« 通勤不能者 | トップページ | 地震発生後の菅政権の裏側 »

放射線の被ばく量の目安

巡回先から、個人的なメモとして。

福島県の原子力発電所の事故に関しては、様々な情報が流れてますので、何が本当なのか注意する必要があります。

-----転載開始-----
700万マイクロシーベルト 全身被曝(確実に死亡)
300万マイクロシーベルト 全身被曝(半数が死亡)
100万マイクロシーベルト 全身被曝(10%の人が悪心嘔吐)
50万マイクロシーベルト 全身被曝(抹消血中のリンパ球減少)
10万~40万マイクロシーベルト ・・・ 広島原爆の爆心地から約1200m前後
40万マイクロシーベルト(400ミリ!!)福島第一原発事故での1時間当たり最大値★
10万~40万マイクロシーベルト ・・・ 広島原爆の爆心地から約1200m前後

20万マイクロシーベルト 全身被曝(これ以下では臨床なし)
6900マイクロシーベルト 胸部CTスキャン1回
2400マイクロシーベルト 世界平均の一人当たり年間自然放射線量
1000マイクロシーベルト 日本の一般公衆(医療以外)の年間限度★
600マイクロシーベルト 胃のレントゲン1回
190マイクロシーベルト 旅客機による東京~NY往復1回
50マイクロシーベルト 胸部レントゲン1回
5マイクロシーベルト 原発異常事態の1時間当たり基準(10条通報基準・屋内退避基準)★
0.05マイクロシーベルト 原発通常時の周辺地域の1時間当たり線量

(約1000マイクロ=1ミリ)
http://getnews.jp/archives/103732
-----転載終了-----

|

« 通勤不能者 | トップページ | 地震発生後の菅政権の裏側 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/51128701

この記事へのトラックバック一覧です: 放射線の被ばく量の目安:

« 通勤不能者 | トップページ | 地震発生後の菅政権の裏側 »