« 鳩山不況 | トップページ | 鳩山由紀夫vs.鳩山由紀夫Ⅱ クローンの攻撃 »

トラバントnTコンセプト

トラバントと言えば、旧東ドイツ時代の紙で出来た排気ガスをモクモク吐いて走る車のイメージですが、これは実に上手いですね。

【フランクフルトモーターショー09】旧東ドイツの象徴、トラバント が復活(Responce)

スタイリングはあの無骨な印象のあるフォルムを実に上手くリファインしています。個人的にはかなりイイ線を行ってるのではと感じています。これで電気自動車だと言う訳ですから、歴史の有るトラバントに対してのスパイスも、粋にピリリと効いていますね(笑) 世界戦略車として世に出て来ても、きちんと受けいれられるのではないでしょうか。

スバルも、以前、モーターショーに出展している「Elten」をコンセプトとして、大真面目でスバルのEVとして開発すれば、かなり市場的にもインパクトが有るのではと思うのですが、如何でしょうか。


|

« 鳩山不況 | トップページ | 鳩山由紀夫vs.鳩山由紀夫Ⅱ クローンの攻撃 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/46820102

この記事へのトラックバック一覧です: トラバントnTコンセプト:

« 鳩山不況 | トップページ | 鳩山由紀夫vs.鳩山由紀夫Ⅱ クローンの攻撃 »