« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

NISSAN GT-Rを見る

フォレスターだけをみて、エクストレイルやデュアリスを見ないのでは不公平だと思ったのと、いい天気なのに外に出ないと腐りそうだったので、NISSAN GT-Rを見てきました(あれ?)

私の出かけたディーラーでは、GT-Rの廻りに柵をおいて、遠巻きにしか見られない様になっていて、もちろんドライバーズシートにも座らせてもらえませんでした。客寄せパンダか、この車(w)

写真でしか見た事の無い、GT-Rの実車を目の前にしてみた第一印象は「デカイ」。アクの強いフロントフェイスも、横から見たシルエットも、とにかく大きさを感じるものでした。しかしながら、なんでしょうこの空しさは。大きなことは確かですし、性能もスゴイ事も事実なのでしょう。でも、実車のスタイリングを見てみると、非常に大味というか、色気がないというか、思っていた程の感動は無かったというのが正直なところです。迫力ならランエボXの方がありますし、色気ならインプレッサWRX STIの方が有る様な印象でした。言い換えれば、スカイラインの名前は外したものの、スカイラインGT-Rという呪縛で、その強力な性能を外にアピールするためのスタイリングができていないのでしょう。現行スカイラインクーペのデカイ版と言っても言い過ぎないくらいです。写真じゃ伝わらないスーパースポーツとしての強烈な迫力や、美しさを期待していただけに心底がっかりしました。まあ、そういうコンセプトのモデルなんでしょうね。スタイリング自体、無機質ですし。

あ、今日の本来の目的のエクストレイルとデュアリスですが、Blogのネタの為にだけにすら、試乗する気持ちにもなりませんでした....そりゃ、GT-Rを見た後じゃ、そんな気も萎えてしまいます(苦)

ちなみにデュアリスはスタイリングは面白いものの、居住性が今ひとつで、中肉・・もとい、メタボリ中背の私が乗り降りするたびにルーフに頭が当たるし、タイトと言えば聞こえはいいですけど狭い室内にがっかり。エクストレイルのスタイリングはあまりに普通過ぎて突っ込む気持ちにもなれなかったです。ちなみにエクストレイルの4WDの切り替えスイッチはシフトレバーの奥配置されていて、操作しづらいなぁと感じました。ちなみにデュアリスはシフトレバーの手前に有りましたね。まあ、スタイリングが気になる人は「キャッシュ買い」っと・・・・お後がよろしいようで。

【追記】
GT-Rでググってみたら、私と同じ様な事を感じている方がいらっしゃいました。参考までにご紹介しておきましょう。なんだ、私一人だけじゃなかったんだ。
元RX-7開発担当者が問う!GT-Rは本当にスーパーカーか?(日経トレンディネット)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

BWM 1 Series tii いよいよ発売?

私は、コンパクトでキビキビと走る車が好きで、BMW 1シリーズはお気に入りのモデルの一つになっています。特に好きなのは六気筒モデル。その中でも今回のクーペのBWM 1 Series tiiがとなれば、非常に熱い話です。

Is BWM 1 Series tii ready for production?(worldcarfans.com)

シルエットは、コンパクトクーペの王道をいく様な熱いもの。エンジンは135iのシルキー6にツインターボを乗せた306 bhp、18インチのアルミホイールを履かせ、キャリバーにはさりげなく「BMW Performance」のロゴ、リアガーニーと付いてるところなんかもツボにはまりまくりです。まあ、乗り出しにはそれなりの金額になりそうですが、とっても気になるモデルになっています、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「それさえも平凡な日々」を解析してみた

「お庭でいっぷく様」で紹介されていた「MyBoo」で、当blogを解析してみました。

080126

まあ、この手の解析ににしてはちと新しいと思いますが

株の事なんて書いてないから



どうやら、この解析、些か詰めが甘い様です(笑) まあ、感動の様子はアタリかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型フォレスター、試乗しました。

家にいると腐りそうだったので、ディーラーに行ってサンダーバード2号・・・もとい、新型フォレスター(SUBARU FORESTER)を試乗してきました(w)

まず、実物の前に立ってみると、なかなかの存在感です。フロントグリルの上に配置された六連星は、このモデルの存在感を実によく演出しています。で、このモデルの最も美しいと思った部分は、フェンダーアーチの上のアクセント。この部分は、このモデルの先進性を訴求しつつ、力強い印象を与えている部分だと感じました。全体的に奇をてらったりせずに、「オンロードを走るSUVらしさ」を演出しながら、素直にスタイリングされていると感じ、とても好感が持てました。かと思えば、テールランプのレンズ等などは小粋に工夫されており、押さえるところはしっかりと押さえられている印象でした。

室内の質感も・・・まあ、これはインプレッサと同じですが、しっかりと作り込まれており、素材をよく生かした作りになっていると感じました、特にプラチナセレクションと呼ばれる明るい内装は、とても開放感があり、この車と生活する時のイマジネーションが膨らみますね。いいセンスです。

さてさていよいよ試乗です。モデルは2.0XT、ターボチャージドボクサー4を搭載したホットモデルです。加速のフィーリングは、まるでターボを積んでいるとは思えないリニアな加速。低回転からしっかりとしたトルクが発生しており、まるで大排気量のNAエンジンのモデルに乗っている様な感触でした。町乗りでもギクシャクすることなく、必要なパワーを使えるのはとても嬉しいですね。それでいて、踏み込めば、拍子抜けするほど加速感は無いものの、あっと言う間に<自主規制>な速度に達してしまいます(w) ハンドリングは、流石に腰高になり、大きなボディとなっていますので、インプレッサ程の壮快感はないものの、ステアリングを切れば素直に曲がる所や、固すぎず、それでいて柔らか過ぎないしっかりとした足回りのフィーリングは 、流石はインプレッサ譲りというところでしょう。SUVである事をすっかり忘れてしまう様なこのハンドリングには正直驚かされました。

え、私にしては毒が無い? そうですね、敢えてケチをつけるとすれば、SUVである事と(マテ)、4ATで有るというところ、そしてジェットモグラが搭載されていない事(爆)  他の競合するSUVと乗り比べてみないと解りませんが、私の印象だとかなり扱い易いモデル仕上がっている事は間違いないでしょう。日産のXトレイルや、三菱のインサイダ・・・じゃなくて、アウトランダー等と乗り比べてみると面白いかもしれませんが、いちいちディーラーまで足を運ぶのが面倒なので、何かの機会が有ったら乗ってくる事にします。< こいつわ・・・(ーー;)

【やっぱり出た愚痴】
まったく、いつもながらSUBARU BLOG様のトラックバックを受け付けないのには困ったものです。

【トラックバック先】
NEW FORESTER 発表(SUBARU BLOG様)
Newフォレスター試乗(ラステの気ままな日記様)

【PR】
日々のガソリン料金が最大40円/Lお得になるカード!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

面白い企画ですね、六連星の申し子たち

SUBARU BLOG様で、発売50周年を記念して「六連星の申し子たち」という企画が始まりましたね。自称スバリストの私としては「待ってました!」という企画です。

スバルというメーカーは、レガシィ以前、その企業規模故に世の中に理解されにくいメーカーでした。友人たちは、私がスバルを買うというと「スバルにそんな金額を注ぎ込むなんて馬鹿だ」と口を揃えて言われたものです。でも、スバルと向き合ってみなくては絶対に解らない魅力が、当時のスバルからありました。そうした、モノ作りの哲学を公式BLOGで拝読できるなんて、こんな嬉しい企画はありません。どこまで彫り込んだ企画になるか解りませんが、あんなモデルやこんなモデルもぜひ取り上げてもらいたいと思います。とても期待しています。

【トラックバック先】
「六連星の申し子たち/第1回ラビットスクーター」(SUBARU BLOG様)
「六連星の申し子たち」に期待(お庭でいっぷく様)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

これは美しい! Mitsubishi Concept-RA

ちょっとアウディTTやR8のテイストもありますが、美しいラインのコンパクトクーペです。

Early look: Mitsubishi Concept-RA(leftlanenews)
Mitsubishi Concept-Ra Unveiled at Detroit(Worldcarfans.com)

200馬力のクリーンディーゼル、TC-SST、そしてAWDとくれば、記事にも有る通り、次世代のエクリプスのスタディモデルと考えていいでしょう。Concept Xの様に、出てみたら普通の車になってしまったとならない事を望みます。このモデルの市販までにはまだまだの様ですけど。

デトロイトオートショーでデビューです。諺にミツビシミテカラと有る様(違)に、最近の三菱は面白いですね。

お、このAston Martin DBR9もイカス(w)。反面、こっちのNissan GT-R GT500は、どこか珍走団の初日の出スペシャルの様です....なんでこうなっちゃうんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bajajが招く危機

インドのBajaj Autoがルノー、日産と提携し3000ドルの車を出すそうです。

Bajaj unveils its "people's car"(leftlanenew)

その昔、日本の高度成長期にも似たような話がありました。そう、国民車構想。スバル360を始めとした軽自動車の歴史の始まりですね。私の好きなスバル360は、車重360kg、価格を36万円という、まるでドラえもんのスペックの様な構想で、開発され庶民のモータリゼーションの先駆けとなった名車中の名車ですが、時が変われば事情も変わる、これとまったく同じと考えると少し危険な感じがしています。

まず、このBajajが狙う市場とはどこでしょうか。日産、ルノーが一枚噛んでいるという事だと、インド国内だけとは限りません。狙いはインド発の世界戦略でしょうね。そして、この3000ドルという価格。当然の事ながら、内燃機関のみでしょう。ハイブリッドやEVなどというシロモノではない、これは価格から見て取れます。つまり、このデタラメに安い車が、世界中のありとあらゆるところで走り始めるという事になりますね。それも膨大な台数が。この事があと69年で枯渇すると言われている石油の消費に拍車をかける事は火を見るより明らかです。もちろん、何らかの答えを用意している事を期待してはいますが、特に日産、ルノーに関してはこんな事は考えていない様に見えていますので。ちなみにタタ自動車も似た様な事を考えているようですね。

資本主義経済から見れば、大きな市場を狙う世界戦略車ですが、反面、まだ次世代エネルギーに関して明確な回答が出せないでいる自動車業界において、市場の死滅を加速させる車になるのではないかと危惧しています。誤解を招く事を覚悟で私の持論を書かせて頂けば、先進国の資本主義経済の考え方を、急激に発展しているこれらの国々にそのまま持ち込んでしまっては、全体論として、先進国自身の首を絞める事になると言う事に、そろそろ気づくべきではないかと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステッカー、やっと届く

SUBARU BLOG様への私信です。

本日、やっとステッカーが届きました。堪忍袋の緒が切れる寸前でしたよ。>SUBARU BLOG様

しかし、今回の一件で、個人情報がどのように管理されているのか、垣間見えた感じがしました。先ほどのTBで関係者の目には留まると思いますので、書き置きだけにしておきましょう。

送ったTBは削除願います。場を壊す事は本意ではありませんので。

【2008/1/11追記】
本日、スバルWEBコミュニティ事務局様から、直接、経緯の説明のお電話を頂きました。原因はヤマト運輸のメール便が配達記録が残っているのにも関わらず、配達されていなかった事(おい、ヤマト運輸はなにをやってる)。そして、こちらからの問い合わせの回答が、スパムメールと分類されて読む事ができなかったという二点でした。行き違いはありましたが、誠意ある対応をしてくださったスバルWEBコミュニティ事務局様に心からお礼申し上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジャガーがインド車に?!

昨日、一番驚いた記事がコレ。

---引用開始---
印タタ自動車と優先交渉 フォード、ジャガー売却で 2008.1.4 20:00

 米自動車大手フォード・モーターは3日、傘下の英高級車ブランド「ジャガー」と「ランドローバー」の売却について、インドの大手メーカー、タタ自動車と優先交渉する方針だと発表した。
 一部の報道では、売却額は20億ドル(約2200億円)前後になる見通しという。
 米投資会社など複数の買い手が関心を示していたが、フォードは「タタと詳細な交渉を進める」と正式に表明した。今後数週間で細部を詰める方針。(ニューヨーク 共同)
---引用終了---

世界情勢と噂に疎い私でさえ、インドのタタ財閥は知ってます。しかし、まさかここまで来ているとは思いもよりませんでした。インド自体のブランドイメージを改めないといけませんね。インドと英国の歴史から見ても複雑な感じですが、売却先が某国系の企業じゃなくてよかったです。

でも、ここからが大変。フォードがどこまで切り売りするのか分かりませんが、マツダ、ボルボもフォード傘下です。次の買い手はほぼ間違いなく、某国系企業でしょう。え? なんで某国系がいけないか? あ、私の個人的な感情として嫌いなだけですから(^^;)

こうして考えてみると、GM傘下からトヨタ傘下に移ったスバルは本当にラッキーだったと思えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バロック調スターウォーズキャラ

SNS内で見つけてきました(w)

とにかく必見です。

Star Wars, the baroque version(celebrity Blog)

・・・・うーむ、どうも緩すぎます。

もう、ルークなんか、ジェダイの騎士なんだか、バカボンなんだか、よくわからなくなってます(爆笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エンジンブロックが削りだされるまで

これは凄い。まさに科学技術万歳です。金属の塊がV8のエンジンブロックに削りだされる様は、正に圧倒です。

金属の塊がV8エンジンへと削り出されるものすごい機械 - 松浦機械製作所(digitaldj様)

日本国内で、こうした技術、または技能を、後世に伝えていくことの重要さを思い知らされる感じです。安いからと言って、某国に発注をかけるの様では、技術立国はあっという間に崩壊しますね。いや、崩壊はもう始まっていると言ってもいいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバルR1e、2009年出陣!

限定100台の様ですが、航続距離80Km、最高速度110キロのR1eを2009年に市場に投入するようです。

以下、元記事。

Fuji Heavy Industries to produce all-electric R1e in 2009(leftlanenews)

ガソリン価格の高止まりが見えない今、一刻も早いEVの投入は自動車業界の課題でしょうが、反面、大排気量化の流れが見えているのは、どこかチグハグな感じがしますね。3Lのモデルを持ってる私が書けることではないのですけど(苦笑) やっぱり、二極化していく方向なんでしょうか、

そういえば、レガシィのハイブリッドはその後どうなったんでしょうね。私はむしろ、水平対向ディーゼルエンジンの日本市場投入の方が現実的な感じがしていますが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

当Blogは現時刻をもって・・・

年末年始、強化モードを終了いたしました。

訳の分からないネタに快くご参加頂いた皆様に、心から御礼申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます

昨年は、個人的な事情があってなかなか更新できませんでしたが、今年も同じようなペースになると思われ(ダメじゃん)

そんな訳で、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »