« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

インプレッサSTi A-Line試乗決定

今日、ディーラーの担当セールス氏から、「来週、インプレッサSTi A-Lineが営業所に来ますよー」という電話がありました。いやー、ほぼフラットトルクの名機EJ25ターボ、5ATの専用チューニングがどんなフィーリングなのか、とっても楽しみにしていた一台です。セールス氏のとても細かい心遣いに感謝です。

インプレッサSTi A-Line

試乗記は来週、待て次号です。

続きを読む "インプレッサSTi A-Line試乗決定"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シトロエン DS3 コンセプト

最近のシトロエンのモデルナンバーは「C」が使われていますが、ついに往年の名車の「DS」を冠したモデルを登場させる様です。

Citroen DS3 Concept Revives DS Badge and Previews MINI Cooper Rival(carscoop)

流石に、先代の「クラシックな宇宙船」の様なフォルムではありませんが、その名に恥じぬ美しさです。大きく囲んだフロントグリルのモチーフは、ちょっとAudiのそれに近いテイストではありますが、先代DSをモチーフにしたと思われるルーフの落とし方や、ヘッドライトの形状、ちょっとだけとんがりを丸めたダブル・シェブロンの小技など、随所にデザイン的な美しさが見られます。「10年先の車を作る」と言われていたメーカーにしては、現実的に落とし込まれていますが、ここは本気の現れでしょう。MiniやアルファロメオMiTo、FIAT 500などを少しだけ、上から目線でライバル視している様なハイセンスなスタイリングは、流石はシトロエンという所でしょうか。

実車として出て来るのが楽しみなモデルです。

続きを読む "シトロエン DS3 コンセプト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トヨタIQは、実に奇妙な車

2008年のイヤーカー、グッドデザイン賞大賞に輝いた、トヨタのIQってそんなに凄いの?という疑問から、ちょっと前からトヨタのネッツ店を探してまして、先週、ドライブの途中でお店を見つけて、やっとこさ試乗してきました。

toyota.jp iQ

スタイリングは、ぶっちゃけSmart for twoをそのままパクって来た様なテイストの「寸足らず」です。でも、2シーターと割り切ってスタイリングされた、Smart for twoの方がよっぽどバランスがいいですね。一見した所、カローラ・ルミオンの後ろをぶった切った様なスタイリングです。細部の作り込みは流石トヨタと言う所でしょうか、1000ccのエンジンをミニマムなボディに乗せる為に相当いろいろ工夫している様です。しかしですねぇ、大人4人がまともに座れない程、切り詰めたパッケージングで2+2というのは、正直どうよという感じですね。後席は完全なエマージェンシーシートです。でも、こんな風に考えてみると、軽四の方がよほど「潔さ」と感じます。ちなみに後席の後の「カーゴスペース」には薄い財布か傘しか載りません(笑) 思い切って2シーターにできなかったトヨタらしい「中庸的な思想」が、結果的にエンジニアリング的に色々やらなくちゃいけなくなったとも取れて、そのお陰で、イヤーカー、グッドデザイン賞ってことじゃないかなと納得できました。斜めに見てしまえば「コンセプトまで丸めこんだ自作自演」か・・・とも思えてしまいます(^^;) < 嫌な奴だ 前輪のタイヤハウスの中から「向こう側が見える」事を除けば、ホントによくやってるなぁとそんな印象です(笑)

とまあ、いろいろグダグダと書きましたが、実際に乗ってみると、恐ろしい程小回りは効くし、エンジンのパワーも十分に有るし、足回りも思っていた以上にしっかりとしています。ハンドリングも軽すぎる事無く、しっかりと中立位置がしっかり出てますし、シティコミューターとしては、かなりイケてるのではないかと感じました。ああ、なるほど、トヨタは軽四や普通のコンパクトではない「別の何か」を作りたかったんだなぁと、ここでやっと納得したという感じですかね。しかしながら、ハイエンドのモデルで約170万円という価格を考えると、果てしなく微妙な感じがしますが(^^;) それなら、良く走る軽四の方がよほど経済的ではないかと、そう思う訳でして。

総じて言えば、2シーターで十分な方で、軽四では嫌と考えているニッチなユーザーを狙った、一発芸の様なモデルですね。

続きを読む "トヨタIQは、実に奇妙な車"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »