« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

政権交代詐欺の共犯者を暴いてみた

民主党を支持している方も、そうじゃない方もこの映像をご覧下さい。「マスメディアの異常さ」が良く解ります。

続きを読む "政権交代詐欺の共犯者を暴いてみた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹島は日本固有の領土です

今日は「竹島の日」です。

----転載開始-----
竹島式典に石原伸晃氏ら出席へ 自民、政権との違い強調

 竹島(韓国名・独島)の領有権確立に向け島根県が2月22日を「竹島の日」と条例で定めたことを記念して開く式典に、自民党の石原伸晃組織運動本部長が出席することが8日、党島根県連などへの取材で分かった。

 式典は5回目だが、自民党執行部の党代表としての参加は、政権与党時代にはなかった。県連幹部は理由を「民主党の竹島問題への姿勢は不明確で、主張の違いを明確にしたい」と説明するが、政治資金問題に悩む鳩山政権を揺さぶる狙いもありそうだ。

 県によると、石原氏のほか自民党からは細田博之前幹事長や青木幹雄前参院議員会長が出席の意向。国民新党の亀井亜紀子参院議員や新党大地の鈴木宗男代表も参加する予定だ。民主党国会議員は過去に一度も参加しておらず、今回も出席の連絡はないという。

 竹島は1905年の閣議決定で島根県に編入され、県は100年後の2005年3月に「竹島の日」条例を制定。韓国側が強く反発した経緯がある。

http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010020801000893.html
2010/02/08 20:48 【共同通信】
-----転載終了-----

続きを読む "竹島は日本固有の領土です"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「外国人の選挙権導入は憲法に違反する」

以下の最高判事の証言と、この判決の元になったとされる中央大 長尾教授の論文で、外国人参政権推進派の法的な拠り所は完全に無くなりました。完全に「違憲」です。

これでも、韓国、そして民団との「公約」により、外国人参政権を推進する民主党 鳩山政権は「外患誘致」のレベルです。断固反対を表明いたします。

----転載開始-----
「政治的配慮あった」外国人参政権判決の園部元最高裁判事が衝撃告白(msn産経ニュース)
2010.2.19 00:18

 平成7年の最高裁判決が永住外国人への地方参政権(選挙権)付与に関し、判例拘束力のない「傍論」部分で「憲法上禁止されていない」との判断を示した問題で、判決に加わった園部逸夫元最高裁判事は18日までに産経新聞に対し、「(在日韓国・朝鮮人を)なだめる意味があった。政治的配慮があった」と明言した。さらに判決に際し、地方参政権付与の対象者について「(在日韓国・朝鮮人ら)非常に限られた永住者に限定する」ことを想定したとし、民主党などが「一般永住者」にも与えようと検討していることを「ありえない」と批判した。

 園部氏が判決の背景として、「政治的配慮」に言及したことは、最高裁判決の当事者としては極めて異例の発言といえる。

 判決は特別永住者に限らず、経済的基盤を日本に持ち10年以上在留など一定要件を満たせば得られる「一般永住者」についても、参政権を付与する案の根拠とされている。この点について園部氏は「(一般永住者に)選挙権を即、与えることは全然考えていなかった」と語った。同法案を政府提出とすることにも「賛成できない」と表明した。

 判決理由については、「憲法の地方自治の本旨に従って、特定地域と非常に密接な関係のある永住者に、非常に制限的に選挙権を与えることが望ましいと判断した」と証言。歴史的経緯があり、何世代にもわたり日本国内に在留する韓国人、朝鮮人、台湾人に限り、住み続けている地域に限定して地方参政権を付与することは、「全く憲法違反だとは言い切れないという判断だった」という。

 園部氏は当時の判決について「金科玉条で一切動かせないとは考えていない」と述べ、時代の変化に合わせ見直すことも可能だとした。

 ■外国人地方参政権に関する最高裁判決 永住外国人に地方参政権を認めない公選法などの規定は、住民自治を定めた憲法に違反すると、在日韓国人9人が起こした訴訟の上告審で最高裁第3小法廷は平成7年2月、「憲法上、わが国に在留する外国人に対し、選挙の権利を保障したものではない」とした一審判決を支持し、原告の請求を棄却した。ただ、判決理由の判例拘束力のない「傍論」部分で「永住外国人に対し、地方レベルの参政権を法律をもって認めることは憲法上禁止されていない」との判断も示し、地方参政権付与推進派を勢いづかせた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100219/plc1002190020000-n1.htm
-----転載終了-----

以下、長尾教授の論文です。ご一読願います。

外国人の選挙権導入は憲法に違反する(Yomiuri)
長尾 一紘/中央大学法学部教授
専門分野 憲法学

続きを読む "「外国人の選挙権導入は憲法に違反する」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

吉田茂氏がマッカーサーに宛てた「在日朝鮮人に対する措置」文書

Twitterから拾ってきました。

私は外国人参政権(在日参政権)に反対することは、人種差別ではなく、日本人と日本人以外の「区別」の問題だと考えています。日本国の参政権が欲しいなら、日本国に忠誠を誓い、日本人として帰化すればいいだけです。至極簡単な論理です。それが出来ないから、即刻、誇らしい祖国にお帰りください。

以下、本題の転載です。

-----転載開始-----

吉田茂氏がマッカーサーに宛てた「在日朝鮮人に対する措置」文書(1949年)

朝鮮人居住者の問題に関しては、早急に解決をはからなければなりません。
彼らは総数100万にちかく、その半数は不法入国であります。

私としては、これらすべての朝鮮人がその母国たる半島に帰還するよう期待するものであります。

その理由は次の通りであります。

(1)現在および将来の食糧事情からみて、余分な人口の維持は不可能であります。
米国の好意により、日本は大量の食糧を輸入しており、その一部を在日朝鮮人を養うために使用しております。
このような輸入は、将来の世代に負担を課すことになります。

朝鮮人のために負っている対米負債のこの部分を、将来の世代に負わせることは不公平であると思われます。

(2)大多数の朝鮮人は、日本経済の復興に全く貢献しておりません。

(3)さらに悪いことには、朝鮮人の中で犯罪分子が大きな割合を占めております。
彼らは、日本の経済法令の常習的違反者であります。彼らの多くは共産主義者ならびにそのシンパで、最も悪辣な政治犯罪を犯す傾向が強く、
常時7000名以上が獄中にいるという状態であります。

--中略--

さて、朝鮮人の本国送還に関する私の見解は次の通りであります。

(1)原則として、すべての朝鮮人を日本政府の費用で本国に送還すべきである。

(2)日本への残留を希望する朝鮮人は、日本政府の許可を受けなければならない。
許可は日本の経済復興の貢献する能力を有すると思われる朝鮮人に与えられる。 

上述のような見解を、原則的に閣下がご承認くださるならば、私は、朝鮮人の本国帰還に関する予算並びに他の具体的措置を提出するものであります。

敬具 吉田 茂

(田中宏「在日外国人」より)
-----転載終了-----

続きを読む "吉田茂氏がマッカーサーに宛てた「在日朝鮮人に対する措置」文書"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

“無申告”首相「よい国のためぜひ納税を」 

いやはや、ポッポ総理には、いつも笑わせて頂いておりますww 笑いの為に、ここまで体を張っておられるとはwww
-----転載開始-----
“無申告”首相「よい国のためぜひ納税を」 確定申告16日にスタート 
2010.2.15 18:34

 鳩山由紀夫首相は15日夜、16日から平成21年分の所得税の確定申告がスタートするにあたり、「当然税金を払っていただき、そのことで国民の皆さんのお暮らしを守る政治をつくり上げていく。この国をさらによい国にしていくために税金をお支払いいただきたい」と述べ、国民に納税を呼びかけた。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 首相は母親から7年間で約12億円6千万円の資金提供を受けながら申告していなかったが、この件を関しては「政治に対する信頼を回復させていかねばならない。そのような思いで自らも戒める」と述べただけだった。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100215/plc1002151834010-n1.htm
-----転載終了-----

続きを読む "“無申告”首相「よい国のためぜひ納税を」 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インプレッサWRX STi コスワース

インプレッサの話題が続きますが、ご容赦を(笑) スバルUKは3月にスバル インプレッサWRX STiコスワースを発売する事を発表しました。

スバル インプレッサ、コスワースと夢のコラボ(responce)
Cosworth Tuned Subaru Impreza STI to Debut in Geneva - 500+hp rumored(worldcarfans.com)

英国の方が見たら、日本国内の「R205」も羨ましいモデルなんでしょうが、私の感覚から言うとこのコスワース仕様のインプレッサの方が、数倍魅力的です。名機EJ25をかのマイスター、コスワースがチューニングを行い、500馬力を越す驚愕のパワーをひねり出す様です。スバル インプレッサWRX STiコスワースは、3月2日に開幕するジュネーブモーターショーで初公開だそうです。

続きを読む "インプレッサWRX STi コスワース"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インプレッサWRX STi、空に帰る(笑)

ちょっと古いネタになりますが、巷ではオリンピックも始まった様ですし、個人的なメモの意味も含めて(笑)

去る2009年12月31日に、スバルラリーチームUSA、トラビス・パストラーナ選手が、カリフォルニア州ロングビーチ・レインボーハーバーの特設コースで、ギネス記録171フィート(約52m)を大幅に越える、269フィート(約82m)の大ジャンプを成功させた時の映像です。いやぁ、流石、中島飛行機の末裔、飛んでいる姿も美しいです。

続きを読む "インプレッサWRX STi、空に帰る(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル インプレッサXV

えーと、たまには車の記事も書かないと、忘れられてしまいますね。ウチは「政治」のBlogではありませんので(笑)

先週あたりに、スバルが「第80回ジュネーブ国際モーターショー」に出展するというニュースが流れていましたね。この中で「インプレッサXV (Impreza XV)」なるモデルを出展すると報じられています。

【ジュネーブモーターショー10】スバルは インプレッサ 派生車など出展(responce)

いやはや、一体どんなモデルを展示しようと言うのでしょうか。そもそも、考えてみるとフォレスター(Forester)はまさにインプレッサ派生のSUVでありますし、いま、ここでインプレッサのSUVテイストのモデルなんて必要があるのかどうか・・・? いや、私は、スバリストでさえ、跨いで通ったと言われる、スバルの黒歴史に燦然と輝く「グラベルEX」の再来かと思ってしまいましたですよ。で、おそるおそる調べてみたら、ほら出てきた。

Subaru confirms Impreza XV crossover debut for Geneva(autoblog)

いや〜、まるで同じコンセプトとは言えませんが、非常にグラベルEXに近いですね。確かに世の中の事情はあの頃とは事なっているとは思いますし、昨今の時代背景に合わせて、グラベルEXよりは洗練されている様に見えますが、スバルさん、このモデル、本当に大丈夫ですか?

【2010年3月3日追記】
SUBARUのGlobalサイトにスペシャルコンテンツとして公開されました。

Subaru Global | New Impreza XV Special Contents

なんというか、プレスリリースを読んだ感じですと、まあ、あまり大きなことはやってないだろうとは思っていましたが、北米の「OUTBACK SPORT」のフロントグリルと、リアスポイラーを変えただけのモデルの様ですね。しかし、なんですかねぇ、この下品なフロントグリルは(ーー;) もうちょっとやり様があったでしょうに。あくまでも個人的な感想ですが、あまりのカッコ悪さに絶望しましたですよ。

続きを読む "スバル インプレッサXV"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いよいよ夫婦別姓が危ない!

やはりと言っては何ですが、夫婦別姓から来ました。Twitterから、緊急拡散です。

-----転載開始-----
今日午前十時に入手した緊急情報です。急いで外出先から帰宅して発信しています。

在日外国人への地方参政権付与の問題が焦点に上がっていますが、それ以上に喫緊の課題として浮上してきたのが、選択的夫婦別姓制度を取り入れる民法改正案の国会提出です。

情報によれば、参政権の問題は、法務省で論点整理がおこなわれているようです。省内でも多くの反対意見があり、とりわけ憲法違反については大きな問題点として認識されているようです。この問題も、無視できない重要問題ですが、今のところ断言はできませんが、閣議提出までは相当の距離がありそうです。

それよりも、「選択的夫婦別姓制度を取り入れる民法改正案」の国会提出が喫緊の課題となってきました。法務省内では、平成8年の論議が土台となり主要幹部は一致しており、しかもご存知のとおり法務大臣までが成立に大賛成です。しかも、非嫡出子への法的相続権を嫡出子と同じ扱いにするという内容だそうです。

法務省政務三役のところまでは近いらしいです。重要なのは、反対運動に残されている期間は2月中だということです。閣議の日程は3月12日と情報は教えてくれています。3月12日の閣議で決定されてしまえば、国会可決は自動的です。そのためにも運動可能とされている期間は2月中しかありません。

全国の皆様にお願いします。

民主党への一括りとした一括反対運動ではなく、党内から「全国からこれだけ反対の声が寄せられている、この声は無視できない」という党内の反対派をバックアップする民主党議員への直接の反対要請の動きと激励が必要ではありませんか。

勿論、自民党の良識ある真性保守の議員への要請行動は大事ですが、民主党内の良識保守へのもっと頑張れという激励メール・FAXが今一番必要と思っています。

全国の皆様。
身近な民主党議員へ抗議と激励の声を寄せてくださいませんか。
あらゆる手段で全国へ拡散してくださいませんか。
-----転載終了-----

続きを読む "いよいよ夫婦別姓が危ない!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

崖の上のポニョ、なんだこれ?

昨晩、録画して有ったものを、1時間の提灯コーナーとCM飛ばしで見てみました(笑)

前評判の「となりのトトロ」の様な、完全な子供向けの作品だと思って見てみたのですが、なんでしょうね、この作品。演出的には面白い所なぁとは思ったのですが、クオリティは、現在のアニメと比較してみても突出している所があるわけでもないですし、ストーリーとしても、解りづらさが目立つ内容ですし・・・まあ、楽しめた事には違いないのですが、なんかこうスッキリしない。

ぶっちゃけ、全編を通して、宮崎監督は何が作りたかったのか、私には「テーマ」が掴みきれませんでした。短い尺の中に到底はいりきれないものを無理やり押し込んだ様な座り心地の悪さは感じましたですが・・・まあ、似たような印象は、ハウルを見た時にも感じてはいたんですけれど。

子供に見せるなら、子供が心から楽しめる作品に仕立てるのがプロの仕事。宮崎監督はこの辺はきちんと判ってる方だと思っていたのですが、贔屓目に見ても、近年の宮崎監督の作品は「劣化」が目に付きます。「ジブリ」と言うブランドに甘えてるんじゃないかというツッコミを入れてみたい衝動に駆られました。

一つ、非常に気になった点。ソースケが両親の事を「お父さん、お母さん」と呼ばない事。これって、子供向け作品として根本的にどうよ・・・。恣意的な何かが見え隠れしている様で、薄気味が悪かったです。これは「裏」を読みすぎですか。

続きを読む "崖の上のポニョ、なんだこれ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本には【謎の鳥】がいる

新しいネタでは無いのですが、某SNSからの転載です。
実に良く言い表していますねww

-----転載開始-----
・日本には【謎の鳥】がいる。
・正体はよく分からない。
・中国から見れば【カモ】に見える。
・米国から見れば【チキン】に見える。
・欧州から見れば【アホウドリ】に見える。
・日本の有権者には【サギ】だと思われている。
・オザワから見れば【オウム】のような存在。
・でも鳥自身は【ハト】だと言い張っている。

・それでいて、約束をしたら【ウソ】に見え
・身体検査をしたら【カラス】のように真っ黒、
・釈明会見では【キュウカンチョウ】になるが、
・実際は単なる鵜飼いの【ウ】。

・私はあの鳥は日本の【ガン】だと思う。
-----転載終了-----

続きを読む "日本には【謎の鳥】がいる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »