« 原油価格高騰、今こそ減税を! | トップページ | 75分の1の確率で来年1月に火星に隕石が衝突 »

ついに来た、BMW X6

またまた、ちょっと出遅れた感じがありますが、ついにBMW X6の2009年の生産モデルの詳細が発表になったようです。

Production 2009 BMW X6 revealed(eftlanenews)

いやはや、記事中にも有ります通り、いままでこんなスタイリングのSUVは見たことがありません。流れるようなクーペスタイル。乗車人数を割り切ることで、全く新しいSUVの提案となっています。MAZDA CX-7でも割り切れなかったところを、気持ちがいいほどにしっかりとやってます。これはX5というモデルがあるからこその余裕なんでしょうか。ダイナミックに張り出したブリスターフェンダーの上を真っ直ぐに突き抜け、テールレンズ上ですっと消えるキャラクターラインは、私がみるこのモデルの最も印象的な部分です。そして、全体的なソリッド感。なんともいえない熱い物を感じます。これは間違いなく、現存するSUVの中で最も美しいモデルの一台と言っても過言ではないでしょう。アメリカうけしそうなモデルですね。いや、日本でもかなり売れるのではないでしょうか。SUVというコンセプトの車の可能性を切り開くモデルですね。

さてさて、SUVと言えば、我らがスバルのフォレスターですが、先週末、既にカタログを見て来てます。基本的にはキープコンセプトながらも、近年の流行を取り入れた美しいモデルになっていました。もう少しトライベッカ風になってるかなとも思ったのですが、デザインコンセプトは新型インプレッサのそれに近い物になっていますね。ベースモデルがインプレッサだけに、その乗り味はおそらく国産の他のSUVの追随を許さないものに仕上がっているのではと期待しています。

|

« 原油価格高騰、今こそ減税を! | トップページ | 75分の1の確率で来年1月に火星に隕石が衝突 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/17441417

この記事へのトラックバック一覧です: ついに来た、BMW X6:

« 原油価格高騰、今こそ減税を! | トップページ | 75分の1の確率で来年1月に火星に隕石が衝突 »