« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

新型オデッセイに試乗しました

なんとなく、今日はポカーンと空いた休日。家族は出かけてしまい、家で良い子でお留守番してるのもいいかなとも思ったのですが、ちょっと勿体ない感じがしたので、近くのホンダで4代目のオデッセイ(HONDA ODYSSEY)を試乗してきました。

Honda|クルマ|オデッセイ(Honda)

スタイリングは先代のキープコンセプト、というより、先代がかなり尖っていたので、そのまま4代目という感じでしょうか。しかしながら、全体的に有機的な面で構成された4代目は、思っていたより先進的。フロントフェイスをホンダの新しい顔にしつらえただけはなく、全体的に先代より、躍動感を感じさせる全体のテイストは、流石ホンダのスタイリングだと感じました。特徴的なフロントのライトまわりで使っているモチーフを、テールレンズにそのまま持って行ってる所や、恐ろしく巨大な面で構成されているメッキグリルは、このモデルの先進感を十分に演出するデザインとして生きています。特にフロントのメッキグリルは、ともすればその大きさ故にイヤミな雰囲気になってしまいますが、そこは流石はホンダ。グリル全体を微妙な曲面で構成し、意図を持って明暗を付け、その大きさを感じさせない絶妙なデザインになっています。ここは正直驚かされました。フロントフェンダーの曲面や、リアフェンダーアーチの上の曲面なども、全体のバランスを壊す事無く、ダイナミックな仕上がりになっています。全体的にはかなり好感度は高いですね。我らがスバルのエクシーガもこれくらい尖っても良かったんじゃないかなと思いますよ、はい(ーー;) だから、言わんこっちゃない。

エクステリアが先進的なら、インテリアもかなり先進的。青と白を基調にしたメーターパネルは、ちょっと演出過剰かなとも思えましたが、この車の持つ性格を考えるとこれで正解なのかもしれません。メーターの読み取り易さは、そのレイアウト故にあまり良く有りませんが、ATで乗るなら速度メーター以外は演出とも考えられますから、ユーザーに未来感を感じさせた方が勝ちとホンダのデザインチームは考えたのかもしれません。ここは見事に成功していると感じられました。インテリア全体の品位も高くて好印象です。

試乗したのはグレードで言うとM、直列4気筒、2.4LモデルのFF。低速からしっかりと立ち上がるトルクは、とても乗りやすく過不足ない印象。「ホンダらしさ」と考えれば、ちょっと万人向けという感じでしょうか。エンジン音を聞いて楽しむとか、決して退屈はしないものの、面白いかと言ったら、ちょっと寂しい・・・そんな印象を受けました。最大7人の人間を運ぶ道具という割り切りに、ホンダ的に少しだけ遊び心を加えたと言った方がいいでしょうか。言うなれば、ホンダ車というより、ホンダ車くさいトヨタ車という印象。これも、ホットモデルのAbsoluteなら、もっと「ホンダらしさ」を感じられるのではと期待したい所です。足回りも幾分柔らかめでしたが、頼りない感じは受けませんでしたので、この辺りのさじ加減は、流石はよく解ってるなと関心。まあ、最近ではトヨタでもこの辺はきっちりやってきますから、これくらいでは及第点かもしれません。

しかしながら、流石といいつつも、突っ込みどころが無いわけでは有りません。7シーターとして作られている、オデッセイの3rdシートの居住性は、お尻を沈み込ませる事で、なんとか確保しているものの、乗降性を考えるとほぼエマージェンシーシートです。あと、見事な曲面で構成されているフロントのメッキグリルも、見事とは言いつつも長い目で見た場合、その巨大な面故に小傷が目立つ場所になりはしないかという心配もあります。
あとは最も心配なのは、薄めのホンダらしさ。見た目の「走り」を訴求した先進性はあるものの、ドライブする事の楽しさという点では、ちょっとばかり物足りなさは否めません。エンジンといい足回りといい、もうちょっとホンダらしい「通好み」を期待していたのですが。まあ、7シーターのミニバンを買うという購買層を考えれば、この辺りは大きな問題ではないのかもしれませんが。

総じて言うなら、エクステリア、インテリアのデザイン的な先進性はあるものの、ドライブする事に関して、見た目から感じられる「走りの楽しさ」を期待するとがっかりするモデルという所でしょうか。そんな薄味のホンダ車でした。

続きを読む "新型オデッセイに試乗しました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバルビジターセンター見学

先日、SNSのとあるコミュニティの主催のオフ会、富士重工のスバルビジターセンターと矢島工場の見学会に参加してきました。私は里が群馬県太田市ということもあって、その気になればビジターセンターは見学することもできた筈なんですが、先日まで一度も足を運んだ事がなくて、やっと悲願達成という感じです。そんなわけで、簡単に写真レポートを。

Svc01_3写真はオフ会参加のメンバーの車の「一部」。ビジターセンターの前で記念撮影です。当日は20台近くの車が集まりました。ええ、レガシィのセダンばかりです(^^)

Svc02工場内の写真撮影は禁止されており、写真はビジターセンター内。おなじみのシンメトリカルAWDの実物。考えてみれば、こうしたドライブトレーンだけを抜き出して、その特徴を訴求できるメーカーってスバルだけしょうね。壁紙のBOXER6のクランクシャフトとピストンがマニア心をくすぐります。

Svc03世界でここでしか見る事ができない、マニア垂涎の幻の名車、スバルP-1。至極当たり前のことですが、私も初めて実車を見ました(w) この車が量産されていたら、あるいは日本の自動車産業の歴史が大きく変わっていたかもしれません。たった20台しか試作されていません。現存するのはこの一台だけかもですね。

Svc04私の記憶が確かなら、前々回あたりのモーターショーで公開されたスバルR1eのプロトモデル。私はこのスタイリングが凄く好きで、R1が発売される時にこれをそのまま出して欲しかったと考えている一人です。もちろん、今のスバルR1も好きですが。

Svc05インプレッサWRC。2000年のラリー・グレートブリテンの出場車です。なんと、故リチャード・バーンズの車です(/_;)うるるるるる


Svc06これもこのビジターセンターだけでしか見られない、スバル アルシオーネSVXに搭載されている名機EG33エンジンのカットモデル。大変珍しいものです。

工場見学は思っていたより駆け足で終わりましたが、自分の愛車もあの生産ラインを通って来た事を思うと、感無量といった感じでした。

オフ会自体も、私にとっては5年ぶりくらいの参加になりましたが、なかなか楽しめました。お土産に買ったのはスバルのネックストラップとスバル360の名刺入れ。オフィスで使う事にします(w)

【トラックバック先】
スバルビジターセンター見学に (愛車との旅日記様)

続きを読む "スバルビジターセンター見学"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ランボルギーニ・エストーケ

今週、パリモーターショーでランボルギーニ・エストーケ(Lamborghini Estoque)コンセプトモデルが発表されましたね。

ランボルギーニ新型車、車名はエストーケ(carview)

いままで、イタリアン・スーパースポーツは、あまりの価格(w)に琴線に触れたモデルがなくて、話題にした事が無いのですし、ましてミッドエンジンではないフェラーリやらランボルギーニなんて、本来なら完全に眼中に無いのですが、なかなか美しいスタイリングなので思わず記事に(^^;)

いやー、それにしてもかなりイケてるスタイリングです。まだ、コンセプトモデルなので、荒削りな感じは受けますが、フロントセクションからリアセクションまで、殆ど破綻の無いスタイリングは、流石イタリアンという感じですね。まあ、ランボルギーニが作る4シータースポーツだから、こうなった言った方がいいのでしょう。同じ様に、ポルシェもパナメーラという4ドアモデルを開発中ですが、これは完全にランボルギーニに持っていかれた感じを受けますね。コンセプト自体が違っているので、BMW7シリーズなどとは、ちょっと比較はできませんが、かなりのインパクトはあるのではないでしょうか。

さてさて、どんなモデルに仕上がってくるのでしょうか。とても熱いモデルになりそうな予感がします。


続きを読む "ランボルギーニ・エストーケ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »