« 参政権法案「来年現実に」=韓国で講演、植民地支配は謝罪-民主・小沢氏 | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト 復活篇を観てきました(ネタばれ無し) »

民主党 憲法違反解除に動き出す

外国人参政権は、明らかな憲法15条違反ですから、それをゴリ押しするつもりなんでしょうね。これではまるで独裁国家です。日本がどんどん壊れていってます。私たちは民主党に「日本解体の白紙委任状」を渡したわけでは有りません。

民主党に投票した方は、この状態をどう見ていらっしゃるのでしょうか。責任をとって腹でも切ってください。

-----転載開始-----
民主党国会改革の内部資料が判明 法制局から「憲法解釈権」剥奪
2009.12.10 01:29

民主党政治改革推進本部(本部長・小沢一郎幹事長)が作成した官僚答弁の禁止など国会改革の詳細を記した内部資料が9日、明らかになった。資料は国会法など国会審議活性化関連法案の骨子と想定問答集。想定問答集は、内閣法制局長官について「憲法解釈を確立する権限はない。その任にあるのは内閣だ」とし、自民党政権下で内閣法制局が事実上握ってきた「憲法解釈権」を認めない立場を強調している。

 さらに「内閣の付属機関である内閣法制局長官が憲法解釈を含む政府統一見解を示してきたことが問題で、本来権限のある内閣が行えるよう整備するのが目的」と明記した。法制局長官の国会答弁を認めないことを通じ、憲法の解釈権は国会議員の閣僚が過半数を占める内閣が実際上も行使する方針を示したものだ。

 ただし「憲法解釈の変更を目的にして、今回の改正があるわけではない」と、憲法9条の解釈変更への道を開くとして警戒する社民党への配慮も示した。

 法案骨子は(1)国会で答弁する政府特別補佐人から法制局長官を除く(2)内閣府設置法と国家行政組織法を改正し副大臣、政務官の定数を増やす(3)衆参両院の規則を改正し政府参考人制度を廃止(4)国会の委員会に法制局長官を含む行政機関の職員や学識経験者、利害関係者からの意見聴取会を開く-の4点を挙げた。

 民主党政治改革推進本部は9日の役員会で骨子案を大筋で了承した。来週にも与党幹事長会談を開き、合意を得たい考えだ。

民主党国会改革の内部資料が判明 法制局から「憲法解釈権」剥奪 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091210/stt0912100131001-n1.htm
-----転載終了-----


|

« 参政権法案「来年現実に」=韓国で講演、植民地支配は謝罪-民主・小沢氏 | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト 復活篇を観てきました(ネタばれ無し) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

しかし、この売国奴ぶりは目を覆うばかりですね。村山内閣でもココまで酷くなかったのでは。
とは言え、民主党が政権を取ったらこうなることはここのブログであるじゃさんもかかれていましたから、民主党へ投票した有権者ならびに棄権した有権者は考えてもらいたいですね。
こうなったら来年夏の参院選は何としても民主惨敗になってもらわないと日本が破滅します。ですが、自民の現状を見るとこれも難しいなぁと思わざるおえません。

ここのところ日曜日はドラマ「坂の上の雲」を見ておりますが、主人公たちの国家に対する思いを少しは見習って欲しいです。

投稿: 夢の助 | 2009/12/14 13:44

夢さん
ある程度は予想していたとは言え、実際には予想の斜め上を行ってる感じですね。まさか、民主党がここまでの売国奴集団だとは、思ってもみませんでした。本性を表したと言った方が良いかもしれません。

来年の参議院選では、民主党には絶対に勝たせてはいけません。私たちの大好きな日本が根底から破壊されてしまいます。日本解体を全力で阻止するため、「保守勢力」は力を結集させる時期に立たされているのでしょう。

投稿: Algernon | 2009/12/14 19:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/47002410

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党 憲法違反解除に動き出す :

« 参政権法案「来年現実に」=韓国で講演、植民地支配は謝罪-民主・小沢氏 | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト 復活篇を観てきました(ネタばれ無し) »