« BP/BLレガシィ、前期型のドアミラーは | トップページ | docomo F-04B、マンセ〜 »

探査機「はやぶさ」ギネス認定で記念式典

…という訳で、本プロジェクトの真の価値を理解していないのは、アホの民主党政権だけってな訳ですが。
-----転載開始-----
探査機「はやぶさ」ギネス認定で記念式典
 宇宙を60億キロ・メートル旅して小惑星から試料を持ち帰った探査機「はやぶさ」の活躍がギネスブックに載ったのを記念する式典が17日、京都市の国立京都国際会館であった。

 中川文部科学相やギネス側代表が出席し、偉業が改めてたたえられた。

 式典では中川文科相が探査を指揮した宇宙航空研究開発機構の川口淳一郎教授に、はやぶさが載ったギネスブックのページを納めた額を贈った。川口教授は「日本の宇宙開発50年の歴史が生んだオンリーワンを評価してもらった。若い人が将来、新しいことを始めるきっかけになれば」と話していた。

 はやぶさは2003年5月、宇宙機構が打ち上げた。小惑星「イトカワ」に着陸して微粒子を採取、エンジン故障や通信途絶などのトラブルに見舞われながらも昨年6月13日に帰還。今年5月、ギネス世界記録に認定された。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111217-OYT1T00717.htm
-----転載終了-----


|

« BP/BLレガシィ、前期型のドアミラーは | トップページ | docomo F-04B、マンセ〜 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/53507138

この記事へのトラックバック一覧です: 探査機「はやぶさ」ギネス認定で記念式典:

» 大学時代の後輩:大阪市は関西弁電話編と大阪情報を聞く [脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・]
 「はやぶさ」が回収した微粒子の配布について説明する川口淳一郎宇宙航空研究開発機構教授(左)ら。北海道大や岡山大、九州大など全国の研究者に一部を配布。初期分析を始めると発表したらしいが、昨夜は「...... [続きを読む]

受信: 2011/12/17 22:44

« BP/BLレガシィ、前期型のドアミラーは | トップページ | docomo F-04B、マンセ〜 »