« 矛盾が走る、ホンダF1-2007 | トップページ | Alfa Romeo SUV »

日本車が完全制覇?!

詳しい情報は掴めないのですが、これは凄い事です・・・

日本車が完全制覇…コンシューマーレポート(レスポンス)

・・・と、手放しで喜ぶほど、私は単純じゃありませんぜ。

突っ込みどころは、ここでランキングされているホンダ車に関してですが、アコードはこの記事の写真でもあるとおりUSアコード。アキュラTL、リッジラインは北米専用車の様です。つまり、北米でのマーケティングにより商品企画された車ですね。よく見ると、オデッセイも日本国内とは違うモデルです。これを日本車と括ってしまうのは少し強引ではないかと。

そして、もう一つ。ブランドのの信頼性調査。レクサス=トヨタ=サイオン、または、ホンダ=アキュラとなってないところが実に面白いです。全く別のブランドとして認知されているのでしょう。
北米でのレクサスブランドの成功は言うまでも無いとして、レクサスとトヨタの間にホンダが割って入ってるところを見ると、アキュラはホンダの思い通りになっていないところが伺われます。そして、インフィニティはワースト2位にランキングされてる様では、お世辞にも成功しているとは言えない感じです。・・・ところで、本家の「日産」はどこに行ったのでしょうね...orz

そして極めつけは、「全体に日本、韓国といったアジアメーカーの信頼性は高く、ユーロピアンメーカーの凋落が目立つ結果」という一文。・・・はぁ、韓国ですか? どこに出てるの?

北米での消費者のマインドが、どの様に動いているのかは想像の域を出ませんが、多かれ少なかれ「価格」に見合っているか、または、価格は安いかと言ったところが、この結果に影響していることは想像に難しくありません。欧州車の価格と北米での日本車の価格差がどの程度あるのか面倒なので調べませんが、このアタリにも要因が有りそうです。ヒュンダイの日本での戦略が「低価格」ですから、多分、似たような感じなのでしょう。

一見、日本車が上位独占というと凄い様に思えますが、結果を冷静に見てみると、どこか恣意的に情報が操作されている様に感じてしまうのは、私がひねくれているからでしょうね、確実に...orz

それにつけても気の毒なのは、ホンダファンの皆様です。
「本国では箱しか売ってない」のに、北米や欧州では往年の「ホンダイズム」を感じさせる熱いモデルが健在。国内のラインアップも、マーケティングの結果によるものだと言うのは理解できますが、その結果、あの「熱いホンダが手の届かないところに行ってしまった」感じは、実に歯がゆいところでしょう。

|

« 矛盾が走る、ホンダF1-2007 | トップページ | Alfa Romeo SUV »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/14102666

この記事へのトラックバック一覧です: 日本車が完全制覇?!:

« 矛盾が走る、ホンダF1-2007 | トップページ | Alfa Romeo SUV »