« VQ35HRの感性性能は? | トップページ | アルファロメオの事情 »

冥界の王、闇に帰る

冥界の王の名を持つ星は、本来居るべき闇に戻り、名実共に「冥王」になったと言う事ですね。
こんな風に考えてみると、とてもドラマチックな決定の様に思えます。

しかし、話はここでは終わりません。冥王星が惑星でなくなってしまった事で、肩身が狭くなってしまったのは、2015年夏に「冥王星」に到着する予定の無人探査機「New Horizons」(ニューホライゾンズ)です。惑星探査機から小惑星探査機に格下げです...科学的な価値や意義は変わりませんけど(w)

これから深い宇宙探査の技術が発達して、冥王星軌道より更に外に、太陽の伴星ともいうべき大質量の惑星が発見されたら、更に熱い展開になりますね。名前はもちろん「魔王星」、公転周期は666年、反物質です(w) <オイ(^^;)

【トラックバック先】
水金地火木どってんかい?(お庭でいっぷく様)

|

« VQ35HRの感性性能は? | トップページ | アルファロメオの事情 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

惑星の名前って面白いですよね。もし惑星が増えたら、セレスやカロンといった星にどんな日本語の名前が付くかも楽しみにしてたんです...。
トラックバック送らせていただきますね。

投稿: ぶらっと | 2006/08/26 00:06

他にも智王星、神無月星、雷王星なんてのも有ります(爆笑)

まだまだ沢山謎が残ってますので、冥王星が惑星ではないと言われた所で、ロマンが無くなった訳じゃないですし、冥王星自体はそれでも回ってる訳で(w)

しかし、ミヤザキハヤオとかハンシンタイガースなんて「ふざけた名前」を付けられた小惑星が有る事自体、小生としては許せないです(w)

さて、1000年後、これらの名前の由来がマジメに伝わるのでのでしょうかねぇ。冥王星うんぬんを言う前に、こっちの方が問題かと...orz

投稿: Algernon | 2006/08/26 18:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/11592143

この記事へのトラックバック一覧です: 冥界の王、闇に帰る:

» 水金地火木どってんかい? [お庭でいっぷく]
太陽系の惑星が9個から12個に増えるかも...と聞いたのはつい数日前。ところが今 [続きを読む]

受信: 2006/08/26 00:10

« VQ35HRの感性性能は? | トップページ | アルファロメオの事情 »