« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

すばる手ぬぐい、届く

TenuguiSUBARU BLOGのトラックバックキャンペーンに応募して、手ぬぐいが当選しました。「昴」をデザインした柄もさることながら、ひらがなの「すばる」が小粋です(笑)

こりゃ、勿体なくて、使えないなぁ(^^;)

続きを読む "すばる手ぬぐい、届く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型レガシィ試乗しました

ディーラーのセールス氏から電話が有ったので、早速試乗して来ました。

B4の2.5GT S packageとツーリングワゴンの2.5i S packageでした。乗った瞬間、フロントウインドウから見えるフードを見て最初に感じたのが「でかい!」まあ、走り始めて直ぐになれましたが(笑)

2.5GTは低速からモリモリとトルクが出ていて、乗りやすくて速いです。SI-DriveをS#に入れて全開加速したら、自分の後頭部が見えました(^^;) かたや2.5iは、CVTとのマッチングが絶妙で、NAらしい伸びやかな気持ち良さがでてる感じ。心配していたCVT独特の滑り感も無く、実に良いフィーリングでした。ゆったり乗るなら2.5iでも十分にイケますね。
足回りは両方ともビルシュタインでしたので、比較はできませんが、ガチと締め上げられている感触があって不安は全く有りませんね。ブレーキの初動のタッチも良く、効きもいいです。
今までがドライバーが主役だったコンセプトが、一緒に乗る人が一緒に楽しめるというコンセプトに変わったと言う所が実感できた感じでした。一人で乗ってたら勿体ないモデルです。

とまあ、乗った印象では、非常に好印象なモデルでは有りますが、車にとって重要なスタイリングに関して言えば、フロント、サイド、リアで全く別の車に見える統一感の無さはやはり写真通り。実車を見てみて、力強さや、迫力は感じる事ができましたが、クラスを上げて来た割には、それに見合ったクオリティを感じさせるスタイリングになっていないように感じました。18インチのホイールですら貧相に見える馬鹿馬鹿しいほど幅のあるフェンダーアーチのフレアは、まるで新興国のモデルを見る様な稚拙さです。ノッペリとして変化の無いドア、馬鹿厚いロアーボディにドカンと乗せた様な連続性の無いキャビンも滑稽。いくらパッセンジャーズファーストと言っても、このスタイリングは如何なものかと思います。実車を見たら、印象はいくらか変わるかと思って期待していましたが、カッコ良い、悪いのレベルの問題ではなく、プロダクトとしての完成度としてみて、やはりこのモデルは出来上がっていないなと見えました。「○○は三日で慣れる」と言いますが、慣れるまで暫くかかりそうです(ーー;)

スバルのデザインの迷走は、今に始まった事ではありませんが、そろそろ洗練されたモノを出していかないと、マジで商売にならなくなります。折角、世界でもトップクラスの素晴らしいハードウェアを持っていながら、こんなスタイリングの仕上がりでは、それを十分に訴求できないでしょう。本当に残念な事です。スバルが好きだからこそ、かなり辛口になりましたが、心底、スバルの未来が心配です。

本記事は「新型レガシィ トラックバックキャンペーン」に参加しています。ニックネームはALGERCGです。

【トラックバック先】
トラックバックキャンペーン 新型レガシィ オーナー&試乗レポート(SUBARU BLOG様)
新型レガシィ詳細レビュー(国沢学校様)

続きを読む "新型レガシィ試乗しました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Alfa Romeo MiToに試乗しました

ドライブコースの途中にあるAlfa RomeoにMiToが有ったので、実車を観て来ました。

Baby Alfaとも呼ばれ、写真で見ていたMiToは可愛い印象が強かったのですが、実車は当初の印象に反して、かなり精悍。ただ者では無さそうな存在感と重量感があって、かなりアグレッシブな印象でした。ダイナミックに張り出したフェンダーのフレアや、見た目より切れ長なヘッドライトセクションはとても印象的。そして、何処から見てもMiToだと解る全く破綻の無い統一感は流石はイタリアンデザインだと感じました。お世辞抜きで美しいです。ロバート・デ・ニーロをCMで使うと言う、某メーカーの新型車とは比較にならないデザインの完成度の高さです。流石、感性品質が解ってます。

インテリアもカーボンを思わせる素材が贅沢に使われていて、この質感がシックで大変よろしい(笑) 高価というより、丁寧に作り込まれているという印象が強いインテリアも、好感度が高かったですね。

そして運がいい事に試乗車があると言う事で、喜んで乗って来ました。1.4Lのターボで、最高出力155ps/5500rpm、最大トルク23.5kg-m/3000rpmのパワーは、必要にして十分。スバルで言うSI-Drive、「Alfa DNA」でダイナミックを選ぶと、車の性格が面白い様に変化します。加速感は圧倒的な速さというより、むしろ気持ちの良い速さ。エンジンもレッドゾーンまで気持ちよく吹け上がります。まあ、欲を言えばもう少し色気のあるエンジン音を聞かせてもらえればよいなぁと思いましたが。適度に固められていて、それでいて懐の深そうな足回しのチューニングは、流石、Alfa Romeoと言う感じでしたね。フィーリングはひとクラス上のモデルに乗っている様な錯覚を感じさせるものでした。以前試乗したゴーカートの様にキビキビ走る乗り味のMiniクーパーSとは、全く別の魅力が有りますね。これで、ホットモデルのGTAだったら、もう笑いが止まらないのではないかなとか(笑)

これで税込み285万円は、なかなかのバーゲンプライスではないかと(^-^)

続きを読む "Alfa Romeo MiToに試乗しました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバルシンメトリカルAWD vs. その他AWD

以前に、ハルデックスカップリング式のAWDの記事を書かせて頂きましたが、YouTubeで更に興味深い画像を発見してしまいました。スバルのシンメトリカルAWDと、ホンダ、トヨタ、フォルクスワーゲンそれぞれのAWDの比較映像です。やはり、ハルデックスカップリング式はかなり改善されている様ですが、ここでシンメトリカルAWDとの違いがはっきりと出て来てます。非常に興味深い実験結果です。以下のリンクからご覧下さい。

Subaru Symmetrical AWD vs. Honda, Toyota, and Volkswagen

AWDだからといって過信は禁物なのですが、それ以前に、お金を払って買っている筈のシステムが、殆ど機能しないという事が未だに有る様です。誠に遺憾な事ですが。

【追記】
YouTubeを徘徊していたら、こんなものも見つけてしまいました。ご参考までに。
Subaru AWD vs. Everyone Else

BMW Z2

いや、Kawasakiのバイクじゃありませんってば(古!)
9月のフランクフルト・モーターショーにコンセプトモデルが出展されるようです。

On-again, Off-again BMW Z2 Reportedly Heading for Frankfurt Unveiling(Worldcarfans.com)

いやー、実に洗練されてます。このスタイリングは切れ味抜群と言った感じですね。ボディ全体から沸き立つような躍動感がたまらなくイカしています。ソフトトップを閉じた時も、実に流麗なクーペのシルエット。こんな美しいロードスターも珍しいのではないでしょうか。久々に一目惚れです。

新しい1シリーズのプラットフォームに、ハイパワーモデルは2リッターのツインターボ。かなり熱いライトウェイトスポーツですね。スペック以上にイロイロ楽しませてもらえそうな期待感一杯のモデルです。

流石、BMW。やってくれます。

【トラックバック先】
[噂] BMW Z2ロードスター?〜その8(BMWおたっきーず!Blog - BMW総合情報ブログ様)

続きを読む "BMW Z2"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

石廊崎にとんぼ返り

今朝、3時に目が覚めてしまったので、思い切って石廊崎に行って来ました。

Img_1890片道4時間、現地1時間のとんぼ返りです。伊豆半島なんて大した事無いと高を括っていましたが、意外にでかいですねぇ。往復6時間のワインディングロードを堪能、でも流石に疲れました(^^;) 最後の高速道路は愛機の彩雲号(3.0R)が運んでくれました(ちょっと待て、をい(^^;)) Img_1892

某コミュニティのオフ会参加へのいいリハビリになりました。Img_1895

続きを読む "石廊崎にとんぼ返り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »