« 第4世代インプレッサ | トップページ | 衆院選公約「言い過ぎた」=仙谷氏 »

平成23年2月9日 【党首討論】谷垣禎一 vs 管直人

さあ、どちらが正論を言っているのか見比べてみましょう。

以下、管総理の言い訳です。情けない。
-----転載開始-----
党首討論の先を見すえて

昨日、総理になって初めての党首討論に臨んだ。

社会保障と税の一体改革は、本当に国を挙げて知恵を結集し、取り組まなければならない瀬戸際まで来ている。政局より大局だ。だからこそ私は、党派を超えて与謝野さんをも迎え、担当大臣に就くことをお願いした。

「案も示さず協議に乗れるか」と言っていた谷垣さんは、昨日私が「4月に方向性を示し、6月に提案を出す」と何度表明しても、やはり「議論に乗ってくれるか」という私の問いかけには応じなかった。

本格審議を急がねばならないという私の思いに対し、解散総選挙が先だと繰り返す谷垣さんは、「急がば回れ」という表現をした。しかし、解散こそ「急ぐ」べきでなく、じっくり国会で改革の形を練り上げてから実行前に国民の判断を仰ぐのが順序ではないのか。

次は入口から中身に入れるように、党首討論はまた開き、広く議論を進めていきたい。その点では、国民の皆さんも、各党首も、思いは一致していると思う
http://kanfullblog.kantei.go.jp/2011/02/20110210.html
-----転載終了-----


|

« 第4世代インプレッサ | トップページ | 衆院選公約「言い過ぎた」=仙谷氏 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

6:30あたりのコメント、Can not=カンナオト
というのは上手いですね。(Can not と2単語で書くのは文法的に正しくないという話はさておいて。)

それにしても、麻生総理(当時)とポッポの討論(?)よりはまともに見えてしまう、と言うのが非常に情けない限りであります。

投稿: Route09 | 2011/02/12 02:35

Route09さん
菅総理は谷垣総裁の質問に対し、同じ様な曖昧な答えをグルグルしているだけというのは、 本当に情けないです。でBlogでコレですからね(ーー;)
どちらにきちんとした政権担当能力があり、どちらが総理の資質があるのか、この党首討論を見る限り、明々白々です。

投稿: Algernon | 2011/02/12 07:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/50840451

この記事へのトラックバック一覧です: 平成23年2月9日 【党首討論】谷垣禎一 vs 管直人:

» 党首討論 議席 [アンティーク☆彡]
政権初の党首討論 批判の応酬、政策論争素通り 201129 菅政権発足後、初めて開かれた9日の党首討論。菅直人首相が社会保障・税一体改革で与野党協議に応じな ... [続きを読む]

受信: 2011/02/12 23:01

« 第4世代インプレッサ | トップページ | 衆院選公約「言い過ぎた」=仙谷氏 »