« ホワイトカラーエグゼンプション | トップページ | 遅れて「硫黄島からの手紙」を見る »

不二家、学べない悲しさ

近年になって、食の安全について様々な事件や実態を、嫌でも耳にしてしまっているが、こいつら「真性の馬鹿」だ。虚偽表示どころではなく、企業責任、またはブランドという視点に立って見ればまさしく詐欺と言っても過言ではない。

雪印が「逝き印」となって、ブランドが木っ端微塵に吹っ飛んだのは、今から僅か約5年前。雪印乳業の事件から、何も学べず、自らを律することができなかった「不二家」は「不治屋」と改名したほうがいいかもしれない。ぺロッと舌を出しているペコちゃんが、この事件から消費者を馬鹿にしている様に見えるのは私だけではないだろう(ーー#)

私は団塊の世代を「軽蔑」しているので書いてしまうが、この前後の世代が企業の経営に参加し始めた頃から、企業モラル低下や不祥事が後を絶たない様に思えてならない。隠蔽体質、無責任はこの世代の特色だ。

|

« ホワイトカラーエグゼンプション | トップページ | 遅れて「硫黄島からの手紙」を見る »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/13539295

この記事へのトラックバック一覧です: 不二家、学べない悲しさ:

« ホワイトカラーエグゼンプション | トップページ | 遅れて「硫黄島からの手紙」を見る »