« 【上海モーターショー11】スバル XVコンセプト 初公開 | トップページ | 【アメリカ版FT-86】SCION FR-S »

2011/04/22

ニューヨークモーターショー2011 四代目インプレッサ

全体的な印象としては、4代目のレガシィの雰囲気を踏襲してますね。インプレッサのスタイリングとしては、久々にキレのあるデザインでは無いでしょうか? このモデルがベースとなるなら、予定されてると思われるWRX-STiもかなり熱いスタイリングになるのではないかと思います。

http://www.autoblog.com/2011/04/20/2012-subaru-impreza-new-york-2011/

常連さんが、今回の四代目のインプレッサのジオメトリに関して纏めて下さいましたので、合わせてご紹介させて頂きます。

ライブ中継の録画版
http://www.subaru.com/auto-show/index.html

まとめ
http://ameblo.jp/route09/entry-10868595035.html


« 【上海モーターショー11】スバル XVコンセプト 初公開 | トップページ | 【アメリカ版FT-86】SCION FR-S »

コメント

写真で見る限り、Aピラーが寝かされて根本が前にせり出しているのが気になります。
まとめられている方によれば細くなって視界は向上したとのことですが、他社のように前方の視野が狭まっているなら、もうスバルの車には乗れないかも。(^^;)

ぶらっとさん
このスタイリングが吉と出ているのかそうじゃないのか・・・。
ある時点までのスバル車は、スタイリングと実用性が上手くバランスされていたと思っていますが、5代目のレガシィの様にスタイリングが犠牲になっていたら、それはそれで所有する喜びはスポイルされてしまいますし、どのレベルでバランスされているのかは、試乗してみないと判断付きかねますね・・・。

正常進化の様に思えます。
如何にもスバルと言うデザインですし、インパネのデザインも現行モデルより好きです。

だけど5代目レガシィはそんなにスタイリング悪いですか?
このスタイリングに惚れて今まで二十数年来トヨタ車に乗っていた私がレガシィを購入したのに、そんな風に言われると救われないですよねぇ。f(^^;

chiharu_legacyさん
4代目インプレッサは良くも悪くも正常進化でしょうか。2代目、3代目とかなりイロイロと迷走を続けてましたので、やっと落ち着いたかなと思っています。

レガシィのスタイリングに関する評判は、新しいモデルが出る度にスバリストの間でも賛否がまっ二つに割れています。私は5代目に関しては、コンセプトモデルの時から「否」の立場を取ってる者でして・・・(^^;) 実際に乗ってみると、居住性や実用性では文句の付けどころは無いのですけどね。
スバルは長年乗り続けているメーカーで有るが故に、どうしても厳しい見方をしてしまいますので、ご了承、並びにお詫び申し上げます。

インプレッサについてまとめた者です^^;
記事にまでしていただいて、恐縮です。
もっとまともな日本語にしておくのだった・・・^^;

実際出てみないと何とも言えませんが、
Aピラーを寝かした分、ダッシュボードが長くなった、と言うわけではなさそう(動画内の写真より)なので、杞憂に終わってくれることに期待したいと思います。

Route09さん
纏めて頂きまして有り難うございました。ライターがこの通り、いい加減な性格なので助かりました(笑)

まあ、実際に見てみない事にはなんとも言えませんね。視界が悪化したので三角窓を付けました的なモデルで、その三角窓が機能してないモノも意外と有りますので(^^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨークモーターショー2011 四代目インプレッサ:

« 【上海モーターショー11】スバル XVコンセプト 初公開 | トップページ | 【アメリカ版FT-86】SCION FR-S »

2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31