« docomo F-04B、マンセ〜 | トップページ | 【本】Racing on スバルの心髄 »

速報 北朝鮮暗殺チームによる「在日狩り」が始まる 最高機密を漏らしたため

北朝鮮情勢ヲチャーのこなさま、みんにちは。でいによって、れもとが某巨大板なので、きロスがワほんです。やれ? あふぅ?(爆)
-----転載開始-----
速報 北朝鮮暗殺チームによる「在日狩り」が始まる 最高機密を漏らしたため1:名無しさん@涙目です。(北海道神宮):2011/12/24(土) 11:09:52.25 ID:qqrBGShH0●

金正恩氏 母は在日、最高機密に 口外厳罰、周知の総連危険視


北朝鮮の金正日総書記死去を受け、朝鮮労働党中枢が新指導者の正恩(ジョンウン)氏の母、
故高英姫(コヨンヒ)氏が元在日朝鮮人である出自は正恩氏神格化の妨げになると判断、「最高機密」に指定し、 口外すれば厳罰に処す方針を固めたとの内部情報が23日、判明した。党中枢は事実を知る
在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の存在を危険視し始め、関係見直しも検討。北朝鮮の支配の下、 重要な資金源ともなってきた朝鮮総連の位置付けが大きく揺らぐことになる。

内部情報は、北朝鮮の民主化に取り組むNPO「救え!北朝鮮の民衆/緊急行動ネットワーク」(RENK)が 党中枢部から入手した。党中枢が金総書記死去後、正恩新体制出帆に向けて正恩氏をどう奉っていくか を協議する中で、方針が打ち出されたという。

高氏は大阪生まれの元在日朝鮮人で、10代前半の1960年代初頭、一家で北朝鮮に渡り、金総書記との 間に三男の正恩氏のほか、次男の正哲(ジョンチョル)氏をもうけ、2004年に死去。北朝鮮国内では 一時神格化する動きもあったが、出自については触れられてこなかった。

ただ、北朝鮮国内の在日出身者の間では公然の秘密で、口外した在日出身者が厳罰の対象となる 可能性が高い。処罰内容は示されていないが、政治犯収容所送りになるとみられる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111224-00000065-san-int

12:名無しさん@涙目です。(東本願寺):2011/12/24(土) 11:12:55.71 ID:BYuApftK0

>高氏は大阪生まれの元在日朝鮮人で、

北朝鮮のトップの親が大阪出身ってマジかよ!!1
これテレビで放送できないだろ…

108:名無しさん@涙目です。(住吉大社):2011/12/24(土) 11:21:57.64 ID:sAuedCft0

>>12
◆2009/04/10(金) 何でも知っている 和田アキ子.
http://grnba.secret.jp/iiyama/proyan.html#ws0410

「北朝鮮と日本は,“世襲国家" という意味では ソックリ だ!」
と,ヤン教授は,ギクリ! とすることを言う.
…だから,飯山さん,北朝鮮も,金正日の息子達が “跡継ぎ” になる.
ただし,困ったことに金正日の息子達は,全員,大変な “親日派” (チニルバ) なのだ.
なにしろ,彼らのお母さん(オモニ)は,大阪育ちの裕福な在日だったのだから.オモニの名前は,高英姫(コヨンヒ).
あ,高英姫は,和田アキ子の幼なじみというか,和田アキ子には随分と可愛がられたらしい.
当時の和田アキ子は,金海福子という名前で,実家は,大阪・鶴橋の 『金海道場』 という格闘技の修行道場だった.
この 『金海道場』 で,高英姫の父親,大同山又道というプロレスラーが修行していた.
大同山は,近所の 『金海道場』 に練習に行くとき,娘の高英姫をよく連れていった.
父親が練習している間,高英姫は,和田アキ子に遊んでもらっていた.
この少女時代の甘く楽しい想い出を胸に,高英姫は父親とともに北朝鮮に渡る….
このとき,高英姫は9才,和田アキ子は12才になっていた.

http://news.2chblog.jp/archives/51663143.html
-----転載終了-----


|

« docomo F-04B、マンセ〜 | トップページ | 【本】Racing on スバルの心髄 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/53557627

この記事へのトラックバック一覧です: 速報 北朝鮮暗殺チームによる「在日狩り」が始まる 最高機密を漏らしたため:

« docomo F-04B、マンセ〜 | トップページ | 【本】Racing on スバルの心髄 »