« そして普通の車になる、トライベッカ | トップページ | エンリコ・フミア、なるほど »

これはデザインとは言えない

自称、日本で最もスバルを生暖かく見守る私が来ましたよ。

新型インプレッサ(Impreza)の既に発表から数日、ネット上の評判を見てみると、殆どがネガティブ。NASIOC(北米スバルインプレッサオーナーズクラブ)でも、かなり叩かれてます。まあ、それはそうでしょうね。このスタイリングでは。

2008 Subaru Impreza unveiled(leftlanenews.com)
注目モデルの1台、インプレッサ写真公開(DrivingFuture)

まず、私の感想の前に、一つだけこのモデルの位置づけを思い出してみましょう。もともと、インプレッサは軽自動車と、レガシィの間を埋めるコンパクトモデルだということが前提。価格もそれなりに押さえなければならないでしょうし、1.5L Boxer4搭載のエントリーモデルも用意しなくてはならない。つまり、価格も大きさも、スタイリングも、尖った部分はあまり重要ではないというのが前提にあると思います。多くの人に受け入れられやすいスタイリングとクオリティ、これがインプレッサのスタイリングの大前提。WRXはこの中で、スバルの走りのイメージを強く訴求する為の「特別なモデル」です。まずは、ここは理解しておかないといけません。

既に、当Blogでもテスト走行時のミイラ状態から、このモデルを追いかけてましたが、包帯が取れた新型を見た時の第一印象は完全に「想定内」。つまり、飛び感が全く無い。これは今現在のマーケットに合わせたスタイリングであり、1年先、2年先を見据えた物ではないという事が、ハッキリ解りました。そして、ポリシーは有るのかと言う様な、どこかで見た様なアイコンが散りばめられ、デザイン専門学校の卒業制作の様なモノに見えます。フロントグリル、サイドのキャラクターライン、リアコンビ。どれをとってもどこかで見た様なモノばかり。それがモデル全体として美しく纏められている言ったらお世辞にもそんな印象はありません。まるで韓○や中○のメーカーの劣化コピーモデルを見る様な、モノ悲しさを感じます。そうですね、スバリストの欲目を入れて見たところでも、唯一、5ドアのサイドから見たシルエットに面白みを感じる程度です。まあ、これでスバルのデザイン部門には、しっかりとしたチーフデザイナーが居ない事がハッキリ解った感じですね。私がデザインしてもこうはなりませんので。という訳で、これはデザインとは呼べません。単なる寄せ集めです。

迷走を続けるフロントグリルのアイデンティティも、更にダメになったトライベッカや、D型レガシィのデザインを踏襲したものですが、本当にこんな安直でチープなアイデンティティでいいんでしょうか? もう一回、シッカリ詰めた方が良いですよ。まだ間に合ううちに(w) グリルだけでやろうとするから安直に見える訳で、フロントフェイス全体として、アイデンティティを決めれば、こんな事にはならない筈です。あ、これはスプレッドウインググリルの時に失敗してますから、守りに入ったのでしょうか?
・・・というわけで、このモデルのチーフデザイナーは、国内発表の時に私に揚げ足を取られない様に、今からきちんと言い訳を考えておく様に(爆) < 偉そうに言うなよ...orz

まあ、考えてみれば、インプレッサのスタイリングに関しては、先代の迷走ぶりを見ると既に伝統化しているところもありますし、それに加えて、スバルはアイデンティティの試行錯誤を続けている状態の中ですから、裏の事情は解らなくもないですけどね...orz

さてと、今回の発表のモデルのオーナメントを見るとWRXになってますが、これを見るとSTiはまだ・・・という様にも取れますね。現行モデルでは、スポーツワゴンは言うまでもなくナローボディですし、セダンもマイナーチェンジでナローボディが追加になってる位ですから、これが主流であることは間違いないでしょう。つまり、二代目インプレッサのナローボディにターボエンジンを乗せている様な印象があると言う事です。

じゃあ、STiはどんなモデルになるのか? そもそも、STiは、「BMWのMを目指す」と言っていましたから、もしかしたら、STi用の別のスタイリングが用意されているのかもしれません。とすれば、かなり強烈な個性を持たせて投入する事もあり得るでしょう。何がスペシャルで何が主流なのかが、大混乱している現行インプレッサのラインナップを、STiのところで切るというなら、これはこれで正しい選択かも知れしれません。これでダメなら、もうスバルに本当のデザインを期待してはいけない、そんな気すらします。

STiがいつ、どのようなカタチでリリースされるのかは知りませんが、そこで全てが決まる・・・かもしれません。というか、前向きに、でも生暖かく見守る事にします(w)

・・・あと、このモデルがスバルで有りがちの「写真写りが悪い車」である事も多いに期待しています(爆)

【蛇足】
ホットモデルに求められる洗練とはこういう事でしょう。少しは見習って欲しいものです。ちなみに「真似ろ」という意味じゃないんでご注意を...orz

【トラックバック先】
ニューヨーク・オートショー開幕(スバルレガシィオフィシャルブログ様)

|

« そして普通の車になる、トライベッカ | トップページ | エンリコ・フミア、なるほど »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、お邪魔させていただきます。
個人的嗜好を抜きにして新型のスタイリングについて鑑みると、わたしも概ねAlgernonさまの仰ることに同意いたします。ただ、これも仰っていますがHBのサイドから見たシルエットはやや印象的ですし、同じくHBをある角度から俯瞰してみた画像はなかなか綺麗だと思いました。新型インプレッサのデザイン面におけるポテンシャルはけっして低くはないと思う、思いたいのです。それだけに、これは未だリファインの途中で強行投入されてしまったのではと邪推したくなるもどかしさが募ります。まぁ、古い話ですけどBC・BF型レガシィはアウトバーンのゆるやかな超高速カーブを走るとき格好よく見えるように線を引いたなどと意匠課の方が言ってましたし、走っている姿はまた少し違って見えるのかもしれません。と言いつつBC・BF型はそのままでも充分に存在感があるのですが。
セダンの方は…米国ローカルのマーケティングに絞るとこういう形になるんですね。ゴルフバッグが3個も入って実質本位の一般的アメリカンには丁度いいのでしょう。テールランプの妙なラインがあからさまに浮いていて、わたしとしてはそれこそアクシオを彷彿とさせますが、こっちは所詮おまけですから、あまり考えすぎないようにしました。

投稿: NiGHTS  | 2007/04/13 22:18

NiGHTSさん
私の稚拙な記事にコメントを頂き、ありがとうございます。
プロダクトデザインの難しい所は、飛び感と市場のニーズをどの辺りで折り合いをつけるのかと言う所だと思います。新型インプレッサを見ると、スバルの販売不振の窮状を思い知らされる感じがしてならないんですね。つまり「今、売る事」を前提に個々がデザインされている感じです。まあ、トヨタの様に半年で一台でっち上げる様な事ができないですから、ターゲットを今とするとこの答えも有りかと。ここは理解しておく必要はありそうですね。
ただ、シルエット自体は先進性を感じますので、今後の展開によっては大化けする可能性もなきにしもあらずです。カローラほど無個性ではない、ここがこのモデルの見所かと思います。

グリルのアインデンティティに関しては、もう一ひねりしないとマツダに間違われますので、私は再考は必須と考えますけどね。それと、ガ○ダムを彷彿とさせるリアコンビの稚拙な印象も、このモデルの品格を崩している様に思えてます。他の部分と違う印象を感じてますので。

まあ、あとは実際のモデルを見てどう感じるかという所でしょう(^_-)

投稿: Algernon | 2007/04/15 09:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/14589310

この記事へのトラックバック一覧です: これはデザインとは言えない:

« そして普通の車になる、トライベッカ | トップページ | エンリコ・フミア、なるほど »