« Snow Leopard、インストールしました | トップページ | 子ども手当、「所得制限を」社民と国民新 »

民主党が押し進めている、外国人参政権を与えた結果

民主党が裏で押し進めている、外国人参政権を永住外国人(主に在日韓国人、朝鮮人)に与えてしまったらどういう事になるか? 既に外国人に参政権を与えてしまったオランダでの一例です。某SNS内からの転載です。

-----転載開始-----
<<オランダの憂鬱>>

オランダで外国人に地方参政権どころか被選挙権も与えた結果、オランダ内にもう一つ国ができた状態になってしまった。
オランダにその時に居たイスラム系住民は約100万人。
オランダ人がイスラム系のコミュニティに足を踏み入れると、敵意を剥き出しにしてくる。
イスラム系の人は決してオランダ人と融和する事が無く、どんどん国の中で敵対関係だけが増していった。
そして今、オランダは外国人の参政の権利を減らす方向に、舵を切ってる最中。
地域に溶け込んで貰おうとした参政権のハズが全く逆の結果となってしまった。
しかし既にイスラム系の政治家も居て時は既に遅く、手が付けらない状態になっている。
そして外国人の参政権を推し進めた連中がオランダから無責任にも逃亡中。
この手のお花畑思考の人達は決して自分たちの行為の責任は取らない。
(引用 ttp://musume80.exblog.jp/1326745)
-----転載終了-----

私は永住外国人は、参政権が欲しければ、日本に帰化すればいいと考えています。永住外国人に地方参政権を与える事には、断固反対します。

-----転載開始-----
地方参政権 党内集約に努力
9月19日 21時38分(NHKニュース)

民主党の小沢幹事長は、韓国のイ・ミョンバク大統領の実兄の、イ・サンドゥク韓日議員連盟会長と会談し、日本に永住する外国人に地方参政権を認めるべきかどうかをめぐり、党内で意見が分かれていることについて、来年の通常国会中には、党の方針を決めたいという考えを伝えました。
会談には、韓国のクォン・チョルヒョン駐日大使と民主党の川上義博参議院議員も同席しました。この中でイ・サンドゥク韓日議員連盟会長は、鳩山内閣が発足したことについて、「民主党を中心とした政権が成功し、世界の発展に寄与されることを祈る」と述べ、新政権が国際社会と良好な関係を築くことに期待感を示しました。これに対し、小沢氏は、「韓国との間にほんとうの信頼関係を作り上げることに力を尽くしたい。そうすれば、両国間の基本的な問題も必ず解決できる」と述べました。そのうえで、小沢氏は、日本に永住する外国人に地方参政権を認めるべきかどうかをめぐり、党内で意見が分かれていることに関連して、「通常国会で目鼻をつけたい」と述べ、次の通常国会の期間中には、党の方針を決めたいという考えを伝えました。
http://www3.nhk.or.jp/news/k10015615641000.html
-----転載終了-----


|

« Snow Leopard、インストールしました | トップページ | 子ども手当、「所得制限を」社民と国民新 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/46263529

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党が押し進めている、外国人参政権を与えた結果:

« Snow Leopard、インストールしました | トップページ | 子ども手当、「所得制限を」社民と国民新 »