« トヨタ、スバルの新型スポーツ車投入を先送り | トップページ | シマウマだらけのゼブラ・モービル »

富士重、トヨタと開発のスポーツ車の新工場建設中止へ

やっぱり予想通りでした。群馬県太田市大泉町の新工場建設も凍結方向の様ですね。

ーーー転載開始ーーー
 富士重工業はトヨタ自動車と共同開発中のスポーツ車を生産する新工場の建設を中止する検討に入った。2011年にも稼働予定だったが、両社はスポーツ車の共同開発を一時凍結し、2012年以降に先送りする方針。事業再開時には新工場を建てず、現在軽自動車を生産している群馬製作所本工場(群馬県太田市)を活用する。経営環境が急変し、投資の抑制が必要と判断した。
 富士重は群馬県大泉町に共同開発車などを生産する新工場を建設し、トヨタと共同開発車を2011年末に国内投入する計画だった。金融危機による経営環境の悪化と新車販売市場の低迷で、計画の再検討を余儀なくされた。
 富士重は09年後半から軽自動車の生産を段階的に終了する。このため現在は軽を製造している本工場を共同開発車の生産拠点として活用できるとみている。既存工場の有効利用で初期投資を大幅に抑制する。
富士重、トヨタと開発のスポーツ車の新工場建設中止へ
(日刊工業新聞 掲載日 2008年12月22日)
ーーー転載終了ーーー

前回の記事でも書きましたが、スバル&トヨタ共同開発のFRは、軽四の生産を辞めてまで作るモデルではないと思います。まして、新工場を建ててまで作るなど「頭がトヨタ祭り」としか思えません。まあ、本工場は「軽四と一緒にSVXを生産していた」実績も有りますから、私はその程度の力の入れ具合で十分だと考えますが・・・・? スバルはトヨタへの「ご奉公」なんかより、もっときちんと自社の事を考えた方がいいと思います。


|

« トヨタ、スバルの新型スポーツ車投入を先送り | トップページ | シマウマだらけのゼブラ・モービル »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/43498141

この記事へのトラックバック一覧です: 富士重、トヨタと開発のスポーツ車の新工場建設中止へ:

« トヨタ、スバルの新型スポーツ車投入を先送り | トップページ | シマウマだらけのゼブラ・モービル »