« SUBARU BOXER6の憂鬱(5)〜回答 | トップページ | 「あなたのレガシィライフ」に寄せて »

レガシィ2006年モデル、試乗す!

本日、スバル レガシィ(SUBARU LEGACY)2006年モデル(D型)を見て来ました。今回、実車を見る事ができたのはツーリングワゴンGTでしたが、スタイリングの印象は、前回の記事と大きく変わる事は無かったですが、写真で見るよりは精悍な印象を受けました。フェンダーの凹面に合わせて、ヘッドランプユニットも凹面を受けていたり、六連星がリアガーニッシュと一体となっているなど、新しい発見と、随所にこだわりを感じるものでしたが・・・。詳しくは前回書いているので、敢えて書く必要はないでしょう。

インテリアに関しては、質感が今ひとつ。艶の有るシフト部の台座、SI-DRIVEのスイッチ、ドリンクホルダーの四つの丸を並べた所は「視覚的な先進感」を感じましたが、センターコンソールのプラスチックの見せ方が「生」の為に、質的な連続感が欠ける仕上がりです。Cタイプまで灰皿だった所の小さなフタを見ればご理解いただけると思います。そしてセンターコンソール部のマットな表面処理は、長い間使い込むと、指で触れる場所に艶がでてきてしまうでしょう。思い切って光沢処理にするか、ヘアーラインでも入れれば、また少し変わった印象になったのではと思います。また、ドリンクホルダーの青いイルミネーションは、コンソール側の赤に統一された照明群と比べても、明らかに浮いています。そもそも、ここにボッカリと大穴を開けたドリンクホルダーを標準でしつらえる必要があったのか? この部分から検討する必要があったのではと思います。標準では小物入れとし、オプションパーツとしてドリンクホルダーを用意する方が、ユーザー側の自由度は広がったことでしょう。

そして、最悪なのはメーター部。先代に比べ、更に混乱を極め、必要な情報とそうでない情報の整理が全くついていません。瞬間燃費を表示するエコゲージ、マルチインフォメーションディスプレィは、恐らく見る事はないでしょう。また、エレクトロルミセントメーターの赤丸が、マイナー前に比べると極めて見づらくなっており、オマケにステアリングの親指部に有るスイッチ類は、もう何がなんだか(/_-) 意気込みは感じられますが、操作系の完成度は下がってしまったと言わざるを得ません。ここを担当した富士重工のデザイナーは、「ユーザビリティ」という言葉を知らないのではないかと疑いたくなりました(^^;) 唯一、パドルシフトはしっかりとした剛性感があり、指の当たる部分にラバーを貼る念の入り様で、好感度は高かったです。また、パドルシフトをステアリングコラム側に固定したのも賢明な選択だと感じました。もし、パドルがステアリングと一緒に回っていたら「頭の体操」になる所でした(w)

さてと、いよいよ本題です。今回の最大の話題となっているSI-DRIVEですが、一言で言ってしまえば、良い意味で「割り切りの極地」です(笑) インテリジェントモード時は「ターボが壊れたか?!」と思うくらいに絞り込んでいます。アクセルを踏み込んでも、全くもって走りません(笑) おそらく、燃費向上の為にありとあらゆる事を詰め込んでいるのでしょう。化石燃料の貴重さを体感するにはもってこいのモードです。万年渋滞道路や、お買い物の時に使うモードですね。ただ、信号の右折待ちの時にすら感覚的に出遅れますので、慣れと注意が必要だと思います。スポーツモードは、今までのレガシィの雰囲気。これは違和感無しです。
そして、本命のスポーツ#モード。これは大爆笑です。本当に愉快痛快。営業さんの提案で、そのギャップを感じる為に、インテリジェントモードで、アクセルをある程度踏み込んだまま、スポーツ#モードに切り替えてみました。その瞬間に、尻を蹴飛ばされた様な加速に切り替わり、車の性格が豹変しました(w) ネジが二本位抜けてしまったのでは?!と思うくらいです(笑)。最大パワーではなく、こうしたフィーリングの変化を楽しむ所は、前回書かせて頂いた期待通りの仕上がりになっていました。これは、それぞれのモードの性格付けを明確に分けることを前提にしているので、各モードでのエンジン制御に自由度が広がり、思い切った事が出来たのでしょう。

加えて言えば、5ATのフィーリングも、先代より俊敏になっており、使いやすくなっています。そして、なんと言っても、先代に比べて良いのは「各モードでのマニュアルモードが使える」様になった事。ここはSI-DRIVEの隠れた功績ですね・・・って、使えない方が変だったのかも(笑)
GTのワゴンの乗り心地は、いままでより角が落ちた感じで、少しマイルドになっています。ただし、コシはしっかりしていましたので、乗りやすくなっているでしょう。走りのフィーリングは、スバルらしい「熟成が感じられる仕上がり」になっていると思えました(^_^)

今回のマイナーチェンジは、総じて言えば、出た所も有れば、引っ込んだ所もある感じです。全体的なバランスを見れば、及第点では有るものの、内外装の感性品質、特に内装ついては減点です。スバルのデザイナーは新規性ばかりを求めず、もっと人間を中心とした「使いやすさ」や、ユーザーの視点に立った「美観」を考えた方が良いでしょう。今回はレガシィという車の性格を訴求するには、些か稚拙な手法が多い印象です。トEタの瞬間芸じゃないんですから(苦笑)

さてさて、あとは3.0Rがどんな仕上がりになっているのか・・・。後で機会を作って是非試乗したいものです。

【2006年5月28日追記】
【スバル レガシィ 改良新型】サーキット試乗…エコモードの逆転
モノは言い様。それではエコモードの意味が無いんじゃ?という突っ込みは入れたくなりますが、確かにコレは言えます。2.0Rを試乗した時に思い出した「エンジンをパワーを使い切る楽しさ」を体験するにはもってこいのモードかもしれません。購入された方は試してみると違った発見があるかもしれませんね(^_^)b'

当Blogはスバル レガシィ オフィシャルブログに参加していますが、ここで「お題」が出てる事を発見しました。【第1回】あなたのレガシィライフを自慢してくださいだそうです。ウチのBLEで、参加してみようかどうか悩んでます。< もり下がるからやめとけっ!...(^^:)

【トラックバック先】
スバル レガシィ オフィシャルブログ様
レガシィもリニューアル(お庭でいっぷく様)
指先ひとつで、まったく違うレガシィに。(mi84taのブログ様)

|

« SUBARU BOXER6の憂鬱(5)〜回答 | トップページ | 「あなたのレガシィライフ」に寄せて »

」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しみにさせていただいております。
去年10月に、4代目購入しました。
最初は、「なんだこの乗り心地?」、「Aピラー寝すぎ!」等不満たらたらでしたが、最近やっと良さがわかりました。街乗りでは3代目の圧勝ですが(ハンドル軽い、視界最高)、高速、山道では4代目すごいです。燃費も遠乗りでは普通に飛ばして10キロ必ず超えます。スバル当たり外れあるようで現在も所有している3代目は新車からなんと7年不具合0!。消耗品交換のみ。今でも内装きしみません。4代目は段差でダッシュが外れそうな音がして入院、あとは快調。スバルの”BMCは買い!”は今回はパスです。さすがのレガシーも4代続くと次はトライベッカかな。
”SVX買いそびれたスバルファン”より

投稿: The dragon flutters | 2006/06/13 11:25

The dragon fluttersさま
コメントを有り難うございます。私が3代目を買わなかった理由は実はもう一つ有ります。2代目と比較した時の変化が、経済的要因を乗り越えてまで「欲しい」と感じる事が出来なかったからです。
4代目も、初めて試乗した時、その変化の大きさが理解できず、これなら2代目の方が面白いなと感じてしまったのが正直な所です。しかし、ここは私の選択眼の甘さで、3.0Rを試乗した時にやっと理由が見えた感じですね。1〜3代目までと比較して、劇的に変化してましたので、それまでの尺度が全く通用しなかったと(w)
今回のBMCでは、走りの性能は向上していると感じ取る事はできましたが、それ以外の部分では緩さを感じてしまう事は否めません。AタイプからCタイプまでの目標を見失ってしまっていると見えるからです。ここは失敗です。

"SVXを買いそびれたライター"より(w)

投稿: Algernon | 2006/06/17 08:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/10265165

この記事へのトラックバック一覧です: レガシィ2006年モデル、試乗す!:

« SUBARU BOXER6の憂鬱(5)〜回答 | トップページ | 「あなたのレガシィライフ」に寄せて »