« AreiRaise 英霊来世「8.30」 | トップページ | 在日民団「民主党を支援」 »

民主党、新型インフルエンザの対策予算を打ち切る

昨日、心配されている新型インフルエンザが本格的に流行のフェーズに入ったというニュースが有りました。

-----転載開始-----
新型インフル、正式に「流行」入り 感染研発表
(2009/08/21 14:26 産経新聞)

インフルエンザの感染者数が増加し、正式に「流行入り」したことが21日、国立感染症研究所(感染研)の調べで分かった。全国約5千カ所の定点医療機関からの報告数が、16日までの1週間で1施設当たり1・69人となり、流行開始の目安である1人を上回った。厚生労働省によると、過去10年で夏に流行入りしたことはない。

新型インフル 夏に増加なぜ?  火だ…
夏でも新型インフル急増 傾向と対策は…

 9日までの1週間で、1施設当たり0・99人まで増加していたことから、舛添要一厚生労働相も19日、「本格的な流行が始まったと考えていい」と事実上の流行入り宣言をしていた。

 感染研によると、定点医療機関から16日までの1週間に報告された患者は7750人。他の医療機関も含めると全国では1週間に11万人が受診したとみられる。7月に入ってから6週連続で増加が続いている。

 都道府県別では、沖縄県(29・60人)が最も多く、奈良県(2・96人)▽滋賀県(2・48人)▽福島県(2・45人)▽東京都(2・14人)▽大阪府(2・14人)▽茨城県(2・11人)▽高知県(2・10人)▽埼玉県(1・91人)▽長野県(1・83人)-の順となっている。

 感染研は「最近の発生患者のほとんどが新型インフルエンザに罹患(りかん)しているものと推定される」と注意を呼びかけている。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/health/292345/
-----転載終了-----

これから、秋、冬にかけて本格的な流行が懸念されますし、これから強毒性に変異する可能性も否定できません。子どもからお年寄りまで、生命に関わる事。国を挙げて流行に対し、十分な備えをしていかなくてはならない事は、私が書くまでもない事です。

ところが、民主党はこの時期に、この新型インフルエンザワクチンの開発・生産体制の強化の為の補正予算1,279億円 を、「子ども手当」の財源として打ち切ろうとしています。他にも重要な補正予算を削って、子ども手当の財源として使おうとしています。これをばらまきと言わずとしてなんと表現しましょうか。この他の打ち切られる補正予算の細目はこちらにまとめてあります。

選挙対策の為の、目先の耳障りの良い政策の為に、この様な重要な補正予算を打ち切る民主党の考え方に大きな疑問を感じざるを得ません。パンデミックが発生した時に、ワクチンが無い、治療方法が無いなんて事が、現実に発生する可能性があります。大変、危険な判断だとは思いませんか?

子ども手当の財源は、配偶者控除や扶養控除の廃止だけじゃないんですよ。


|

« AreiRaise 英霊来世「8.30」 | トップページ | 在日民団「民主党を支援」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/46000159

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党、新型インフルエンザの対策予算を打ち切る:

« AreiRaise 英霊来世「8.30」 | トップページ | 在日民団「民主党を支援」 »