« ランサーエボリューションXを試乗する | トップページ | 新型フォレスター »

新型インプレッサ WRX STIを試乗する

ことわざに「ミツビシミテカラ」と有る様に(違)、ランエボXを見た足で新型スバル インプレッサ WRX STI(SUBARU IMPREZA WRX STI)を試乗してきました。三文自動車雑誌風に書くと「イッキ乗り」です(爆)

さてさて、このスタイリング。完全な確信犯ですね。私が文句をタレた所の9割方は直ってます。その徹底ぶりは、フロントの六連星から左右に伸びた鎧兜の角の様なウイング、リアガーニッシュの六連星の部分まで、しっかりと手が入ってます。目の前でこのモデルをじっくり見ると、セダンではなく5ドアハッチとしてリリースした本当の意味を全身で主張している様に感じる事ができました。同じ事をしていては進歩が無い。そしてラリーに勝つ為に、ベースモデルとして何が出来るのかという回答がしっかりと用意された様な感覚です。正に「やってくれた感」一杯です。

さてさて、いよいよ試乗です。ご免なさいと車に謝ってから、6MTを1速に入れ加速。2速に入れ加速・・・拍子抜けする程、加速感が有りません。でもスピードメーターを見てみると・・・まるで魔法の様です(爆) このスタビリティの高さは完全に異次元。ランサーエボリューションXの加速感とは対照的です。そして、ステアリングを切って曲がったときの驚き。サンデードライバーである私の「決死のコーナーリング」を涼しい顔をしてすんなりこなしてしまいます。このモデルの懐の深さは本当に異次元です。全てが走る為にインテグレートされている印象。A型でこの性能ですから、毎年のマイナーチェンジでどのように進化して行くのか、この辺りを考えてみると、最新モデルは最高のインプレッサであると言えるでしょう。

まとめるなら、万人ウケを狙ったのがランサーエボリューションXなら、玄人を唸らせる性能に磨き上げられてきたのが、この新型のインプレッサWRX STiです。一見、同じコンセプトに思えて、違うコンセプトで作られているモデルであることが実感できました。

愛車のタイヤが寿命なので、いっそ車を買い替えるという理屈は・・・・・妻には通らないでしょうね(爆) 「いいオヤヂ」になってから、年甲斐も無く買うというのも渋いかもしれません(笑)

【トラックバック先】
次期インプレッサ STIと新型インプレッサ S-GT(ゴルフⅤ GTI モディファイ日記様)
インプWRX STI(P-ROOM みんカラ版!!)
インプレッサWRX STI オーナー&試乗レポート(SUBARU BLOG様)

【PR】
日々のガソリン料金が最大40円/Lお得になるカード!

|

« ランサーエボリューションXを試乗する | トップページ | 新型フォレスター »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/17170685

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インプレッサ WRX STIを試乗する:

« ランサーエボリューションXを試乗する | トップページ | 新型フォレスター »