« 今年もお世話になりました | トップページ | 外国人参政権「通常国会で必ず成立」山岡賢次氏  »

3Dアバターを観て来ました(ネタバレ無し)

今、映画館から帰還して、ビールを飲んでいます(笑)

心配していた「3D酔い」も無く、無事、鑑賞することが出来ました。本当に飛び出してくるかというと、正直、微妙な感じでしたが、多分、私の様に目に障害が無ければ、もっと楽しめるのではないかと思いました。

それにしても、もの凄い映像です。約3時間近い尺の映画なのですが、特に中だるみも無く、一気に「映像の濁流」に押し流された感じです。ハリウッド映画で、ここまで別の世界を描ききった作品ってぱっと考えても思いつきませんね。緻密に企画、計算されて作られている感じです。まあ、突っ込みどころが無いと言ったら嘘になりますが、そんな、細けーことはいいんだよという勢いのある映像でした。ちょっと前に、押井守監督が敗北宣言をしたなんてのが某SNS内のニュースに流れていましたが、私的に言わせて頂ければ、押井守なんぞは一度首を洗って出直して来いと言いたいですww。このアバターという作品は「エンターテインメントとしては一級」です。流石キャメロン監督、解ってらっしゃいます、これがハリウッド流と言う所ですね、解ります。

「正月に観るTV番組が無いぞ」お嘆きの方には是非お勧めしたい作品であります。映画館で見る価値のある映画だと断言します。

私がこの作品を見て、真っ先に思い出したのは、ジェイムズ・ティプトリー・Jrの「接続された女」です。あ、このネタに引っかかってくれる人は居るのかしら(笑)


|

« 今年もお世話になりました | トップページ | 外国人参政権「通常国会で必ず成立」山岡賢次氏  »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/47181450

この記事へのトラックバック一覧です: 3Dアバターを観て来ました(ネタバレ無し):

« 今年もお世話になりました | トップページ | 外国人参政権「通常国会で必ず成立」山岡賢次氏  »