« 長く生きてると・・ | トップページ | ふーん、言論封鎖ビジネスか »

スバル WRX 次期型、1.6リットルターボでラリー復帰か

ほう、これは実に興味深い。取り敢えずクリップと。エンジンはEL15の改良型かな?

【追記】
直噴ターボを言う話も有る様ですね。

【追記2】
コスワースが一枚噛んでると言う噂も・・・。
http://as-web.jp/rallyplus/news/info.php?no=24112

-----転載開始-----
スバル WRX 次期型、1.6リットルターボでラリー復帰か
2011年7月15日(金) 20時45分

スバルが現在開発中の次期『インプレッサWRX』。同車について、興味深い情報がもたらされた。

これは14日、米国の自動車メディア、『モータートレンド』が報じたもの。同メディアによると、次期型は『インプレッサ』から独立した車種の『WRX』となり、ボディサイズを大幅に小型化。その心臓部には、現行の2.0または2.5リットルに対して、排気量を縮小した1.6リットルターボエンジンが搭載されるという。

この1.6リットル水平対向4気筒ターボは、最大出力がノーマルのWRXで270ps、高性能版の「STI」で300psを獲得。1.6リットルという排気量からは、スバルがWRC(世界ラリー選手権)への復帰を想定している可能性もありそうだ。

6月24日に開催された富士重工の株主総会において、同社の森郁夫社長(同じ株主総会で会長に就任)は、「2014年に新型スポーツカーを発売する」と宣言したと伝えられており、これが次期WRXを指すものと見られている。
http://response.jp/article/2011/07/15/159525.html
-----転載終了-----


|

« 長く生きてると・・ | トップページ | ふーん、言論封鎖ビジネスか »

」カテゴリの記事

コメント

半デジタル半アナログな私は、いろんな雑誌でも情報を目にしますが、次期WRXは3ドアハッチバックと言う噂もあるそうですが・・・

1.6Lターボは雑誌にも載っていましたね。
是非、WRC復帰を節に願っています。

世界のモータースポーツで元気なスバルを見る事は痛快でたまりせんなぁ!

投稿: chiharu_legacy | 2011/07/18 07:19

chiharu_legacyさん
WRXがインプレッサから独立って話は、既にスタートしている様ですから、専用ボディという線も十分に有り得ますね。FT-86のスバル版はAWDと言われているのは、実はこっちが本命なんじゃないか?とも考えています。

再びWRCに返り咲くことが出来たらどんなに嬉しい事でしょう。まだまだワロスの域を出ていませんので、今後の情報に期待ですね。

投稿: Algernon | 2011/07/18 09:47

こんにちは。
3ドアハッチバックに2000cc未満のエンジンというと、レオーネRX-2が連想されます。
が、しかしこのスタイルは…
デザインはまぁいいとして、ここまで実用性(荷物も人も乗らない)と言うのは、個人的にはスバルらしくないなぁ、と思います。

少し前のカートップに、次期インプレッサでSTIを仕立てた場合のイメージイラストがありましたが、あっちの方がかっこいいしスバル臭くて良いなぁ、と思ってしまいました。

投稿: route09 | 2011/07/20 18:37

route09さん
古い友人のBlogでは、このスポーツモデルと思われる車は、次期ジャスティではないかとの読みも有ります。

http://flat-brat.cocolog-nifty.com/garden/2011/07/post-4f00.html

世界的なトレンドとしても、また、スバルにとってみても、コンパクトカーと言う市場は、軽四撤退で空いた穴を埋める意味でも意義の有る事と思います。

まあ、何にしても2014年、どんなモデルとして発売されるのか、wktkは止まりませんね(笑)

投稿: Algernon | 2011/07/20 19:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/52227900

この記事へのトラックバック一覧です: スバル WRX 次期型、1.6リットルターボでラリー復帰か:

« 長く生きてると・・ | トップページ | ふーん、言論封鎖ビジネスか »