« 外国人参政権に危険なカラクリ | トップページ | 小林よしのり「外国人地方参政権」で日本終了 »

外国人参政権 付与許容説の学者が誤り認める

久々の更新になります。タイトルと矛盾していますが、最近、益々呑気な記事をダラダラと書いていられなくなってきました。

これで、事実上、外国人参政権(在日参政権)付与に関する理論武装は、その拠り所を無くしたことになります。朗報では有りますが、決して予断を許さない状況であることには変わりは有りません。

>反日左翼の集団とも看做しても良いとも言える民主党鳩山政権は、今国会での外国人参政権(在日参政権)付与に関する法案成立を目指しております。この法案が通ってしまうと離島、過疎地への特定国の武器無き侵略を許すことになるだけでなく、日本国そのものの国体の破壊につながる危険性があります。断固反対、阻止して行かねばなりません。皆様のお力を貸してください。

-----転載開始-----
外国人参政権 付与許容説の学者が誤り認める 反対集会で日大教授が明かす 
2010.1.25 19:33

 千代田区永田町の憲政記念館で25日に開かれた「永住外国人地方参政権付与に反対する国民集会」。国会議員、地方議員や識者らがげきを飛ばす中、日大の百地章教授(憲法学)が、国内で最初に付与許容説を唱えた学者が自説の誤りを認めたことを明らかにした。
 百地氏によると、外国人の参政権について「国政は無理でも地方レベルなら認めていこう」とする部分的許容説は昭和63年に中央大学の教授が初めて提唱。追随論が噴出し、平成7年の最高裁判決の傍論もこの説に影響を受けたとされている。
 昨年、百地氏が著書をこの教授に送ったところ、「外国人参政権は、地方選でも違憲と考えます」と書かれた年賀状が送付されてきた。本人に電話で確認したところ、「修正する論文を発表する」と明言したという。
 百地氏は「外国人参政権が憲法違反であると、とうとうわが国最初の提唱者にさえ否定されたことは極めて注目すべきこと」と強調。
 さらに「わざわざ憲法を持ち出すまでもなく、わが国の運命に責任を持たない外国人を政治に参加させることは危険すぎてできない」と述べた。
(MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/100125/tky1001251934011-n1.htm
-----転載終了-----


|

« 外国人参政権に危険なカラクリ | トップページ | 小林よしのり「外国人地方参政権」で日本終了 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/47397918

この記事へのトラックバック一覧です: 外国人参政権 付与許容説の学者が誤り認める:

« 外国人参政権に危険なカラクリ | トップページ | 小林よしのり「外国人地方参政権」で日本終了 »