« SUBARU BOXER6の憂鬱(3) | トップページ | レガシィ、マイナーチェンジ見ゆ »

ハルデックスAWD vs スバルAWD

数年前から、ボルボ(VOLVO)のAWDに使用されている「ハルデックスAWD(HaldexAWD)」。世に言うスタンバイ型4WDの多くの駆動システムが、オイルの粘性を使ったビスカスカップリング(以下、VCU)を使用し、後輪を駆動する消極性を嫌い、もっと積極的に電子制御で行おうと言うシステムの様です。スウェーデンのハルデックス社とボルボが共同開発し、最近ではフォルクスワーゲン(VW)、アウディ(Audi)の一部の車種に採用されている様です。このGW中に、このハルデックスAWDと、スバルAWDのガチンコ対決(爆)が公開されているサイトに出会いました。

対決に使われている、スバル車は三代目(BH)のOUTBACKのであることから、実験した日付は不明、且つサイト自体の趣旨もボルボのバッシングなので、信憑性については些か「むむう」な所も有りますが、ここで公開されているQuickTimeの映像は衝撃的です。結果はリンク先のページでご確認ください。こちらです。

ハルデックスAWDの構造を調べてみると、スバルのMPT(マルチプレートトランスファー)に非常に良く似ていますが、制御が違うとここまで違うものかと驚かされました。もともと、MPTはレオーネ4WDのAT車のFF、4WDをボタン一つで切り替える為に開発され、多板油圧クラッチを制御する事で、4WD時のタイトコーナーブレーキング現象を緩和する効果を得たものが、今日に至っています。セレクティブ4WDの時代に、後輪の駆動が切れるセンターデフを作ったとも言えますね。これが現在のアクティブトルクスプリットAWD、VTD-AWDと進化して来た訳です。

で、このハルデックスAWDはFFが基本。前輪が滑った時に後輪がONになるという、完全に後輪駆動の「有り/無し」をコントロールする様です。言うなれば、私の様なヘタクソドライバーが、オーバースピードでカーブに突っ込んで、ビックリアンダーステアが出てから「後押してくれる」ということになりそう・・・。これでは壁と仲良しになる危険性大ですね(ーー;) 私がちょっと気になっていた、フォルクスワーゲンゴルフR32の4モーション(4MOTION)が、このハルデックスを搭載しているとの事で、些かゾッとしました。実際には、今回、ご紹介した実験以降、数年が経過しているとも思えますので、現在でもこの状態だとは考えられませんが・・・。

昨今、AWDや4WDは、様々なシステムが提案されてますが、単純に4本のタイヤが回れば良いってもんじゃなくて、実際にどう回るのか、使い方を考えて見極めないと、残念な事になりそうです。

【関連記事】
スバルシンメトリカルAWD vs. その他AWD

【記事追記】
第4世代、第5世代のハルデックスカップリングの実力に関してはこちら。
ハルデックスカップリング、何か有ったの?


  • 美容皮膚科医師求人/中古車 高く売る/●リンク/貴金属買取なら宝の蔵錦糸町店/


  • 座右の銘

    検索フォーム


    • banner_01

    • Google
      Google

      WWW を検索
      このサイト内を検索