« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

矛盾が走る、ホンダF1-2007

故本田宗一郎氏の言葉「子供達に青空を」はとても心に響く言葉です。今となっては本当に避けて通れない時代。っというか、いまや「子供達に普通の気候を」とか「子供達に減税を」と言ったほうがいいご時世かもしれませんが...orz

とまあ、環境の変化、社会の変化によって青空どころの騒ぎではなくってる昨今、ホンダがついにやっちゃいました(w)

Honda Racing F1 Team、環境をテーマにした新コンセプトを発表(HONDA)

私はF1は詳しくありませんが、新しい技術が投入されている事は想像できますし、また、それが量産車の開発に応用される事も信用したい所ですが、この、フォーミュラー1というレースの根底を否定している様にも見えるカラーリングのコンセプトはいかがなものかと(ーー;) そうですね、まるで何かのブラックジョークを見ている様な感覚です。そんなに環境に訴求したいなら、いっそ「撤退しちまえ!」と言いたいところでございます(爆)

で、このスポンサー企業に「マシン及びロゴの使用をライセンス化する」というビジネスモデルも、そもそもこんなイケてないカラーリングのマシンで、マーケティング効果があると考えること自体、どこかハズシてる様に思えます・・・「勝てれば官軍」かもしれませんが(W) でも環境問題に熱心なEUなら、これでも訴求力はあるのかもしれませんが、それにしても車が「F1」では、どこか「ポーズ」に近い様に見えてなりません。

この企画を真面目に考えるなら、マシン開発時からシリーズを通して、ガソリンの使用量や、使用したタイヤの本数、そして排出した二酸化炭素量なども開示してくれないと、全く説得力がありません。ホンダさんには、最低でも是非、各ラウンドごとの環境評価の結果を開示して頂きたいものです(w)

お世話になってる「お庭でいっぷく様」で知った、メルセデス・ベンツの10万キロ速度記録更新や、まだ記憶に新しいアウディの2006年のル・マン24時間での大活躍の方が、遥かに意義がある事に思えるのは、私が曲がった性格をしているからでしょうね・・・きっと(w)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝わらないデザイン

以前の記事でも書かせて頂いてましたが、V36スカイラインのセンターパネルのテクスチャについて、記事が書かれてましたのでトラックバックを。

スタイリングは、未だに好きになれない灰汁の強いV36スカイラインの中で、好感度が高かったのはエンジンの咆哮、そしてシックな内装。でも、その中で唯一、雰囲気を壊してしまっていたのが、このセンターパネル。私は腐食したアルミに見えてましたが、記事によると「和紙のテクスチャ」を表現したものだったらしいです。でも、何故でそこで「和紙」なのか(笑) 私はこのデザイナーのマインドは全く理解できません。 素材にはその素材を生かしたデザインがあります。それが定番であっても、それを踏襲する事で、デザイン全体のテイストを引き締める、または引き立てる事が出来る。こうしたプロダクトデザインの重要な点は「調和」であり、「一部分の主張」では有りません。そこが、どうやら生で出てしまったらしく、これが実際にモノを見た時に、最も違和感のある部分として受け取れてしまったのでしょう...少なくとも私の目には。

伝わらないデザイン。特にプロダクトデザインで、いちいち説明しないといけない様なデザインは、デザインではありません。和のオモテナシ? どこかで強烈に聞いたコピーですが、私は「スカイラインに求められている物」は少し違う様に思えてます。コピーは「走りのときめき」でしたよね、たしか(w)

激辛の記事ですが、私が感じた事です。

| | トラックバック (0)

B9 TRIBECAに遭遇

先日、あまりに天気がよかったので、フラリとドライブに出かけました。まあ、これはドライバーの義務でもありますので、自分の前後や対向車に注意しているのは当然の事なのですが、対向車に一段と異彩を放つ車を発見。その瞬間、ドライバーの義務をすっかり忘れ、魅入ってしまいました。

SUBARU B9 TRIBECA(B9 トライベッカ)

聖地、群馬県太田市で遭遇するならまだしも、こんな、住むだけでもスバリストの誇りにキズが付く様な打ち捨てられた腐った街で、こんな希少車に出会える事など考えてもいなかっただけに、なんというか感無量という感じでした。慌てて、サイドブレーキを握ってスピンターンをカマして追いかけようかと思いましたが、愛機の3.0RはVDC付きで有る事、それ以前に腕も無いことから諦めました(w)。色は黒、またはワインレッドだった様です。グリルのルーパーが目立っていましたから、初期のモデルでしょう。

しかし、思っていた以上に異彩を放っており、かなりの存在感。というか、これはスバリストの欲目は入ってます(w)  でも、かの楔形アルシオーネが、カリフォルニアが最も似合う地であった様に、日本の風景の中では、少し勿体ないかなと感じてしまいました。きっとどこかの誇り高いスバリストが輸入されたのでしょうね。勿論、メンテナンスは、正規ディーラーでも受ける事はできませんので、ユーザーさんのご苦労も伺われますが、末永く付き合って頂きたいものです(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サービスキャンペーンとリコールの違い

ユーザーにとっては、全く同じに見えるんですが(ーー;)

富士重工が2車種リコール(NIKKEI NET)
レガシィで、エンジンが始動できないおそれ(carview)

インプレッサ、フォレスター、そしてレガシィのトラブル情報。私は以前から主張してますが、もう、こういう「言葉遊び」は止めにしませんか? ユーザーにとっては、どちらもトラブルです。

メーカーとして、胸を張って対処してもらった方が、信頼感が全然違って来ると思うのですが、如何でしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新型デミオ、これは来る!

最近のマツダは本当に目が離せません。

「流」や「流雅」に「葉風」等、本当に凄い勢いで積極的にコンセプトモデルをたてつづけに発表し、そしてそのコンセプトモデルは、確実に実車に向けて完成度を増してきている印象。そして、そんな勢いの中、いよいよ次期デミオ(MAZDA 2)がジュネーブモーターショーで発表されるようです。

ジュネーブショー2007 プレビュー マツダ 2(DrivingFuture)

一見してRX-8、CX-7に共通するラインをコンパクトに展開したこのモデルの第一印象は「COOL」。そして、フロントからリアにかけてダイナミックに流れていく面は、既に発表されているコンセプトの特徴を上手く踏襲している感じです。恐らく、走りを前面に押し出したコンパクトモデルとして発表される事になるでしょう。横顔から想像するフロントマスクもかなりイケてそうな雰囲気です。次の世代のマツダのモデルを予感させる新しい提案がこめられている事は、ほぼ確定と言ってもいいでしょう。

走りのイメージを前面に押し出したマツダの戦略は、団塊の世代に媚びた「一過性のときめき」とは違い、ほぼ確実に浸透したと言ってもいいのではないでしょうか。いいエンジンを作っても、載せる車体が「箱しか無い」メーカーも、完全にお株を取られてますね。だれかに媚びる事ではなく、メーカー自身の主張がストレートに伝わってくるモノづくりはとても解りやすいですし、好感度も高いです。

お世辞抜きで「早く実車を見てみたい」と感じさせるモデルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて、解らなくなって来たゾ...orz

スバルレガシィオフシャルブログへのトラックバック用記事です。

いつまでも、このネタを引きずるつもりは有りませんが、スバルレガシィオフシャルブログでステラの記事を読んでみた感想。方針決定後の最初の記事ですから、敢えて書かせて頂きます。
同じ様な事が、インプレッサやフォレスター、R1、R2、サンバーなんかで起る事を想像してみましょう。

「極めて珍妙」

いつから「ステラはレガシィのラインナップの一部になったんですか?」と感じてしまった私。

Blogにしても、Webにしても解りづらいのはマズイ、ヒジョーにマズイ。
ステラのBlogが思った程当たらくて、結果的にここに間借りという現実を考えると、正に「レガシィ・シンドローム」と感じてしまうのは、私だけでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミニバン乗りは、DQNの集まりか?

いやはや、こんなマインドが有るとは・・・orz。

今までより車線を譲ってもらえそう!? ホンダ エリシオン プレステージ(DRIVING FUTURE)

まあ、「箱屋」の車のヨイショ記事ですが、このタイトルは如何なものかと。まるで、ミニバンを所有している方々全員が、その車の大きさにモノを言わせて、ブイブイ言わせている様に取れる頭の悪い記事です...orz タイトルをつけるにしても、もっと言い方があるでしょうに。

確かに法定+ちょいワル速度で、高速道路を走っていても、制動距離を全く考えないでピッタリ付いてくるのは、ドイツの高級車と、SUVかミニバンが多い印象は持っていましたが・・・(w)

どっちにしても、むむうな記事です・・・やれやれ(ーー;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

玉虫色の決定、LEGACY BLOG

スバルレガシィオフシャルブログへのトラックバック用記事です。日本で最も生暖かくスバルを見ている自称スバリストの私が来ましたよ。 

ぶっちゃけ言ってしまえば、開設から今まで、認知されて来た「LEGACY BLOG」という「幻想のブランド」を守る為の決定にしか見えません。結局「レガシィ・シンドローム」から脱却できないのは、物作りの現場じゃなくて、商品企画や宣伝、販売推進、そういった事務方部門だったのじゃないでしょうか?

この事で、次期インプレッサ等の新型車のネットマーケティングの道を、自ら閉ざしてしまったと言わざるを得ません。正に玉虫色の決定、そして長い目で見た場合、失う物は多いでしょう。折角、日本国内で業界初と言えるサイトの構築が出来るチャンスだったのに、勿体ない事です。そして、不快な事に、この決定では、別の性格を持つモデルであるIMPREZAやFORESTERが、LEGACYの「下位モデル」と思える様な扱いに感じられます。やり方はいろいろある筈なのに、なぜ気がつかないのでしょう? とても残念な決定です。今年、発表が噂されている次期インプレッサのWeb上での訴求方法はどうするんでしょうかね? 頭の上にLEGACYを掲げていては、上手く行かないのではないでしょうか?

そして、スバルのWEB SITEのリニューアル。現在のコンテンツは、入り口は解りづらい、SEOとしても失格、運営は臭い物にはフタ。そして、なんと言っても、ブラウザ依存のコンテンツが存在する事自体、今ではあまり常識的では有りません。メルセデスやBMWのサイトの「ブランディング」や「アクセシビリティ」を良く研究した方が良い様に思えます。いい加減、稚拙なサイトは止めた方がいいと(ーー;)

今回は、敢えてキツい事を書かせて頂きましたが、社内の素人だけや、全くリテラシーの無いお偉方の鶴の一声で決めてませんか? Webの制作委託をしている会社にまんまと乗せられてませんか? 私はこの部分だけが心配でなりません。

【蛇足】
そうそう、書き忘れましたが、BlogのタグがRSSリーダーで読んでると丸見えです。何か設定を間違えてませんか? 以前はこんな事は無かったのですけど(^^;)

【トラックバック先】
LEGACY BLOG(スバルレガシィオフシャルブログ様)
『SUBARU BLOG』じゃないんですね(お庭でいっぷく様)
LEGACY BLOG: LEGACY BLOG ?(Notes Inegales様)
LEGACY BLOGで一件落着?(老麗理庵日記様)

そして、@niftyは相変わらず、トラックバックを受け付けないと。最近、異常にTBスパムが多いのが原因か?

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »