« SONY VAIO type Pを見てきました | トップページ | スバル カーモザイクイベント »

Mighty Mouseの開腹手術

今日、我が家のMacのマウス、二本有るウチの古い方の一本のスクロールボールが完全に沈黙しました。と言っても、中に埃がたまったためなんですが(^^;) このMighty Mouseというマウス、林檎使いならその使い勝手の良さは折り紙付きなんですが、同時にこのスクロールボールの動作不良は、まあ、持病みたいなもので、ネット上でもいろいろな清掃方法が試されてます。

まあ、そんな訳で、Apple推奨の半ば強引な清掃方法やら、従来から私がやっていた隙間にレシートの切れ端を差し込む方法やら、いろいろやってもどうにも直らないので、先日、SNS内の友人がチャレンジしたのと同様に、開腹手術を敢行しました。下のベゼルの接着を剥がして外したあと、二本の爪を外して開腹。スクロールボール部を分解清掃するという、決死の清掃方法です。作業中に接着してあるベゼルの接着が強くて、残念ながら割れてしまいましたが、無事、スクロールボールの清掃に成功。その機能を復活しました。

しかしまあ、よくあんなに埃が詰まっていたものです。Mighty Mouseの健康維持には、動かなくなる前にこまめな清掃が一番良いのかもしれません。

|

« SONY VAIO type Pを見てきました | トップページ | スバル カーモザイクイベント »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ウチにはいつのまにか3つものMighty Mouseがありますが、やっぱりあのボールの動作不良には泣かされてきました。
色々試しましたが現時点での解決方法としては、Apple社のデモムービーにもある『上下逆さにしてボールを布でこする』に落ち着いています。

…開腹する気には なれなかったなぁ…

キモは拭くための布で、オイラはメガネ拭き用やカメラのお手入れ用として市販されているクリーナークロスを使っています。メガネ用はもらい物ですが、カメラ用は20cm角の大きさで約500円也。

根気よく何度かゴシゴシしてはクリクリ加減を確かめて…と繰り返す事にはなりますが、その程度で結構イケてますよ。

投稿: つか | 2009/01/11 02:21

こんにちは、
あれには困ったものですね。
次期MightyMouseではこの弱点もあってかスクロールボールに替わってマルチタップのジェスチャー機能が付くなんて噂がありますね。

また、素材が白いツルツルのポリカーボネート?なので結構手あかが目立ちます。面倒なのでわたしはMacの横に消毒用エタノール(安いので)を置いてティッシュに含ませてゴシゴシとやっています。おかげでスクロールボールのほうも調子が良いようです。

全然違う商品ですが、以下のようなのもありました(笑)
http://press.onbiz.yahoo.co.jp/bl/ShowBlLeaf/id/C0010000_BL000000011

投稿: yostos | 2009/01/11 07:40

つかさん
私もAppleの方法を使って眼鏡ふきで清掃してたんですが、やはり汚れが酷くなってしまうとどうにもなら無い様で、開腹となりました(^^;) やはり、こまめな清掃が一番なのかもしれませんね。

yostosさん
この動作不良は、おそらく世界中のMighty Mouse使いの悩みの種ですよね(笑) 次の新しいマウスが出たら、速攻の買い替えです(笑)
ネットを見ると、サラダ油とかシリコンオイルで清掃なんてのもあったので、CRC556を使って試してみたんですが、結局は効果がありませんでした。開腹してみたら、結構な埃が出てきましたので、もう、どうにもならない所まで行ってしまっていたのだと思ってます。

投稿: Algernon | 2009/01/11 10:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/43699765

この記事へのトラックバック一覧です: Mighty Mouseの開腹手術:

« SONY VAIO type Pを見てきました | トップページ | スバル カーモザイクイベント »