« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

光市母子殺害事件で感じた事

白状すると、先週の光市母子殺害事件の最高裁による「審議差し戻し」のニュースを聞いて、この光市母子殺害事件を思い出した。

確か、この事件の犯人が逮捕された時に、その残虐性と動機の稚拙さに、私も激しい憤りと戦慄を感じたのだが、7年もの年月の間に、多くの情報に押し流され、すっかり私の記憶から吹っ飛んでいた。この間、残された夫の本村氏はずっと戦い続けてきた訳だ。本村氏の志の強さには、心のそこから尊敬に値すると感じている。特に人の親という同じ境遇で考えると、皮肉にも「家族の為に戦う父親」の本当の姿を見た気がした。こう有るべきと思うし、こう有りたいものだ。

しかしながら、この事件に関する下級審の「無期懲役」の判決には、疑問が残る。犯行当時「18歳と1ヶ月」という年齢だった犯人を、その年齢の微妙さを理由の一つとして、更正の可能性を鑑みて、無期懲役という判決になった様だが、そもそも18歳未満の少年犯罪に関しては、死刑を極刑としないという少年法の根幹をねじ曲げてしまっている様に思えた。では、18歳以上と同様の判決事由とするには、18歳と何ヶ月となれば適応されるのか、明確して頂きたいものだ。そもそも、犯人はこの世に生を受けてから「18年もの長い間、社会の仕組みや道徳を学んでいる」と看做すのが、法の公平な解釈ではないのか? こんな事が理由になるなら、どんな凶悪犯でも死刑を免れる。オオゲサに言ってしまえば 「18歳と24ヶ月しか経ってないので、少年法を適応しますぅ」と言っているのと同じ事だ。論理の足場としては緩すぎる。メディアの情報を斜めに見て、ネットで情報を集めてみても、この犯人には情状酌量の余地など全く無いと感じるのは、私が必罰主義だからだろうか? そして、メディアで流されていた、この犯人の親の発言にも大きな疑問感じた、この親にしてこの息子である。どう、斜めに見てもこの親は自身の子供に対しての責任をこれっぽっちも感じていないばかりか、自己中心的な考え方しかできていないようだ。そんな環境だった様だ。
今回の差し戻しに関する、本村氏の無念も解るし、これからどうなるのかはまだ解らないが、私は現時点での最高裁の出した結論を支持したい。

以前、こんな話を聞いた事が有る。裁判官の出す判決は、先に判決を決め、過去の判例を元にその判例に矛盾しない理論を構築する事も有るようだ。無論、量刑の公平性を考えれば、有効な手段ではあるだろうし、こうした方法を完全に否定する事は危険な事だろうと思う。しかし「出すべき判決」が極刑となるなら、その犯罪の動機や残虐性は、判例よりも優先し検討すべき事ではないかと強く感じる。人が死ぬと言う事は、言うまでもなく不可逆であり、それが故意の殺人ともなれば、犯人がどう謝った所で遺族の心は癒されることはないからだ。

最後に、いつも巡回させて頂いている、元検弁護士のつぶやき様「控訴審判決はなぜ破棄されたのか。」というエントリーを紹介させて頂きます。本件に関する、法律家の「法律から離れた死刑を考える一人の人間の視点」で書かれています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

186.41136 miles a day.

おそらく、私の人生の中で、最も大切な人と二人っきりのDrive.

君の思い出の一コマとなりますように・・・。

おっと、他にもまだいました...(^^;)
こりゃ、カッコつけてる場合じゃないです。
何か埋め合わせを考えなくちゃ...(ーー;)

本日の燃費:11.4km/L
・・・・って、この燃費って、ほとんど、3.0Rのカタログスペックじゃないですか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SUBARU BOXER6の憂鬱(7)〜「嘘」

3.0Rのエアコンの異音問題に関しての回答が、ディーラー経由で伝えられた。前回の回答では、

・対策
 6月中旬に対策部品の量産品を提供。サンプル品は5/24から1週間以内に提供可能。

と、「文書で回答」を頂いていたが、本日(6/18)になって

対策部品は7月中の提供


という回答となった。

納期を守れず、ユーザーに対して平気で嘘を付く。一体どういう事だ? 付け加えて言えば、5/24から一週間以内にサンプル品の提供可能という、前回の回答も怪しいものだった訳だ。私のこの約一ヶ月弱の待ち時間は何だったのだ?

私もスバリストを自称する者であり、大概の事は大目に見ているつもりだが、今回のこの対応に関しては極めて憤りを感じている。ユーザーに対して、極めて不誠実な対応と言わざるをえない。

一連の経緯については以下を参照いただきたい。もう、多くを書く必要はないだろう。そして、もうこれ以上、多くを書かせない様にして頂きたいものだ。

【関連記事】
SUBARU BOXER6の憂鬱(2)
SUBARU BOXER6の憂鬱(3)
SUBARU BOXER6の憂鬱(4)
SUBARU BOXER6の憂鬱(4.1)
SUBARU BOXER6の憂鬱(5)〜回答
SUBARU BOXER6の憂鬱(6)
SUBARU BOXER6の憂鬱(7)〜「嘘」
SUBARU BOXER6の憂鬱(8)
SUBARU BOXER6の憂鬱(9)〜終息?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

輝きを内に秘める「ステラ」

「なんてったって、あ〜いど〜る♪」と、苔のむした様な曲がTVでかかってると思えば、スバル ステラ(SUBARU STELLA)のCMでした...orz 今頃、なにやってんのかと半分呆れつつ、ああ発表になったんだなぁと(^^;)

まず、プレオ(PLEO)の後継と思っていらっしゃる方も多いかと思いますがプレオは健在。つまり、車種追加です。じゃあ、ステラの位置づけって一体なんだろうと・・・ここはステラの今後の販売台数にもよると思いますが、プレオには根強い人気も有る様ですので、スッパリと引っ込められない理由もあるのでしょう。ここはいずれ整理されるかもしれませんね。・・・と、ここはウチのBlogの趣旨から外れてますので、このへんで止めときます。

ステラの第一印象はフツーの車。後発、他社の同じコンセプトのモデルの乱発とあっては、今や定番化したシルエットは特に新規性はありません。ここで無茶をすると・・・(以下、自粛)
【スバル ステラ 発表】3分割グリルじゃないョ
という、デザイナーの悲鳴とも読めるコメントが出てる位ですから。ムリクリに妙なデザインコンセプトに乗っかって、市場にスカンを食らってしまったR2のトラウマを、そのまま真逆にしてカタチにしたとも見えるスタイリングは、スバルの軽四市場での窮状を思い知らされた感じです。

とは言うものの、エクステリアの細かい所ではいろいろと面白い所があります。ヘッドライト周りはフェンダーを膨らませ、その面に合わせる様にユニットを面を構成し、ドライバーズシートから、車の先端の見切りがしやすくなっていそうな点や、ノッペリと見えがちなサイドに、フロントから延びるキャラクターラインでアクセントを付けていますね。実車は写真で見る以上に存在感を主張する部分かと思います。ほぼ共通のフェンダーを使いながらバンパーを換える事で、ステラとステラ・カスタムの個性を分けたのは、天晴れという感じです。リアバンパーも同様に同様な差別化が図られていますね。強烈な個性では無いですが、ステラは最近のスバル車のスタイリングの中ではGood Jobと言えるかと思います。個性が弱い分、息の長いモデルになる予感がします。

そして、とても感心したのは、インテリアのアイデアです。これでもかとも言えるシートアレンジのバリエーションとポケットの量は、半端ではありません。ステラのターゲットを「子供を育てるお母さん」とし、あったら便利というアイデアが実に良くデザインされています。特に後部座席をフロントにスライドしたスキンシップモードは「お母さんと一緒に居たい」という子供の気持ちと、安全を考えると後部座席に座らせたい親の気持ちの中庸を取る事で、前面、後面からの衝突安全性をも確保する素晴らしいアイデアです。
そして、これだけに収まらない自由度の高いシートアレンジは、多くの人が使い易い事を狙った「ステラ」の最も輝いている部分だと思えます。あとは、これらのシートアレンジが簡単に、しかも強い力を必要としないで変更できる様になっているかが、最大のポイントになるでしょう。R2でやれなかった事、やらなかった事、こうした積み残しが如何に多かったのかが伺われます。プレオより、R2が消えるかもしれませんね(苦) あ、R1がありますな...orz

さて、ここでちょっと面白い事が見えて来ました。スプレッド・ウィングス・グリルを採用しなかった事は、この車の最大の訴求点である「日常性」を考えると、正解だと思います。しかし、今回のスタイリングはちょっとタダ者では無い様に感じて来ました。スプレッド・ウィングス・グリルは事実上、インプレッサの現行モデルで廃止は決定でしょう。その後に出て来たモチーフは「車体に刻み込む翼」。まあ、それを上手く表現できているかと言うと、まだ少し弱い感じがしますが、今後のスバルのデザインを予想する上で、極めて重要なキーワードの様に思えてます。言うまでもなく、Dタイプのレガシィと、ステラのキャラクターラインには共通項が有ります。そして、それを更に延長して考えると、B9トライベッカのサイドからリアにかけて一直線に延びるキャラクターラインが見えて来ます。今後、このモチーフがどのような展開を見せるのか楽しみになって来ました。私はある程度の確信を持って予想できた感じがしています。これはダイナミックです。< 頭の中には出来ているらし

そして、フォレスター、アウトバックDタイプ、ステラのフロントマスクの共通項を見ると、もう一つ、面白そうな展開を垣間みた印象です。ステラのヘッドライト配置、何かに似ていませんか? そう、B9トライベッカです。そしてフォレスター、アウトバック、B9トライベッカの共通項を考えると・・・(^^) < これも頭の中に出来たらし

【トラックバック先】
これがステラです。(Car STELLA -SUBARU STELLA 公式ブログ様)
ステラ誕生!(スバル レガシィ オフィシャルブログ様)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LEXUS IS350に試乗しました

もう、こんな「むむぅなメーカー」には付き合ってられない(爆)と言う事で、次期導入候補のレクサス IS350(LEXUS IS350)の試乗に行ってきました(w)

いや、以前の記事でレクサスとは何ぞやという疑問と、最近、街で見かける様になったISを、もっとしっかりと見ておきたかったのが本当の理由です。私の収入でレクサスなど買ったら、家に居られなくなります・・・すんません、完全に冷やかしです...orz

実車を目の前にしてみた第一印象は「日本の工芸品」です。外面を構成するすべてのラインや面が、シャープに、しかも途切れる事無く見事に繋がっており、光線の方向によって様々な表情を見せます。これは他のトヨタ車では、見る事の出来ない徹底して差別化されたラインです。特に印象深かった所は、Cピラーの中心部とドアのショルダーラインを繋ぐ柔らかな面がうっすらと入っており、ウインドウの後の線とやや太めに見えるリアピラーに韻を踏ませてアクセントとしている所、そしてそれと相反する様なダイナミックな印象を持つフロントフードのプレスライン。こうした「静」「動」が絶妙に組み合わされていました。レクサスが主張するデザインコンセプトの「先鋭」「精妙」が圧倒的な説得力を持って表現されていました。瞬間芸とも言える、現在の他のトヨタ車とは違い、明確なコンセプトと意図を持ってデザインされている事をハッキリと感じ取る事ができました。

インテリアは、思っていたほどゴージャスではなく、むしろ質素。エクステリアのコンセプトをそのまま持ち込んだ印象は好感度は高いです。素材の特徴を生かし、あくまでも人を中心とした、使いやすさを突き詰めたデザインは、前回試乗したレガシィの2006年モデル(Dタイプ)とは、全く比較になりません。メーター類の視認性は抜群です。もちろん、内装の「鳴き」は全くございません(爆) インテリアに関して言えば、レガシィ(Dタイプ)は「専門学校の卒業制作」、レクサスは「匠の技」と言ってもいいでしょう。スバルはもっと激しく学ぶべきですね。

そして、いよいよ試乗。IS350 Version Sの試乗車でした。走り始めたときに感じた、静かなエンジンと、少し突き上げがある足周りは、このIS350の隠れたパフォーマンスを期待させるものでした。ただ、380Nm(38.7kg)という恐るべきトルクの恩恵は、一般道路では感じる事はできませんでした。私のレガシィ3.0Rとほぼ同等、ないしは少し太い程度と言った体感です。また、これはFR独特のフィーリングなのでしょうが、フロントの接地感がもう一つな感じです。ブレーキのタッチは思っていた以上に硬質でした。
そして、営業さんに促されるまま高速道路へ。ここで初めてアクセルを全開に。しっかりとした足回りと、ボディ剛性の恩恵でしょうか、矢の様な直進安定性と加速は有る意味「化け物」です。ただ、これも体験した事の無い世界ではありません。現行のインプレッサ WRX STi(Impreza WRX STi)に極めて近いフィーリングです。しかしながら、天候を考慮した安定性はAWDの恩恵を受けているインプレッサの方が上とは言えるでしょう。大排気量のNA独特の伸びやかな加速感は、レガシィ3.0Rに近いフィーリングです。しかしながら、ドライブバイワイヤーを使って、とても微妙なアクセルワークにも追従していますが、何故か時々アクセル制御が考え込みます。スポーツモードでペタンとアクセルと踏んでから、2テンポ遅れて全開になったり、交差点でアクセルを踏んでも車が動かなかったり・・・頭が良すぎるのでしょうか(w) 全体的には好感触では有りますが、些か疑問も残ります。

・・・とまあ、私にしては緩めの事を書いていますが、突っ込みどころも満載です。インテリアはとても良く考えられてデザインされてはいますが、操作系のインフォメーションは、日本語と英語が混在しており、どっちかにしろよと言うところ。メタルのペダルをセットアップしている割には、思いっきり邪魔な足踏みパーキングブレーキ。灰皿の中身を取り出す時のせり上がり機構は思わず苦笑してしまいました。しかも、灰皿を外して小物入れに換えるには、約17000円もかかります。また、スポーツセダンを自称している割には、ATのマニュアルモードがセミオートな所もちょっと違和感を感じます。(ISのマニュアルモードはシフトの「上限」を決める) また、Dレンジのままだと、パドルシフトは全く機能しません。とても良くは出来てますが、ISの本来の訴求点である走る事以外の部分に、奇妙な力の入れ加減が感じられます。でも、今の国産の車の中では、突出した存在では有りますし、魅力の強い車だとは感じました。

最後に強烈な突っ込みを一つ・・・・イヤなヤツが来たぞー(w)
清潔で静かな店内。センスの良いファニチャー(注:パソコンは窓機だったので、センスが良いから除外) 知性を感じる営業さん。白いスーツ&スカーフ姿で、角度60度のお辞儀をする受付。噂通りの素晴らしいお店です。トヨタを含めて、他のディーラーではとても考えられない「お持て成し」をしてくれます。そんな店内で、Nature callで店の奥に行くと、途中のスタッフルームから数名の豪快な馬鹿笑いが・・・レクサスさん、化けの皮が剥がれちゃてましたぜ・・・(^^;)

まあ、人間だから仕方ないでしょう。でも、お姉さんはお素敵でした、いやホント(爆) < よほど気に入ったらし



| | コメント (4) | トラックバック (0)

SUBARU BOXER6の憂鬱(6)

5月25日に、富士重工に対して、お客様センター経由で以下の二点についての回答の依頼を行った。
前回の後日談というのはこの事だ。

1.エアコンの異音問題の対策内容に関する、詳細な技術情報をディーラーに開示する事。
2.本件についての回答が、ディーラーからの正式依頼から、一年半もかかった理由を説明する事。

ところが、2週間以上が過ぎた本日になっても一向に動きが無い。本件については、動きが有れば情報開示は行わないつもりでいたが、どうやら富士重工側との間に大きな認識のズレが有るようだ。回答期限に関しても「お客様センターの責任に於いて、出来る限り早く」とお任せしていたが、この部分にも時間的な感覚のズレが有る事は明白のようだ。

問題の異音は、頻度が増えて来ている。加えて、現象が発生している時の音も、確実に大きくなって来ている。悪化の一途をたどっているといっても良いだろう。

折しもJ.D.POWERによる2006年6月8日のリリース、2006年米国自動車初期品質調査(IQS)(PDF)を見て、その事実に愕然とした。内容を見て頂ければ解るが、スバルの初期品質は業界平均以下。私の場合は、コレをズルズルと2年半もひきづってる訳だ...なっんてこったorz

実際には、レガシィの北米モデルは、インディアナ州ラフィエットにある米スバル・オブ・インディアナ・オートモーティブ(SIA) 社で生産しているので、同一と考えるのは些か無理があるが・・・(ーー;)

で、結局、嘘をつかれました(ーー#)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音入り自爆ボタンDX

自爆ボタンと言えば、かの「ポチッとな!(C)某天才エンジニア」が有名ですが、世の中、こんなものも有るんですね。

あの“USB自爆ボタン"がパワーアップして登場

いやはや、きちんとセオリー通りに、安全装置を解除してから押さないと「自爆しない」ところが燃えです(爆笑) しかも、USB2.0のハブ機能付きと言う事で、普段からきちんと役に立つと。しかもOSXにも対応! 素晴らしい! しかもパワーアップ!! マジ燃えです!!! 私はこんな自爆ボタンを待っていました!!!!

……で、重要な事が記事から抜け落ちていますね。自爆するとどうなるんでしょうか……。半径10m位が吹っ飛ぶ? それともPCが吹っ飛ぶ? 繋いだUSB機器が吹っ飛ぶ? ううむ、謎は深まるばかりです(w) 画面にカウントダウンは入るのでしょうか?

そうか…なるほど。これを使って自爆した人は記事を書けない状態になるので、なんにも残らないんですね(爆笑)

とりあえず、友人にでも買わせて、試してみるとします。< 自分でやれっ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「あなたのレガシィライフ」に寄せて

スバル レガシィオフィシャルブログ【第1回】あなたのレガシィライフを自慢してくださいに、私のLEGACY 3.0R(BLE)で参加しようか…と思ってたんですが、マジで洒落にならないのと、スバル莫迦のスバリストを自称する者としての「反骨精神」から、私のスバルとの付き合いを書かせて頂こうと思います(w)

初めて乗ったスバルは、免許取りたての時に父から譲ってもらったレオーネLG(LEONE AB2)です。1.6LのFF、NA。そして、流行に完全に背を向ける様なスタイリング(w) 譲ってもらったのはいいのですが、乗り始めた頃は、一つも良い所が見いだせず「豆腐屋の息子号」なんぞに心を惹かれていました。ところが「広島産のハッチバック」に乗った事が切っ掛けで、レオーネという車を再認識しました。基本的には曲がらない車だったのですが(w)コーナーでの安定性や、エンジンのフィーリングが、全く違う次元でした。水平対向エンジンの意味を知った訳です。当たり前だと思っていた事が、当たり前ではなかった。そんな印象ですね。

次に手に入れたスバルは、レオーネRX(AA5)と最後まで迷った挙げ句、アルシオーネVR(AX7)。友達に彫刻刀だ、三角定規だとバカにされ、その度に 「そのT社の似非成金車を降りてから言え」と胸を張ってました(笑) 自動車評論家にもこっぴどく叩かれてた割には、実際に所有してみると、実によくできていました。当時、グランドツーリングというコンセプトが理解されず、無理矢理に「スポーツ」にカテゴライズされ、その尺度でのみ見られていたこの車は「早すぎた故の異端児」でした。実際にあちこち遠出をしたものです。流石に8万キロ近くになってくると、使い方が荒かった性も有って、維持費が意地費になり始めた矢先に、レガシィRS(BC5)が発売。後ろ髪を引かれる思いを感じつつ、レガシィに乗り換えました。そうは言っても、レガシィはそれまでのスバル車とは一線を画す完成度が感じられました。今でも「やっと車になる」というキャッチフレーズが忘れられません。< その筋の人、突っ込みどころですよ(笑)

レガシィRS(BC5)で一番印象に残っているのは、某国道でポルシェと張った時です(爆) 偶然並んだカレラにシグナルグランプリを2戦挑んで、2戦とも敗退(爆笑) 3回目に並んだ時に、カレラのドライバーと偶然目が合い、流石に「負けました」とペコリと会釈をした所、相手のドライバーがニコニコ笑いながら手を挙げてくれました。あのドライバーは格好良かったです(T^T)
その他にも、スキーの帰りにチェーンを巻いて走っている「T社の2番目号」をパスした時に、何故か同乗の女の子を泣かせた事や……まあ、その他にもいろいろと逸話(というか馬鹿話?)の多い車でした。
この頃、家族が増えて、ここで思い切って車を買い替えておかないと、日頃の足が無くなると言う事で、2代目レガシィRS(BD5)に乗り換えます。普通ならワゴンかミニバンにするんじゃないかって? 普通ならそうでしょう、でも、私は違います。

この時、競合したのがアルシオーネSVX。かみさんに「SVXを買ってしまったら、次に乗る車が無くなるよ」と提案(…としておきましょう)され、結局、レガシィRSに(w)
2代目レガシィは良くも悪くも優等生。速くて静かなんですが、何かが物足りない……。そして、かみさんに内緒でマフラーを交換する事になりました。意を決してディーラーに行き、交換作業を待っていると工場の方から、なにやら凄い爆音が……。結局、隠し通す事は不可能でした...orz。そして初めて家族旅行をしたのも、この車でした。もちろん、爆音付き。子供はリアシートですやすやと眠っていました(w)
3代目が発売された時は、金銭的に無理が有った事と、様々な思い出が詰まったBD5がとても気に入っていた事で、購入を見送りました。

そして、4代目レガシィが発売。いろいろと思い悩んでは居たのですが、BOXER6が搭載された時、一念発起して購入、今に至ります。ところが我が家の3.0R(BLE)は、とんでもない駄々っ子で、オフィシャルサイトのお題的に言えば………いや、これは洒落になりませんので、止めておきましょう(w) 宝くじも3000円しか当たった事の無い私が、とんでもないアタリを引き当てたと...つくづくスバル莫迦だと思います(w)
なんだかんだと言いながらも、3.0Rは実に良い車です。これから、レガシィを購入しようと考えている方は、GT系だけに目を向けず、NA系も是非試乗してみてください。特に3.0Rは、国産の他車には比較できるモデルは存在しないと言ってもいいモデルになっています。実用域では極めて静かですが、その気になってスロットルを開けると咆哮する6気筒エンジン、EZ30R。GT系よりしなやかですが、コーナーではしっかりと踏ん張る絶妙な足回りのセッティング。このモデルの懐の深さは、大人が一人ほくそ笑むにはピッタリです。圧倒的な加速性能を誇るGT系がレガシィの表の顔なら、3.0Rは「グランドツーリング」をカタチにした、もう一つの顔のレガシィと言っても良いでしょう。そして、その乗り味にはどこかSVXのフィーリングを感じる事ができます。

人に自慢できる様なライフスタイルは持っていませんが、私の自身を語る上では、「孤高の存在」とも言えるスバルの車を選ぶ事は重要な要素をなっています。私が私を主張する為に。

【トラックバック先】
【第1回】あなたのレガシィライフを自慢してください(スバル レガシィオフィシャルブログ様)

続きを読む "「あなたのレガシィライフ」に寄せて"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »