« さて、解らなくなって来たゾ...orz | トップページ | サービスキャンペーンとリコールの違い »

新型デミオ、これは来る!

最近のマツダは本当に目が離せません。

「流」や「流雅」に「葉風」等、本当に凄い勢いで積極的にコンセプトモデルをたてつづけに発表し、そしてそのコンセプトモデルは、確実に実車に向けて完成度を増してきている印象。そして、そんな勢いの中、いよいよ次期デミオ(MAZDA 2)がジュネーブモーターショーで発表されるようです。

ジュネーブショー2007 プレビュー マツダ 2(DrivingFuture)

一見してRX-8、CX-7に共通するラインをコンパクトに展開したこのモデルの第一印象は「COOL」。そして、フロントからリアにかけてダイナミックに流れていく面は、既に発表されているコンセプトの特徴を上手く踏襲している感じです。恐らく、走りを前面に押し出したコンパクトモデルとして発表される事になるでしょう。横顔から想像するフロントマスクもかなりイケてそうな雰囲気です。次の世代のマツダのモデルを予感させる新しい提案がこめられている事は、ほぼ確定と言ってもいいでしょう。

走りのイメージを前面に押し出したマツダの戦略は、団塊の世代に媚びた「一過性のときめき」とは違い、ほぼ確実に浸透したと言ってもいいのではないでしょうか。いいエンジンを作っても、載せる車体が「箱しか無い」メーカーも、完全にお株を取られてますね。だれかに媚びる事ではなく、メーカー自身の主張がストレートに伝わってくるモノづくりはとても解りやすいですし、好感度も高いです。

お世辞抜きで「早く実車を見てみたい」と感じさせるモデルです。

|

« さて、解らなくなって来たゾ...orz | トップページ | サービスキャンペーンとリコールの違い »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/13993078

この記事へのトラックバック一覧です: 新型デミオ、これは来る!:

« さて、解らなくなって来たゾ...orz | トップページ | サービスキャンペーンとリコールの違い »