派生機種を出す。変速機も無段変速機(CVT)への一本化を進める。

 軽の生産終了後、トヨタと共同開発したスポーツ車を生産する本工場では、需要変動に応じて混流生産する体制を12年度中に整える。矢島工場(群馬県太田市)とも連動して機敏に生産量を増減。工場稼働率を平準化しつつ投資の無駄を省く。

 円高の逆風下、富士重は12年3月期に410億円の純利益を見込む。同じく国内生産比率が高いマツダは1000億円の最終赤字となる見通し。着実に利益を出す理由について、吉永社長は「利益率の高い商品が売れ、工場の稼働率も高いため」と話す。高付加価値路線を軌道に乗せ新たな歴史を築けるか。軽生産に終止符を打つ29日は、その挑戦の出発点となる。
http://www.nikkei.com/news/headline/archive/article/g=96958A9C93819696E0E4E2E2E38DE0E4E2E0E0E2E3E0869891E2E2E2
-----転載終了-----

※地味に「スバルXV」の発売時期が発表されておりますので、興味の有る方はお見逃し無く。

【2012年2月28日追記】
今日がサンバー製造の最終日だったんですね。つつしんで訂正させて頂きます。
20120228

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120228/k10013351901000.html

| | コメント (10) | トラックバック (0)

BRZでAWDは作れません

流石にウチのBlogのお客様はこういうキーワードで来る方はいらっしゃいませんが、世の中には未だにこんな事を言ってる方も居る様なので、貼っておきましょう。ダメな理由が良ーく解ります。

スバルだからといってもBRZで4WDは作れない!?
http://clicccar.com/2012/02/26/117206

でも、この記事、思いっきりでっかいツッコミ所が(笑)

はい、そうですね。今、スバルでは四輪駆動車の事は全て「AWD」と表現しております。という訳で、この北森涼介と言うライターは激しく「勉強不足」と言う事でアウト〜! スバル車の記事なんだからさ、少しは勉強しようよ(笑)

良い記事なんですけどねぇ。この富士重工業原理主義者のおぢさんはがっかりしましたです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ホンダ CR-V 新型、欧州向けプロトタイプ公開

SUVだからと言って、みんな4WDだと思うと大間違いの昨今ではありますが、さてさて、この新型のCR-Vとやらの4WDは今度こそは使い物になるのかね?

【ジュネーブモーターショー12】ホンダ CR-V 新型、欧州向けプロトタイプ公開
http://response.jp/article/2012/02/26/170518.html

SUBARU AWD vs その他AWD, 2011年度版
http://algercg.cocolog-nifty.com/cg/2012/02/subaru-awd-vs-a.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙戦艦ヤマト2199 長編PV

考証が新しくなった為か、スピード感のある宇宙艦隊戦、スッキリとしたキャラクターデザイン。
旧作のファンですが、こういうリメイクを待ってたんですよ。戦艦「大和」の偽装を付けたままの砲撃、沖田艦長の「抜錨、ヤマト発進!」に痺れました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

“After Eden” Special LIVE 2011 at TOKYO DOME CITY HALL

先ほど、録画を観てたらCMがががw
梶浦由紀、FictionJunction、Kalafinaには目が無いんですよねぇ。一度はライブに足を運んでみたいと思っているのですが。
てなわけで、ポチッとな(笑)

【追記】
やべ、今月から節制しないと4月のお小遣いがキツいぞ(笑)
Pink SUBARUと、昨日のアレも4月じゃまいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なるほど…

昨日の更新は駄文を含めて4回。で、アクセスがこんなもん…っと。あ、「こんなもん」なんて事を書いてますが、実際は自分で思っていた以上に「手応えが有る」という意味です(笑)

あ、何が言いたいかと言うと、ウチのBlogはどの程度のスピードでコンテンツを食って行くのかというのを計ってみたかったんですよね。まあ、毎日更新できるほどマメな性格をしてないので、イコール「どれくらいサボれるのか」ってあたりが落とし所になりましょうか(笑)

なんとなく感触が掴めた感じです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

+チック姉さん

その筋の人には「今頃かよ!」と突っ込まれそうですが、ネットサーフィンをしてて、ねんどろいどの出来が可愛かったので引き寄せられました(笑)

可愛い外見と裏腹に、+チック姉さん、うぜ〜(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初代スバル・ブラット

ネットを徘徊してたら、こんな記事ががが(笑)

How Ronald Reagan Became A Secret Subaru Test Driver
http://jalopnik.com/5877037/how-ronald-reagan-became-a-secret-subaru-test-driver

ロナルド・レーガン元大統領が、どの様にしてスバル・ブラットのテストドライバーになったかと言う記事なんですが、私のアレな語学力では十分に理解できませんでした...orz

しかし、リンク先の初代スバル・ブラットの状態の素晴らしさと言ったら、もう筆舌に尽くし難い!!

あ、このスバル・ブラットと言うモデルはですね。スバルの海外向け専用車両で、一切の国内販売は行われなかったモデルです。当時の日本国内のトラックは確かラダーフレームが無いと、トラックとしての認可が降りなくて、言うまでも無くこのモノコック・ボディを持つスバル・ブラットはトラックとは扱われませんでした。故に国内販売は無かったと伝え聞いております。その筋の方、情報の補完をよろしくです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

konozama以前の問題だった...orz

とある「ソレ系」の初回限定版のCDの予約を突っ込もうとしたら、konozamaどころの騒ぎではなくて、どうやら瞬殺だった模様。昨日は予約受付してなかったのに〜。
ネット上の信頼の置けるどの店舗も売り切れでござる。
(´・ω・`)ショボーン


【追記】
なんとか1個確保。まあ、押えられただけでも良しといたしましょう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PortraitPro、これは凄いなぁ

一昨日、BlogのGoogle Adsenseに表示されてたのを目にしたのでクリップしておきました。

PortraitPro
http://www.portraitpro.co.jp/

このサイトのトップのFlashをご覧頂くと解ると思うのですが、なんだか人物の写真が凄い事になってます(笑) 無料体験版が有るという事なので、新しいもの好きの小生としては、サクッと落として使ってみました。

いやはや、これは詐欺ですなぁ(爆) 
いや、詐欺と言うのはソフトの事では無くて、ソフトを使って出来上がる写真のクオリティの事です。こんなに恐ろしく簡単な手順で「顔の修正」ができてしまうなんて、その筋の写真屋さんはみんな失業ですわ(笑) 手元にある写真で試してみたら、奇麗が更に奇麗、可愛いが更に可愛くなります!!w(゚o゚)w ポートレートの修正だけなら、AdobeのPhotoShopなんてクソ高い製品を買うのは馬鹿馬鹿しくなる様な仕上がりの良さです。Adobeに対してはイロイロと言いたい事も有りますが、今回は「バカヤロー、潰れちまえ」程度で自粛しておきましょう。

まあ、この時代、無修正のままの写真なんて有り得ないのは解ってますが、まさかこれほどのモノとは思っていませんでした。

あ、愛娘の写真で試したのはココだけの秘密ですが、結果は大美人になりました(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

義家弘介参議院議員の講演を聞きに来た

ヤンキー先生こと、義家弘介参議院議員の講演を聞きに来たのは良いのだけど、完全に早すぎたでござる(ーー;)

そんな訳で、近くのコーヒーショップでBlogを書いてるでござるよ。

まぁ、早すぎるかなとは思ってたんですが、まさかこれほどとは…計画性もなにもあったもんじゃなしw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大御所キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

なんだかんだでダラダラ続いる当Blogではありますが、本日、初めてとある関係のお客様の来訪を確認しました(爆) 心から歓迎いたします〜 ってか、いままでお越しにならなかったのが不思議な位なんですが…まあ、ご覧の通り、内容が思いっきり偏ってますからなぁ(ーー;)


【追記】
「なかのひと」計測によると、今日で3回目の様ですね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル、大泉工場が開設30周年

私が生まれた頃は、大きな飛行場の跡だったんですよね。太田市内には4カ所の工場が有り、今度、BRZを生産する群馬製作所、その他のスバル車を製造する矢島工場、足回りの製造を行っている北工場、そしてこの大泉工場です。大泉工場はなかなか中を見る事ができないのですが、一度は覗いてみたいものです。
ちなみに我が家の彩雲号のEZ30Rは、大泉工場で生産されて、そのまま搭載されたエンジンではありません。ええ、ワケアリのエンジンなんです(笑)

-----転載開始-----
スバル、大泉工場が開設30周年

20120223 富士重工業(スバル)は23日、同社の群馬製作所大泉工場が開設30周年を迎えたと発表した。

 同工場は建物延面積17万9984m2、従業員数1533名で、1.6~3.6リッターのすべての水平対向エンジンと、小型車用リニアトロニック(CVT)、5速AT、4速ATなどのトランスミッションを生産している。

 同社は東京 三鷹の三鷹製作所で1958年からエンジンとトランスミッションを生産していたが、生産台数増加に対応するため1982年から大泉工場での生産を開始。1999年には全面的に大泉工場に移管された。2010年には第5工場を大泉工場内に新設し、新世代ボクサーエンジンを月に約4万台生産している。

プレスリリース:富士重工業 群馬製作所大泉工場 開設 30 周年を迎えて
http://www.fhi.co.jp/contents/pdf_78510.pdf
-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山口県光市母子殺害事件、大月(福田)孝行の養母

ウチのBlogでも過去に記事にした事がありますが、大月孝行死刑囚の人物像は解って無かったので、当時はあまり言及できませんでした。なるほど、コレを観ると実に「解り易い人物」で有った事が伺えますね。
この類いの凶悪事件の犯人の多くは...〆(゚▽゚*)
-----転載開始-----
45 :名無しさん@12周年:2012/02/21(火) 00:11:32.80 ID:R+qB/tm70
>>11
大月純子はこんな人らしいね。住所が同じ(新宿区西早稲田2-3-18)
怪しい団体一覧に所属してるらしいな。在日=朝鮮キリスト=女権=ブサヨ
実に分かりやすいwww

大月純子…日本基督教団牧師
・日本基督教団 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18
・日本キリスト教協議会 新宿区西早稲田2-3-18
・在日外国人の人権委員会 新宿区西早稲田2-3-18
・在日韓国基督総会全国青年協議会(全協)新宿区西早稲田2-3-18
・平和を実現するキリスト者ネット 新宿区西早稲田2-3-18
・キリスト者女性のネットワーク 新宿区西早稲田2-3-18
・女たちの戦争と平和資料館 新宿区西早稲田2-3-18
・戦時性暴力問題連絡協議会 新宿区西早稲田2-3-18
・キリスト教アジア資料センター 新宿区西早稲田2-3-18
・難民・移住労働者問題キリスト教連絡会<難キ連> 新宿区西早稲田2-3-18
・石原やめろネットワーク 新宿区西早稲田2-3-18
・歴史歪曲を許さない!アジア連帯緊急集会事務局 新宿区西早稲田2-3-18
・国際協力NGOセンター(JANIC) 新宿区西早稲田2-3-18
・日本キリスト教海外医療協力会(JOCS) 新宿区西早稲田2-3-18
・アジアキリスト教教育基金 新宿区西早稲田2-3-18
・財団法人日本クリスチャンアカデミー 新宿区西早稲田2-3-18
・在日韓国人問題研究所 新宿区西早稲田2-3-18
・在日本大韓基督教会 新宿区西早稲田2-3-18
・在日韓国基督総会全国青年協議会(全協)   新宿区西早稲田2-3-18
・外登法問題と取り組む全国キリスト教連     新宿区西早稲田2-3-18
・外国人学校・民族学校の制度的保障を実現するネットワーク(代表:田中 宏) 新宿区西早稲田2-3-18
・宗教法人日本バプテスト同盟             新宿区西早稲田2-3-18
・株式会社アバコクリエイティブスタジオ      新宿区西早稲田2-3-18
・移住労働者と連帯する全国ネットワーク     新宿区西早稲田2-3-18
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっち側とこっち側

やっぱり、あっち側にいかないとダメなんですな。こっち側ではどうにもならないと言う事の様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The history of SUBARU

駆け足ですが、良くまとまってるムービーです。
1:11辺りに出て来る石段は、太田市の私が卒業した小学校の裏手にある高山神社です(笑) レガシィ10万キロ速度記録の3号車(黄色)のドライバーに私の友人が居ました。240km/hでドライブしていて、眠気との戦いだったとの事でした。10万キロ速度記録にチャレンジしているレガシィRSのエクゾーストノートはいつ聴いても良いですねぇ〜。

【追記】
石段はココ♪
http://5.pro.tok2.com/~tetsuyosie/gunma/ootasi/takayama/IMG_9294.JPG
http://5.pro.tok2.com/~tetsuyosie/gunma/ootasi/takayama/takayama.html

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Mac OS X Mountain Lion

先週末に発表になったMac OS X Mountain Lion。リリースされたらアップグレードはする事になるんでしょうが、個人的には、新機能には殆ど新規性は感じられませんね。メッセンジャーやらTwitterやら、蛇足的な機能追加ばかりです。別にiPadやiPhoneのインターフェイスをMacに持ち込む必要性は無い様に思えるのは、私がiOSデバイスを一切使っていないからなのでしょうか?

Lionを導入した時から、Magic Trackpadを使ってますが、マウスでも良いじゃんと思ってますので。

Mac OS X Mountain Lion
http://www.apple.com/jp/macosx/mountain-lion/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

モーレツ宇宙海賊

現在、マイブーム(笑)
佐藤竜雄監督作品。「機動戦艦ナデシコ」「宇宙のステルヴィア」なんかも好きなんですが。
今期は日産自動車がロボデザインをしている「輪廻のラグランジェ」も総監督として参加されますが、ノリとしてはこっちの方が気に入っています。媒体買っちゃおうかしら(笑)

モーレツ宇宙海賊 第6話「茉莉香、初仕事する」



| | コメント (0) | トラックバック (0)

趣味の域は出ませんが…

ウチのBlogは、ホントにライターの趣味の域を出ていないヘッポコBlogなんですが、それでも日に1人か2人のお客様が、過去ログまで遡ってご覧頂いているログが残っております。

私自身、このBlogを始めた頃程の時間とエネルギーは掛けていられませんし、年月が過ぎて、歳を重ねた事でこんなアレなライターでも人間的に少しは丸くもなってますので(更にヘタれたとも言える)記事の内容も、やたらに攻撃的な内容より、楽しさを優先する様なモノを中心にお届けできたらなと考える様になりました。まあ、熱し易く冷め易い性格は昔ながらではありますが(笑)

で、Blogの記事の内容と来れば、寝ても覚めてもスバルの事とヲタクなネタ、そして少しアレな政治ネタばかりと(笑) あ、ヲタクの方は、世間体もありますので、まだ幾らかは隠しておりますが(笑) < それでコレかい?( ゚д゚)ポカーン

そんなこんなで、このBlogについていろいろと考えた挙げ句、一つの結論に達しました。まあ、大っぴらに書く程の事でもないので、気付いた人だけ「ああ、なるほどそんな風に逝っちゃった訳ねheart」と思って頂ければと思います(爆)

何人の読者様がついて来てくれるのかなぁ・・・(苦笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Subaru Off-Road

レオーネ・オフロード仕様のマッドボギン?! 根性で乗り越える感じですな。これは熱い!
良い子は真似したらダメです(笑) EA82(多分)の音が懐かしいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙戦艦ヤマト2199

いろいろ更新されてますな。

キャラクターがハイカラ(死語)になっててなかなか良さげな感じ。森雪のCVは法ちゃんですね。メカニックは安心のCG(爆)
http://yamato2199.net/

イメージボードの地球防衛軍の戦艦の船籍は「UN」にしないで欲しかったなぁ。オリジナルでは地球防衛軍日本艦隊なんですから。
同じくヤマトのバックショットにZ旗があるので、許してやるか(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちょっと違うんだよなぁ

レガシーじゃなくて、レガシィ。
ビビオじゃなくて、ヴィヴィオなんだよ。
車の名前を間違えちゃ、ちゃんとした情報に辿り着かないですよ♪

蛇足だけど、ボルボはぶつかる車じゃなくて、ぶつからない車ね(爆)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

はやぶさ 遥かなる帰還を観た

昨晩、レイトショーで観て来ました。 これではやぶさ関係の映画の視聴はフルコンプです(笑)

先行して上映された「はやぶさ/HAYABUSA」より、やはりタイトな映画に仕上がってました。CGのクオリティは「はやぶさ 遥かなる帰還」の方が良いですね。

「はやぶさ/HAYABUSA」は、このプロジェクトを知らない人が観ても楽しめるのですが、「はやぶさ 遥かなる帰還」は有る程度の予備知識が無いと十分に楽しめません。その分、人間ドラマとしての演出に重きが置かれていて、視聴後の気分は「はやぶさ/HAYABUSA」とはまたひと味違ったものになっています。そうですねぇ、好みの問題もありますが、私は渡辺謙が主演している分、「はやぶさ 遥かなる帰還」の方が好きですかね(笑)

映画「はやぶさ 遥かなる帰還」公式サイト
http://www.hayabusa2012.jp/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶつからない車、ボルボ S60「セーフティーパッケージ」25万円

えーと、私の目に狂いがなければ…(爆)

これが真実です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

sign

なんだか、懐かしい雰囲気のする曲です。これは「おねがいティーチャー」の雰囲気かなぁ。
ただ今、ヘビロテ中(笑)

iTMS
icon
icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル AWD 40周年

これを記事にすると歳がバレるのですが(笑)

私がスバル4WD(当時の呼称はAWDではない)を体験したのは、叔父が幼かった私をスキーに連れて行ってくれた時です。スバルが大好きだった叔父は「この車は4WDといってな、4本のタイヤで走るんだよ。だから雪道にもの凄く強いんだ」と話してくれて、チェーンをシャラシャラ言わせながら走っている車を横目に、4本スパイクで颯爽と走って、実力を正にこの目に焼き付かせてくれました。

この時の叔父の誇らしげな顔と、叔母が作ってくれたお弁当のおいしいお稲荷さんは、今でも鮮明に記憶しています。

-----転載開始-----
スバル AWD 40周年を迎えて

富士重工業がAWD(All-Wheel Drive)を初めて搭載した「スバル レオーネ エステートバン4WD」を、1972年9月に発売してから本年で40年を迎えます。この間、当社は乗用AWD車の先駆者としてクルマづくりを続け、AWD車の生産累計*1 は11,782,812台(2012年1月31日現在)となり、スバル車生産台数累計の55.7%を占めています。

*1:パートタイム四輪駆動方式の生産台数を含む

AWDはエンジンの力を四輪に分散することによって効率よく駆動力を路面に伝えます。さらに水平対向エンジンとの組み合わせであるシンメトリカルAWD(Symmetrical All-Wheel Drive)ではパワートレーン全体が左右対称に配置され、またトランスミッションが前輪よりも後ろに搭載されていることから、前後・左右共に理想的な重量バランスを実現しています。これらの特長により、様々に変化する路面状況や走行環境でも安定した駆動力を発揮し、安定した高速走行と俊敏なコーナリングを実現し、スバルの安全思想と走る愉しさを支える中核の技術となっています。

当社は40年を超える研究開発を通じて、AWDを非日常的な悪路走破を目的とした技術から、降雨、降雪や高速走行時などの日常域においても高い安定性を実現する技術へと進化させ、各車種の個性に応じたAWD方式を開発しています。さらに四輪を駆動する技術に留まらず、走る、曲がる、止まるというクルマの動きに対して、四輪全てをコントロールすることにより、常に四輪で路面を適確に捉えることをはじめとした、最適な走行状態を実現する技術へと発展させています。そして、この四輪コントロールの技術や知見は前輪駆動車や後輪駆動車の開発においても発揮され、スバルが提案する走る愉しさの世界を広げています。

富士重工業はこれからも、スバルのブランドステートメント“Confidence in Motion”を通じて表現する、クルマの「安心と愉しさ」を個性ある、独自の技術で実現していきます。

20120210

富士重工株式会社ニュースリリース
http://www.fhi.co.jp/news/12_01_03/12_02_10_2.html
-----転載終了-----


| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画を観て来ます

といっても、例によってまたレイトショーなんですが。

今回の鑑賞予定は「はやぶさ 遥かなる帰還」です。
ええ、もう乗りかかった船ですので、最後まで付き合いますよってな具合です♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバリストについて語る時が来た様だ

SNSでBRZのコミュニティを覗いていたら、何をどうはき違えたか解らない「自称スバリスト」が湧いて来て、自らの蘊蓄を垂れ流し、BRZというプロダクトをスバルの製品では無いと抜かしていました。それに付け加え、BRZを支持するファンはスバリストでは無いとまで豪語しておりまして、BRZに期待を寄せているファンに不快な思いをさせています。スバリストを自称する者として些かカチーンと来た訳であります。

確かにBRZは一部に、トヨタがスバルに無断でレガシィをベースに無理矢理FRの実験車を作って、スバルに持ち込んで企画をごり押ししたという噂もありますが、そんな事情もどこ吹く風で、きちんとスバル車らしいクオリティに仕上げて来たと(想像している)いうのが私のこのモデルに対しての結論です。スバルが最後の最後でドリフトばっちと来いの86に対し「トルク配分 0:100のAWD」として仕上げた(らしい)所に、スバルの意地が見え隠れしていると考えています、

しかしながら、このコミュニティに沸き出して来た自称スバリストはたちが悪い。まあ、小生から言ったら単なる頭でっかちのスバルマニアですわ。それでスバリストを自称するなんてもってのほか。臍で茶が沸きます。ここで、日本のBlogの中で有る特定の検索ワードに関して、おかしな実力を誇る当Blogでのスバリストについての定義って奴を書いておこうと思います。

まず、スバリストの基本的な定義はこうです。

「スバリスト」とは現在、東京農業大学名誉教授・後閑暢夫さんが1975年のカートピアNo.31号誌上の「スバルは紳士の乗り物」という投稿で名付けた言葉。「クルマに対する高い見識を持ち、紳士的な運転をするスバルユーザー」を指します。~「cartopia」2006年1月号より引用~絶望した! 誤ったスバリストの定義を振りかざす中津スバルに絶望した!!:お庭でいっぷく様より引用
(※リンク先は、古い友人であるぶらっと氏が、中津スバル 代表取締役社長 代田氏とスバリストについて熱く議論を交わしている記事になっています)

まずは「車」関して高い見識を持った「紳士・淑女」のスバルユーザーの事を「スバリスト」と呼ぶと言うのが基本です。逆を言えば、いくらスバル車を所有し、蘊蓄を知っていたとしても、紳士・淑女で無ければ「スバリスト」の称号は与えられないと解する事ができます。ここの所をはき違えているスバルユーザーが極めて多いですね。私の持論から言えば、スバリストはスバル車を通して「目指すもの」であると考えています。この志が有れば自称も可。ただし「紳士(淑女)で有れ」と言う極めて真摯な条件が付きますが。

さあ、いかに自らをスバリストで有ると自称する事に覚悟が必要か、そして誇り高く無ければいけないか、ましてや、スバリストの諸先輩方から「あなたはスバリストだ」と呼ばれる事が難しいかが解るかと思います。

一部でスバル車は、水平対向でなければ、AWDでなければ、ターボでなければ、なんていうスペックオタがおりますが、そんなものは単なるマニアでスバリストであるかどうかなどと議論する以前の問題です。

あなたは「本当にスバリストですか?」 今一度、自らの心に問いかけてみて下さい。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

Google AdSense

うちのBlogの契約形態じゃ記事からコードを通せないのか。やっと納得がいったでござるよ。ちとやり方を考えますかね。
【追記】
やっとやってみたいと思っていた広告が掲載できました。PCからだと少しうざいかもしれませんが、何卒ご容赦を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pink SUBARU DVD予約開始!

いや〜、こういう情報は友人のBlogには敵いませんなぁ(笑)

さあ、劇場に行った人も劇場に行けなかった人も、スバリスト諸兄は必携の一枚ですよ! お手軽価格なので、観賞用、保存用、布教用とサクッと揃えられます(爆)

【当Blogの関連記事】
Pink SUBARU
映画「Pink SUBARU」を観て来ました


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルーピー「外交」、アレ「新エネ」政策を担当

沖縄の基地問題をわやくちゃにしたルーピー鳩山氏と、福島原発事故を悪化させた張本人のアレを、それぞれ、外交と新エネルギーの政策を担当させるって、何の罰ゲームですか? 國民を馬鹿にするにも程が有りますぜ、ミンス党さんよ。

-----人災開始-----
鳩山氏「外交」、菅氏は「新エネ」担当
2012.2.8 11:09 [民主党]

 民主党は7日、計11人いる党最高顧問・副代表に特定分野の政策を担当させる方針を固めた。

 最高顧問の鳩山由紀夫元首相は外交、菅直人前首相は新エネルギー政策を担当し、幹事長室に提言する。輿石東幹事長が発案し、両氏も了承した。

 ただ、首相時代に鳩山氏は普天間飛行場移設問題で、菅氏は東京電力福島第1原子力発電所事故に絡むエネルギー問題で迷走した経緯があるだけに「ミスキャスト」との声も出そうだ。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120208/stt12020811090001-n1.htm
-----人災続く-----


| | コメント (0) | トラックバック (0)

SUBARU AWD vs その他AWD, 2011年度版

もういい加減、他のメーカーもなんとかなってると思ってたんですが、殆ど使い物になりませんなぁ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

スバル ボクサーディーゼルを2013年に国内リリース

常連さんからタレコミが有りました(笑)

BRZの騒ぎで、すっかり陰が薄くなってしまってますが、スバルがボクサーディーゼルを、2013年から国内投入すると言う公式発表が有りました。当Blogでも何度か取り上げていますが、欧州からの情報によると、従来のディーゼルエンジンの常識を覆す、素晴らしい仕上がりのエンジンという事ですので、益々楽しみになってきました。

-----転載開始-----
スバルのディーゼル ついに国内導入決定。BOXER DIESEL。
スバルはすでに、輸出仕様に設定されているディーゼルエンジンを2013年度中に国内にも導入する事を発表。

搭載予定車はインプレッサベースのクロスオーバーSUVのXV 国内でSUVという新ジャンルを開拓したフォレスター、北米で絶大な人気を誇るアウトバックの3種から順次搭載。

すでに欧州仕様車で好評を得ており、輸出仕様ではSUVだけでなくレガシィB4やツーリングワゴンにも設定されており、今回の国内発表での売れ行きによっては、B4やツーリングワゴンにも設定が出てくる可能性があります。

BOXER DIESELエンジンは構造上、バランサーシャフトが不要だったり、振動も他のエンジンより少なく抑えることが出来るメリットが多数あり、海外で好評な理由もその辺りにあるようです。

EE20ボクサーエンジンが発表になった時、国内では日産エクストレイルのクリーンディーゼルがラインナップに追加になり、その動向を見ていたのでは?という感じもしました。

今後はレガシィでハイブリッドも追加になる予定があり、スバルは、ハイブリッド・クリーンディーゼルの2本立てで国内の環境対応を進めて行くと思われます。

以前、メーカーに勤務する方から、国内仕様にディーゼル仕様だ出たら買いますか?の問いに、乗ってみないと分かりませんが、今のところNO!と答えた私。

理由を聞かれた時に、燃料の種類やイメージが問題なのではなく、ガソリンターボエンジンに乗っている状態からの買い替えで、どれだけディーゼルのスペックがガソリンに近い物になるかで、購入を決めますと答えた記憶があります。

このことからも、BOXER DIESEL搭載車はBRZに続き、試乗してみたいスバル車の一つです。

(井元 貴幸)
http://clicccar.com/2012/01/13/101414
-----転載終了-----


| | コメント (0) | トラックバック (0)

SUBARU 限定CM 遺伝子ショートフィルム篇

親父さんがBC5(初代レガシィ・セダン)を大切に乗ってる所がなんともイカしてます。




| | コメント (6) | トラックバック (0)

鳩山元首相が活動名を「友紀夫」に変更

この方、期待を裏切りませんなぁ(笑)
-----天災開始-----
鳩山元首相が活動名を「友紀夫」に変更

20120205_2

 鳩山由紀夫元首相は4日、自らの政治信条である「友愛」の一字を取って政治活動名を「鳩山友紀夫」に変更する考えを明らかにした。読み方は「ゆきお」で変わらない。北海道室蘭市の後援会会合で語った。

 変更の理由について記者団に「友愛精神が十分に伝わっていない」と説明。「東日本大震災で絆の大事さに気付いた。絆はまさに友愛だ。名前に『友』を入れて理解を深めたい」と述べた。戸籍名を変更するかどうかは、家庭裁判所と協議するという。

 鳩山氏は後援会会合で「日本を世界に尊厳をもって迎えられる国に育て上げたい気持ちで燃えている」と述べ、政治活動の継続に意欲を示した。
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/02/04/kiji/K20120204002571480.html
-----天災終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホンダ伊東社長、NSX 開発は「ホンダ元気の約束手形」

最近っていうか、御大が亡くなってから、完全に精彩を欠いていると言っても過言じゃまいか? 箱屋が3年ちょっとでNSXを復活させると言ってますが、私は3年では絶対に出てこないと断言します(笑) 根拠はないですけど。一般に時間が掛かればかかるほど、ハードルが高くなりますからね♪
-----転載開始-----
ホンダ伊東社長、NSX 開発は「ホンダ元気の約束手形」
ホンダの伊東孝紳社長は3日、東京の本社で報道陣に『NSXコンセプト』を国内で初公開し、この次期モデルの開発は「発売予定までの3年の間、ホンダが元気であるという約束手形を振り出すということです」と語った。

伊東社長は「最近、ホンダは元気がないと言われることが多い」とし、「そうではない、というアピールを、次期NSXに託した」と話した。そして、この開発を通じて「ホンダは元気を出すし、日本の自動車も盛り上げていきたい」と述べた。

伊東社長は、1990年発売の初代NSXでオールアルミのボディ開発を担当しただけに、思い入れも強い。

次期モデルをハイブリッドとすることについて「ハイブリッドはクルマの特性や面白さを大きく進化させることのできる技術要素」と指摘。NSXには「クルマを面白くさせる象徴としてのテーマも背負わせる」と、初代を担当した技術者ならではの視点も披歴した。

《レスポンス 池原照雄》
http://response.jp/article/2012/02/04/169518.html
-----転載終了-----


| | コメント (0) | トラックバック (0)

SUBARU BRZ STIは2.2リッターのNA

複数の筋からの情報。まだ企画の段階らしいですが、BRZのSTIモデルは2.2リッターのNAらしいです。STIの社長のポリシーで、BRZにはターボは載せないと明言されているとかいないとか(笑)
裏が取れていないので、言葉半分で。でもSTIならこういう決定をしそうですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとイロイロやってますが(笑)

Blogの画面、ちょっとイロイロやってて見づらくなってると思いますが、常連のお客様にはご了承を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【スバル BRZ 発表】吉永社長「台数にはこだわらない」

今度の社長は、物事が解っている様ですな。86というモデルでトヨタ乗りが「スバルのモノ作り」を体験できる事は実に良いチャンス。86から次に乗り換える時に、トヨタには「乗れる車」が無い事に気付く…っと、こんな事になるのではないかと(笑)
-----転載開始-----
【スバル BRZ 発表】吉永社長「台数にはこだわらない」
富士重工業の吉永泰之社長は3日発表した小型FRスポーツカー『BRZ』の販売計画を初年度「月間450台」としたことについて、「クルマを楽しんでいただくことが大切であり、(販売台数の多寡には)あまりこだわらない」と述べた。

吉永社長はBRZについて、「当社だけでは実現しなかったクルマ。トヨタさんとのアライアンスによって発売できるようになった」と、パートナーの協力に謝意を表明した。トヨタの販売計画が月間1000台と、富士重工を上回っているこに対しても「全然、気にしない」と笑った。

そのうえで「トヨタさんはスポーツカーに大きな広がりをもたせるよう(販売手法などで)取り組まれる。逆に私どものお客様は、よりマニアックなところに行かれるのだろう」と、“兄弟車”はさほど競合せず、それぞれの道を歩むとの見通しを示した。
http://response.jp/article/2012/02/04/169508.html
-----転載終了-----

| | コメント (8) | トラックバック (0)

トヨタのデザイン部長 古川高保氏、スバルのエンジニアを「外国人」呼ばわり

おい、スバルの優秀なエンジニアを捕まえて、「外国人」たぁどういう了見だ。そりゃ、お前ん所のコストしか考えない様に培養したエンジニアに比べりゃ外国人だろうよ。確かにトヨタは世界最大の自動車メーカーで、スバルは世界最小の自動車メーカーだが、こんな事を言われる筋合いはねぇぞ。この馬鹿野郎。
-----転載開始-----
【トヨタ 86 発表】日本のメーカーなのに言葉が違う!
トヨタが4月6日から販売を開始する小型FRスポーツ『86』。これは既報の通り、富士重工業(スバル)との共同開発である。

トヨタ自動車デザイン本部トヨタデザイン部グループ長の古川高保さんは、任命当初から製品企画本部製品企画の多田チーフエンジニア(86の開発指揮者)とともに、「パッケージから富士重工とはガンガンお互いにやり取りをしながら作り上げました。本当に面白かったですよ」と語る。

その面白かった例として、同じ日本の自動車メーカーなのに言葉が違うことを挙げる。「使っている言葉が、話しているとどうも合わないのです。図面のデータの基準が違うのはわかりますし実際に違っていました。しかし言葉が違うのです。そこで、お互いに使っている言葉で部品名を挙げて、比較して初めて、あ、それはこの部品だったんだと」。

古川さんは、「まるで外国人とやっているようなものでしたけど、面白かったですよ。当然文化が違うので、クルマ作りの話などをたくさんしました。ただ、良いクルマを作ろうという志はもちろん一緒でしたから、力を合わせられたのです」と本当に楽しそうに語った。
http://response.jp/article/2012/02/03/169447.html
-----転載終了-----


| | コメント (2) | トラックバック (0)

車高落としてヒャッハ〜

ハチロクにしても、BRZにしてもそうなんですが、やっぱりタイトルのようなDQNが出てきましたよ。まあ全ては自己責任でやってくれれば良いんですが、段差の有る踏切や、マンホールで蛇行されるようでは迷惑です。

アフターマーケットの盛り上がりは良いことですが、大人の節度を守った上での楽しみかたをして頂けたらと思います。

と、SNSの中でのあるDQNの発言を読んで思ったのでありました。スバルを選ぶなら余計にね♪




【追記】
BRZの最低地上高はカタログ値で130mm。保安基準では非乗車で全面90mm。算数に弱い私の計算が間違えてなければ、40mmが車高を落とす限界値となります。ご参考まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

罵倒合戦

以前、日記にした文句たれの新人。課長に「お前は、才能無し」とバッサリ斬られた様だ。それを自分を取り巻くネットワークに垂れ流して、ちょっとややこしい状況になってる様子。

まあ、小生に言わせれば、これは課長も言い過ぎ。これじゃ、小生が蹴っ飛ばした関係で、指揮系統を変えて文句たれの新人を抱え込む結果となってしまった先輩の仕事がやり難いだろうに。

でも、一つだけ確実に言える事は、この新人、性格が最悪ってこと。だから、こんな面倒な事をしないで、とっとと追い出しちまえば良かったんだよ。そう言う事が合法的にできる雇用形態なんだからさ。

部長も課長もアホだ~ヽ(´ー`)ノ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »