« B9 TRIBECAに遭遇 | トップページ | 矛盾が走る、ホンダF1-2007 »

伝わらないデザイン

以前の記事でも書かせて頂いてましたが、V36スカイラインのセンターパネルのテクスチャについて、記事が書かれてましたのでトラックバックを。

スタイリングは、未だに好きになれない灰汁の強いV36スカイラインの中で、好感度が高かったのはエンジンの咆哮、そしてシックな内装。でも、その中で唯一、雰囲気を壊してしまっていたのが、このセンターパネル。私は腐食したアルミに見えてましたが、記事によると「和紙のテクスチャ」を表現したものだったらしいです。でも、何故でそこで「和紙」なのか(笑) 私はこのデザイナーのマインドは全く理解できません。 素材にはその素材を生かしたデザインがあります。それが定番であっても、それを踏襲する事で、デザイン全体のテイストを引き締める、または引き立てる事が出来る。こうしたプロダクトデザインの重要な点は「調和」であり、「一部分の主張」では有りません。そこが、どうやら生で出てしまったらしく、これが実際にモノを見た時に、最も違和感のある部分として受け取れてしまったのでしょう...少なくとも私の目には。

伝わらないデザイン。特にプロダクトデザインで、いちいち説明しないといけない様なデザインは、デザインではありません。和のオモテナシ? どこかで強烈に聞いたコピーですが、私は「スカイラインに求められている物」は少し違う様に思えてます。コピーは「走りのときめき」でしたよね、たしか(w)

激辛の記事ですが、私が感じた事です。

|

« B9 TRIBECAに遭遇 | トップページ | 矛盾が走る、ホンダF1-2007 »

」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/14053622

この記事へのトラックバック一覧です: 伝わらないデザイン:

« B9 TRIBECAに遭遇 | トップページ | 矛盾が走る、ホンダF1-2007 »