« 長野聖火リレーで起こっていたこと | トップページ | スバル・エクシーガの写真漏れ出る »

LEGACY OUTBACK 2.5XTを試乗しました

今日、部屋の片付けをしていたら、スバルのセールス氏から「アウトバックの2.5Lターボの試乗車が来ましたから、乗りに来ませんか?」というお誘いのお電話を頂きました。丁度、片付けも一段落していたので、いそいそとディーラーに出かけて試乗してきました。

スバル生誕50周年の特別限定2000台のLEGACY OUTBACK 2.5XTが搭載しているエンジンは2.5Lターボの「EJ25」。イギリス最大の自動車技術専門誌グループであるUKIP Media & Eventsの自動車雑誌部門が主催する『インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー2008』の“2.0~2.5リッター”部門賞で1位を獲得した名誉有るエンジン。どんなフィーリングなのかわくわくしながらスタート。SIドライブを「Iモード」で発進した瞬間に、リニアで豊かなトルク感を感じ、とても乗りやすいと直感しました。これはEJ20ターボというより、EZ30Rのトルクを太らせた様な絶妙なフィーリングです。しかも、最も「おしとやか」なIモードでこれですから、本当に驚きモノです。町中を走らせ、ちょっと広い道にでて、S#モードに切り替え、車に「ごめんなさい」と言いつつ全開。シフトアップするまで、しっかりとしたトルクが出続けるフィーリングは正に絶品です。いやはや、流石は『インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー2008』を受賞したエンジンだけの事は有ります。あまりの面白さに、試乗コースを二周させて頂いちゃいました(笑)

OUTBACK 2.5XTの足回りは、ターボモデルと言う事も有って、やや固めに締め上げられてますが、道路の段差をコツコツと越えていく程度ですので、言うまでもなく、固すぎず柔らかすぎずという絶妙なバランス。この足回りもスバルの「こだわり」を感じるチューニングですね。もし、レガシィのご購入を検討されている方がいらっしゃれば、このモデルは、一度は試乗してみる価値があるモデルだと断言できます。あ、限定2000台のレアモデルですから、急がないと売り切れますよ(爆笑) しかも、他のモデルでは味わう事の出来ないフィーリングを持ってるモデルですから「即買い」と言ってもいいでしょう。
ちなみに、近々発表を控えている、同じく限定生産車、ネジ抜けの「あのモデル」も、このエンジンを搭載し、更にパワーを叩きだしてくるとの事の様です。

今日は良い体験をさせて頂きました。セールス氏に感謝です。あ、ちなみに試乗車には「EyeSight」も搭載されていましたが、これは体験できませんでした。
(EyeSightの公道での体験試乗は危ないってば....(^^;)\(ーー#))



|

« 長野聖火リレーで起こっていたこと | トップページ | スバル・エクシーガの写真漏れ出る »

」カテゴリの記事

コメント

早いですね!レポートとしては一番早いんじゃないですか・・・

原油高で心配ですが、スバルの2.5ターボは絶対的な魅力があると思っていました(フォレスターのSTIで一応・・・)。

おっしゃる通り、500万円超のワゴンも控えていますね(^_^;)

ここであえて、インプレッサ20SのMT、FFで・・・

投稿: Tanac | 2008/05/10 19:50

Tanacさん
コメントをありがとうございます。
早く乗れたのでレポートも早かっただけってな感じですね(w)

2.5ターボは本当に良いエンジンです。まあ、ターボらしいドッカンが好きな方には向かないかもしれませんが・・・(w)

投稿: Algernon | 2008/05/11 09:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/41161020

この記事へのトラックバック一覧です: LEGACY OUTBACK 2.5XTを試乗しました:

« 長野聖火リレーで起こっていたこと | トップページ | スバル・エクシーガの写真漏れ出る »