« ハルデックスAWD vs スバルAWD | トップページ | SUBARU BOXER6の憂鬱(4) »

レガシィ、マイナーチェンジ見ゆ

ネット上に流出している、スバル レガシィ(SUBARU LEGACY)の2006年モデル(D型)の写真を見ました。
手元にB4 Spec.B、ツーリングワゴンGT(と思われる)の写真が有るんですけど、ウチのBlogは、いろいろとアレがアレなんで掲載はしません(笑) 見たい人は頑張ってネット上で探してくださいな <嫌なヤツ

で、今回の年改では、フロントとリアの化粧直しが入っているので、そのあたり中心に、写真を見てバラしてしまいましょう(笑) さあ、みなさん、目をつぶって想像してみましょう...って文章が読めないって(^^;)

変更点(手元の写真からの私見)

フロントの変更点
・バンパー形状変更
 バンパー下部が、プジョーのフロントグリルの様な形状に変更、それを受けるかたちで、フォグランプが配置。アテンザの様な雰囲気を想像してみてください。
 Spec.Bは、異なるデザインになってます。フロントグリルの下の長さの延長線を上の長さとした台形のインテークが開き、そのラインを受けつつ、左右に現行の3.0Rの様なインテークを配しています。この左右のインテークの下には有機的なカーブを描くエアダムが一体形成されています。
・フロントグリル変更
 写真の正確なモデルが解りませんが、Spec.Bや3.0Rの様な大型のグリルに変更。現行では六連星を中心に、左右に分割されている翼のモチーフが、六連星の下で連結され、六連星を中心に翼が延びている様な印象になっています。六連星はグリルの外枠の傾斜に合わせて配置。(少し斜め上を向いている)
これが、次のアイデンティティになるのでしょうか? ちょっとキレが足りない感じがするのは、私だけ?
・ヘッドライトユニット変更
 ハイビームのレンズを丸形に変更。ターンランプ部のフェンダー側の形状は、インプレッサのヘッドライトユニットの形状を踏襲。少しだけツリ目に見えます。もしかしたら、目が少し青いかもしれません。これに合わせてフェンダーが変更され、ヘッドランプユニットの上端のプレスラインが、エッジから凹面になり、それがスッと消える様にショルダーラインに繋がっています。

リアの変更点(ワゴン、B4は不明)
・リアガーニッシュ追加
 現行のバックライトの位置より上に、クロームメッキ仕様のリアガーニッシュを装備。
・テールレンズ変更
 ストップランプ部に二本のクリアーのラインが入っています。レンズの上半分の見切りは、リアウインドウの窓下の斜めの部分のラインを受け、下半分は、バックライトのラインを受けています。中にどんな光源が入っているかは写真からは正確に確認できませんが、ターンランプではと思えます。

他、変更点
・アルミホイールのデザイン変更
 クリーンな印象のホイールから、やや重厚感のあるアグレッシブな雰囲気に。手元のターボモデルでは6本スポーク。Spec.Bは面で見せる10本スポーク。
・ドアミラー変更
 ドアミラー下部に搭載されていたサイドターンランプが、メルセデスの様にドアミラーの中心に移動。これはコストダウンでしょう、多分(w)
・排ガス規制が三ツ星
 やっとターボ車が三ツ星になりました(w)

まあ、ざっとこんな所ですね。
全体の印象は、クリーンでソリッド感のある面が特徴の現行モデルの角を若干落として、今風のキレを入れた様なテイストに仕上がっています。しかし、敢えて難を言えば、オリジナルデザインの良さを、十分に生かしきれていない雰囲気は有ります。これはデザインの手法として、引く事ではなく、足す事で新規性を出そうとした様に見えるからかもしれません。または、有機的な面、無機的な面が混在しているからかもしれません。善し悪しは、実車を見た時点での皆さんの判断にお任せします。ただし、パッと見た印象としては、決して悪い方向では無いだろうとだけは書かせて頂きます。
リアガーニッシュの復活は「メッキアレルギー」の方々からは、反感を食らう事は必至ですね(w) メッキと聞いた瞬間に拒絶反応を示す人は未だに沢山居ますので(爆笑)

しかしながら、ちょっとだけ残念に思えた事は、今までのビックマイナーのデザインでは、次のモデルの「先出し的な先進感」を感じ取る事ができたのですが、今回はそれは殆ど感じられません。6月に発売になる新型の軽四「ステラ」のポロリ画像を見ても同じ様な印象です。敢えて抑えているのか、それとも未だ迷走しているのか・・・・私は多くは書きませんけど(w)

あとは、中身がどうなるのかですが...SI-DRIVEを採用しているエンジンがどんなフィーリングになっているのか、とても楽しみな所です。

|

« ハルデックスAWD vs スバルAWD | トップページ | SUBARU BOXER6の憂鬱(4) »

」カテゴリの記事

コメント

今週発売のベストカーに写真が掲載されていましたね。
確かにフロントなどリフトアップされたりいろいろと変更されているようですが、写真で見る限りはあまり変わった印象ではないですね。実車の印象とは違うかもしれませんが。

SI-DRIVEは楽しみですね。実際のエンジンがどうかもそうですが、あのダイヤルはみているだけでさわりたくなりそうです(笑)

投稿: yostos | 2006/05/14 18:00

もう掲載されてましたか! 先週頭に公開しようと思ってたんですが、ちとタイミングが遅かったですね...orz

今回はフロントフードの変更が無かったので、あまり大きな事ができなかったのではと思います。スプレッドウインググリルの採用も早くから「無い」と噂されてましたし(w)
まあ、レガシィが売れなくなったら「会社が壊社」になりますので、今回は無難な線を狙って来たと言うのが正直な所でしょう。

私もSI-DRIVEのダイヤルは楽しみです(爆) ポチッとなで「エンジン性能解放」だったら、更に燃えたのですが<まだ言ってやがる(^^;)

あと、3.0R(多分AT)はシフト時にブリッピングが入る様ですね。これは燃えます(爆笑)

投稿: Algernon | 2006/05/14 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/10048498

この記事へのトラックバック一覧です: レガシィ、マイナーチェンジ見ゆ:

» レガシィ2006年モデル、試乗す! [それさえも平凡な日々]
SI-DRIVEを搭載した走りのフィーリングは好印象。しかし、その他の部分では考えさせられる所も多い。 [続きを読む]

受信: 2006/05/27 20:28

« ハルデックスAWD vs スバルAWD | トップページ | SUBARU BOXER6の憂鬱(4) »