« 交響詩編エウレカセブン「ポケットに虹がいっぱい」 | トップページ | マスコミは徹底的に印象戦略で来る模様 »

鳩山首相は“オタク”w

あんまりスキャンダルな記事は好みではないのですが、面白かったので記事にしちゃいますwww

私は、鳩山首相が奥様の幸さんと映画「サマーウォーズ」をご覧になったというニュースを聞いた時に、あれっ?と思ったんですよ。そう、ヲタクの嗅覚と言う奴ですか(笑) そんな風に感じていたら、出た出たwww

-----転載開始-----
鳩山首相も“オタクエリート”だった

 民主党鳩山由紀夫首相(62)も漫画&アニメオタクだった? 鳩山首相が、同党幹事長だった05年、オタク専門誌「オタクエリート」に登場、「日本の漫画・アニメ文化」について「世界一」「世界をリードしている」と称賛し、発展させるべきと主張していたことが23日、分かった。漫画で歴史を勉強していることや、「漫画ベスト10」も明かすなど、自身のオタクぶりも披露。自民党麻生太郎前首相(69)だけでなく、新首相も「オタク文化」推進に理解を示していた。

 鳩山氏が出ていたのは、ビブロス社(破産)から05年12月に出版されたオタク誌「オタクエリート」NO・1号。表紙モデルも務めた鳩山氏は、「鳩山由紀夫が語るニッポンの漫画・アニメ」と題された巻頭ロングインタビューに登場。

 まずは漫画について「漫画の効用はある」などと評価した。さらに、自身も「三国志」などの漫画で歴史の勉強をしていることを明かし「最近は歴史の勉強をするのに、役立っていましてね。(『三国志』は)そりゃあもう、劉備玄徳になりたい! と思いながら読んでいますよ」と告白。同誌が、漫画「ロボット三等兵」復刻版を持参すると「これなんだよ、これ! 名著なんだよ、名著」と激しく興奮した。

 大学生時代には「週刊少年マガジン」「週刊少年サンデー」のほか「ガロ」まで読破。最近でも、97年~00年まで「週刊少年ジャンプ」に連載されていた桂正和氏原作の恋愛漫画「I”s(アイズ)」を毎週愛読していたといい「淡いロマンが良くってね」と恋愛観も明かしていた。

 アニメについても、宮崎駿監督(68)作品を高く評価。「宮崎駿さんはいいね。『もののけ姫』と『千と千尋の神隠し』。自然と人間というのを実にうまく描いて、見ている人を導いていく人だと思います」と分析。さらに、自身の「漫画ベスト10」「漫画家ベスト10」「アニメ作品ベスト5」も選ぶなど、オタクぶりも披露していた。

 「日本の漫画・アニメ」文化について「日本はですね、アニメでは世界一であることを誇りとして、これを発展させていく。産業としてリードさせていくということは非常に重要だと考えています。役所は規制するのではなく、大いにプロモートするべく努力してほしい。今、日本は世界の中で価値が乏しくなっています。その一方で漫画とアニメは世界をリードしているのだから、推し進めていくべきではないでしょうか。日本人は近年、夢や希望を失いかけているように思います。失いかけている日本人の大切な部分を、漫画やアニメを通じて取り戻してほしい」と、推進策を熱く提言していた。

 同誌は、「全国統一オタク検定試験」が掲載されていたほどの“ディープな”雑誌。「オタク文化支持」といえば麻生前首相が有名だが、鳩山新首相も負けていなかった?

 [2009年9月24日9時17分 nikkansports.com]
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20090924-547283.html
-----転載終了-----

いやはや、見事なオタクぶりでございます。

さて、国立メディア芸術総合センターを「国立の漫画喫茶」と言って、無駄遣いの象徴と糾弾していたのは誰だったでしょうかね(笑) えーと、当Blogのライターも相当なヲタクですが、すいません、鳩山首相がお好きな、桂正和の「I's」は読んでおりません(爆)
いやはや、鳩山首相のオタクぶりには脱帽でございます(笑)

-----転載開始-----
アニメ美術館は「国立の漫画喫茶」 民主・鳩山氏が批判
(2009.5.9 20:00 MSN産経ニュース)
 民主党の鳩山由紀夫幹事長は9日夜、青森県南部町で講演し、平成21年度補正予算案に計上されたアニメ美術館建設費について、「アニメが好きなのは麻生太郎首相だ。首相が好きだから、官僚が作ってやろうと(いうことになった)。簡単に言えば国立の漫画喫茶だ。大変な浪費で、ばかばかしい」と厳しく批判した。
 政府の構想では、美術館にはアニメ、漫画、映画などの作品を展示。東京・お台場が候補地で、来場者数の目標は年間60万人。補正予算案には建設費117億円が計上されている。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090509/stt0905092001001-n1.htm
-----転載終了-----

オマケにしてはちょっと話題が大き過ぎますが、前原国交相が建設中止を表明している群馬・長野原町の八ッ場(やんば)ダムの着工の時は「自社さ政権」で、さきがけの代表幹事をされていたのは鳩山首相だと言う事で、いくらなんでも、ちょいとブレ過ぎではないですか?


|

« 交響詩編エウレカセブン「ポケットに虹がいっぱい」 | トップページ | マスコミは徹底的に印象戦略で来る模様 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/46301397

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山首相は“オタク”w:

« 交響詩編エウレカセブン「ポケットに虹がいっぱい」 | トップページ | マスコミは徹底的に印象戦略で来る模様 »