« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

富士重、軽乗用車に幕 「スバル360」から生産53年

既に決っていることとは言っても寂しいものですね。さあ、この撤退が吉と出るか凶と出るか。私はこの事で、スバルは得るものより失うもののほうが多いような気がします。一つの節目なので記事をクリップと。
-----転載開始-----
富士重、軽乗用車に幕 「スバル360」から生産53年

 富士重工業は4月中に「ステラ」の生産を終了し、軽乗用車生産から撤退する。1958年に軽乗用車「スバル360」で自動車事業に参入し、前身の中島飛行機時代からの技術力に支えられた軽量ボディーなどで軽乗用車業界をリードしたが、今後はダイハツ工業からの相手先ブランドによる生産(OEM)車の販売のみとする。軽の商用車「サンバー」の生産は当面続けるが、53年間の軽乗用車生産の歴史に幕を閉じる。
 スバル360は飛行機技術を応用した車体とフレームが一体化した軽量構造が特徴。58年の発売後も、乗り心地を重視した「四輪独立懸架サスペンション」や静かで力強い「四気筒エンジン」の採用など、高度な技術にこだわったクルマづくりを続けてきた。
 しかし、トヨタ自動車との提携により、2008年4月に軽自動車はダイハツからOEM供給を受け、「レガシィ」などの主力乗用車に経営資源を集中することを決定。最後の自社生産軽乗用車であるステラ(06年発売)の生産打ち切り後は、群馬製作所本工場(群馬県太田市)の軽自動車用ラインを、トヨタと共同開発しているスポーツカーなど普通乗用車を生産するラインに改修する。
 商用車「サンバー」も時期は決まっていないが、生産を中止する。
http://www.chunichi.co.jp/article/car/news/CK2011022602000170.html
-----転載終了-----

続きを読む "富士重、軽乗用車に幕 「スバル360」から生産53年"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

永田町高校の卒業式

そう言えば、卒業式シーズンですね。
季節ネタということで、早期解散を祈念してww
-----転載開始-----
76 :本当にあった怖い名無し :2011/02/23(水) 00:53:57.87 ID:ljKOCEvg0 (2 回発言)

永田町高校の卒業式。

おざわ 楽しかった中国旅行
民主全 中国旅行
蓮 舫 思い出に残った事業仕分け
民主全 事業仕分け

鳩 山 嘘をついた沖縄訪問
菅 毎日が食べ歩きでした

岡 田 マニフェストは実行できなかったけど
前ナントカ 全部 自民党の負の遺産です

藤 井 途中でくじけそうになったけど
与謝野 増税はやり遂げたいと思います

民主男 ぼくたち
民主女 わたしたちは
民主全 何もせずに一年半を過ごしてきました

仙 谷 中国の皆様
枝 野 中核の皆様
輿 石 教師の皆様

民主男 ぼくたち
民主女 わたしたちは
民主全 皆様のご声援で支えられてきました
今まで ありがとうございました

司 会 卒業生代表 菅直人

菅 解散!
-----転載終了-----

この場合「万歳三唱」ではなく、「マンセー!!!」がお作法ですね(笑)

続きを読む "永田町高校の卒業式"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pink SUBARU

古い友人のBlogから。
映画「Pink SUBARU」のツイッターのアカウントをフォローしていて、最初に観た予告編の字幕が「レガシー」だったので「レガシィ」の間違えだと指摘したら、「公開までに直します(キリッ」とリプライをいだだきました。他にも同じ様に突っ込んだスバリストも居たのでしょう。ホントに直してくれたんですねぇ(T^T) < 感動したらし

これは是非、見に出かけないといけませんな(笑)

映画「Pink SUBARU」の公式サイトはこちらから。

続きを読む "Pink SUBARU"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SUBARU BOXER Sports Car Architecture

うーん、ジュネーブモーターショーで、FT-86に関する技術展示をするってことは聞いていましたが、「Sports Car Architecture」って言うのは、スバルのブランド的に如何なものかと。スバルの基幹技術の一つである「AWD」を欠いたこのシステムで「スポーツカー」ってのは、あまりに考えが浅はか過ぎな印象を受けます。スバリストを自称する者の視点から言わせて頂ければ「はぁ? 何を言ってるんだ?」って感じです。

http://www.subaru-global.com/boxersports.html

・・・っと憶測でトピックを書いちゃったけど、蓋を開けてみたらな〜んだ・・・って事にはなってないだろうなぁ(ーー;)

富士重工業 ジュネーブモーターショーの専用サイトを開設
~技術コンセプト BOXER Sports Car Architecture のティザー画像を公開 ~
http://www.fhi.co.jp/news/11_01_03/11_02_22.html

続きを読む "SUBARU BOXER Sports Car Architecture"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

民主政党まさか☆マジカ

巡回先から。あんまりよく出来ているのでww
カンチョクト総理は、ポッポ前総理を黙らせた方がいいんじゃまいか?

うん、このネタは解る人しか解らないですなww < 妙な難易度のネタを投下するなよ(^^;)

-----転載開始-----
菅首相を「軽率」と批判 香港TVで鳩山氏

 香港のフェニックステレビは18日までに、鳩山由紀夫前首相のインタビューを放映した。鳩山氏はロシアのメドベージェフ大統領の国後島訪問を「許し難い暴挙」とした菅直人首相の発言を「軽率」と批判するなど、菅首相への厳しい姿勢をあらわにした。

 鳩山氏はまた、菅首相に交代してから東アジア共同体をめぐる議論が停滞しているとの記者の指摘に「非常に寂しい」と述べた。(途中略)
##ココまで引用##
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110219/chn11021900590000-n1.htm
(産経ニュース)

16 名前: ピンキーモンキー(東京都)[] 投稿日:2011/02/19(土) 22:51:42.49 ID:xu1AWli1P
民主政党まさか☆マジカ

20110121

1話「マニフェストであった、ような・・・」
2話「子供手当はとっても嬉しいなって」
3話「もう何も恐くない」
4話「埋蔵金も、増税も、あるんだよ」
5話「審議拒否なんて、あるわけない」
6話「こんなの絶対おかしいよ」
7話「本当の現実と向き合えますか?」
8話「国民って、ほんとバカ」
-----転載終了-----

以下は、魔法少女物とはとても思えない驚愕の展開のアニメ、「魔法少女まどか☆マギカ」w

続きを読む "民主政党まさか☆マジカ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦前・戦中・戦後の選挙スローガン、そして・・・

巡回先から。
そう言えば、ウチの選挙区にもポスターに「民主党」と書かれていない候補者が居ます(笑)

-----転載開始-----
【戦前・戦中・戦後の選挙スローガン】
●選ぶ人正しければ 選ばれる人正し(昭和二年)
●投票の一瞬は 国家の百年(昭和二年)
●国政は船のごとく 一票は櫂(かい)のごとし(昭和二年)
●善政も悪政も 一票から(昭和二年)
●裏も表も 明るい人を(昭和三年)
●軽く選ぶと 重い荷を負う(昭和三年)
●投票は 主義と主張を 聞いてから(昭和三年)
●投票買いの 良心売り(昭和三年)
●嫁と議員は 調べた上で(昭和五年)
●政治は 国民の色に染まる(昭和五年)
●政治の明暗 この一票(昭和十年)
●金で選ぶな 心で選べ(昭和十年)
●売るな魂 捨てるな一票(昭和十一年)
●義理は禁物 人物本位(昭和十四年)
●人をよく見て よく選べ(昭和十六年)
●国思う一票 国思う人に(昭和十七年)
●世界が見ている この選挙(昭和十七年)

↓ ↓ ↓70年後↓ ↓ ↓

◎ちょっとまて その無所属は 民主かも(平成23年)

-----転載終了-----

続きを読む "戦前・戦中・戦後の選挙スローガン、そして・・・"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

党首討論の時の管総理のカンペ

巡回先から。
管総理は、先の自民党谷垣総裁との党首討論で、真面目に討論をするつもりは無かったようですね。まあ、どっちが優勢だったかは先日のエントリの映像で明らかです。

-----転載開始-----
20110214
【菅ペの内容】
×アンサー・タイム
○クエスチョン・タイム!

×詰問・追及・攻撃 (手書 ×対決・ケンカ)
○真摯に議論したい姿勢でお尋ね

×感情(怒り・苛立ち)を表に
○感情(本当に進めようよ!)を表に

×無難に乗り切る時間にしよう
○国民に示す時間にしよう

×政策の比べあい
○リーダーの器の比べあい
(どちらが国を託すにふさわしいか)

国民に見せたいイメージ
★「大局を見つめる菅」 vs 「政局しか見ない谷垣」
★「真剣に議論を呼びかける菅」 vs 「拒む谷垣」
★「国を考えてる民主」 vs 「党を考えてる自民」
★「菅の質問に答えず、言いたい事を言(以下不明)
-----転載終了-----

続きを読む "党首討論の時の管総理のカンペ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衆院選公約「言い過ぎた」=仙谷氏

まあ、はなっから期待などしてませんでしたし、嘘八百を並べ立ててるのは見え見えでしたが、コレに騙された國民も居るのは事実。極めて腹立たしいことです。

-----転載開始-----
衆院選公約「言い過ぎた」=仙谷氏
 民主党の仙谷由人代表代行は13日午後、徳島市内で講演し、2009年衆院選のマニフェスト(政権公約)について「少々、約束に言い過ぎの部分があったかもしれない」と述べ、財源捻出面などでの判断の甘さを認めた。 
 また、仙谷氏は「日本の置かれた状況を考えると、単にマニフェスト違反だから(衆院を)解散せよ、それまでは協議にも応じないということで間に合う時代なのか」と述べ、社会保障と税の一体改革の協議を拒否する野党をけん制した。(2011/02/13-18:03: 時事通信社)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011021300112
-----転載終了-----

続きを読む "衆院選公約「言い過ぎた」=仙谷氏"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成23年2月9日 【党首討論】谷垣禎一 vs 管直人

さあ、どちらが正論を言っているのか見比べてみましょう。

以下、管総理の言い訳です。情けない。
-----転載開始-----
党首討論の先を見すえて

昨日、総理になって初めての党首討論に臨んだ。

社会保障と税の一体改革は、本当に国を挙げて知恵を結集し、取り組まなければならない瀬戸際まで来ている。政局より大局だ。だからこそ私は、党派を超えて与謝野さんをも迎え、担当大臣に就くことをお願いした。

「案も示さず協議に乗れるか」と言っていた谷垣さんは、昨日私が「4月に方向性を示し、6月に提案を出す」と何度表明しても、やはり「議論に乗ってくれるか」という私の問いかけには応じなかった。

本格審議を急がねばならないという私の思いに対し、解散総選挙が先だと繰り返す谷垣さんは、「急がば回れ」という表現をした。しかし、解散こそ「急ぐ」べきでなく、じっくり国会で改革の形を練り上げてから実行前に国民の判断を仰ぐのが順序ではないのか。

次は入口から中身に入れるように、党首討論はまた開き、広く議論を進めていきたい。その点では、国民の皆さんも、各党首も、思いは一致していると思う
http://kanfullblog.kantei.go.jp/2011/02/20110210.html
-----転載終了-----

続きを読む "平成23年2月9日 【党首討論】谷垣禎一 vs 管直人"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

第4世代インプレッサ

イラストレータのJONSIBAL様による、Los Angeles Auto Show 2010で公開されたSUBARU IMPREZA CONCEPTをベースにしたWRXです。IMPREZA CONCEPTは、次期インプレッサのコンセプトモデルではないと言う話も有りますが、このご時世、コレくらいトンガっててもいいかも。面白いです。

Subaru_impreza_wrx_sti_concept_by_j


続きを読む "第4世代インプレッサ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放課後のプレアデス

うーん、まあなんだ、アレだ・・・・くぁwせdrftgyふじこl < ツッコミどころが多すぎて、激しく混乱しているらし...orz

・・・いろんな意味で、察してくださいな(苦)

続きを読む "放課後のプレアデス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »