« まぢですか?! 愛生会病院 | トップページ | SUBARU BOXER6の憂鬱(2) »

SUBARU BOXER6の憂鬱(1)

事の始まりは、今から約2年半前、私の友人の車の中での会話だった。「俺のスバルレガシィワゴン3.0R(BPE)のシフトがDレンジのままでの停車中に変な音がする」 。私の車は、この時スイッチャブルタペットのバネ切損による異音が原因で、エンジンの乗せ変え直後だったためか、同様な音は発生していなかった。

ところが、少し過ぎて、同じく停車中に妙な音がしている事に気づく。これが友人のレガシィ3.0Rの車内で聞いた音と全く同じだ。極めて静かなBOXER6に、不快な安っぽいノイズが入る。友人の車で発生している状況と同じ事から、お世話になっているディーラーに相談した。ディーラーは、ベルトテンショナーを交換する事で改修して下さった。音は静かになった。原因はベルトテンショナーの張力不足により、ベルト自体の振動が発生、エアコンのコンブレッサーのガス圧に微振動を誘発し、それが室内に伝わって来ている様だとの説明だった。富士重工からは、このテンショナーの張力アップ版と思われる対策部品が出ており、これを用いて改修したとの事だ。

コレがどこのベルトテンショナーなのかを簡単に説明すると、スバルの6気筒エンジン(EZ30R)特有の部品で、フロントフードを開けて、エンジンの向かって左側に付いている受動型のプーリーである。エンジンカバーとラジエーターの空間から見る事ができる。EZ30Rのオルタネーター、エアコン、パワーステアリング等の補機に動力を伝達する為の長いVベルト(実際にはV型ではなく、確か4枚歯(?)のベルト)の張力をバネにより、一定に調整する為のものだ。ちなみにBOXER4では、固定式になっているとの事だ。(ディーラーのサービス課長談)

この改修によって、音が消えた事を友人に告げて、友人もほぼ同タイミングで部品を交換。異音は解消された様に思えた。ところが、また少し経つと音が再発。私の車も友人の車もだ。2004年9月にディーラーから正式に調査依頼を富士重工に出して頂いた。そしてNAVIのトラブルの時に、再び改修して頂き、その後再発、今日に至っている。
この時点で、私の車を含めて、合計3台の3.0Rで同様のトラブルが発生していた。どう贔屓目に考えても、確率として高すぎる。「私の友人の車では100%のトラブルの発生率」だ。友人との統一見解としては、テンショナーを交換しても、すぐに再発すると言う事で一致している。

そして先月、「更に別の一件」があり、先々週、先週とお客様センターに電話を入れたが、ついに堪忍袋の緒が切れた。

【当記事の異音の確認方法】
・発生が確認されたモデル:Aタイプ、Bタイブの3.0R。ただし、私が聞いたBタイブでの音は極めて小さなもので、この現象の音を聞き慣れていないと解らないレベルだった。
・AT車のみ。(6MTモデルでの確認は難しい・・・と言うか気が付かないで済む(w))
・エアコンをONにして、ブレーキを踏み、シフトをDレンジに。
・エアコンのコンプレッサが動き始めると、室内で「ヴヴヴヴヴ・・・」というか「カラカラカラ・・・」という感じの音がする。
・現象の度合いによってはフロントフードを開けると、車外からも聞く事ができる。

余談になるが、この時点で、某ディーラーで有名な「凶状持ちのレガシィB4(BLE)」は、ここに書かせて頂いている意外にも「イロイロ」有り、工場の入庫期間は述べ5ヶ月を超えている。これは、私の手元に愛車が無いだけでなく、ディーラーが熱意と誠意を持って対応して下さっている期間だ。この事に関しては、本当に心から感謝している。もし、ディーラーのサポートが無かったらと考えると、背筋が寒くなる思いだ。しかしながら、この原因の多くが、富士重工の設計品質、製造品質に起因している事を考えると、「最悪」と言っても過言ではない。まったくもってデタラメな話だ。

(つづく)

【関連記事】
SUBARU BOXER6の憂鬱(2)
SUBARU BOXER6の憂鬱(3)
SUBARU BOXER6の憂鬱(4)
SUBARU BOXER6の憂鬱(4.1)
SUBARU BOXER6の憂鬱(5)〜回答
SUBARU BOXER6の憂鬱(6)
SUBARU BOXER6の憂鬱(7)〜「嘘」
SUBARU BOXER6の憂鬱(8)
SUBARU BOXER6の憂鬱(9)〜終息?

|

« まぢですか?! 愛生会病院 | トップページ | SUBARU BOXER6の憂鬱(2) »

」カテゴリの記事

コメント

怖いですね、
うちも確かめてみます。
MTだしC型なのでちょっと違うかな。

投稿: yostos | 2006/04/29 22:22

ベルトテンショナを交換すると直る、けれど再発する・・・
イヤですね・・・
続きもしっかり読ませていただきます。

投稿: 160SX | 2006/04/30 05:46

yostosさん
脅かすつもりは有りませんが、本件は「深読み」してみてくださいな(苦) 確率的には極めて異常な状況です。

160SXさん
もう、気分はラテン系の車に乗ってる気分です。やれやれです。

投稿: Algernon | 2006/05/01 22:40

よしんば現象が出ていたとしても、確認が難しいそうですね(笑)
今日停車時にじっくり聞いてみましたが、そう言われてみれば「カラカラ」鳴っているような、いないような(苦)

投稿: yostos | 2006/05/03 00:50

yostosさん
アイドル状態での振動ですので、6MTの場合は、確認はかなり難しいかと(w) ATはそうはいきませんが,,,orz

>「カラカラ」鳴っているような、いないような(苦)
決して少なくない車で音は発生していると思われます。でも、小さくて聞こえないなら問題無しです。走行上、すぐにどうなるものでも無いですから、気にかける必要は無いでしょう。いくらなんでも、絶対的にオートテンショナーの張力が不足しているとも考えられませんしね。要は、ツメの甘さの問題です...orz

投稿: Algernon | 2006/05/03 07:13

こんにちは、初めまして私は07モデルの3.0B4です。
異音は元から直さないと解決しませんよね、自分は今の車が最高に気に入ってます、ムラ無くレッドまで回り気持のいいエンジンで長く付き合う気でいます、
前車はGDB-Eで速いのですが6発に試乗して惚れ込みました。管理人さんの事態は人事とは思えません。
自分は結構ハードに走りますので尚更心配です、自分もA/Tですのでフードを開けて音は確認しています、時期レガシィは3.6のみで3.0が無くなってしまった様ですが、この先スバルから6発が無くならない様期待しています。
愛車が無い期間は苦しいと思いますが頑張って下さい!

投稿: SATO | 2009/05/12 10:22

SATOさん
コメントをありがとうございます。
本件は富士重工の協力もあって完治しており、その後、異音は再発していません。B型の途中から、私のこの問題を解決する為に、ベルトテンショナーの設計変更も行われていますので、SATOさんのモデルではおそらく発生しないと思われます。安心して乗って頂いて大丈夫です(^^)

次のモデルから、EZ30Rラインナップから消えてしまいますが、私もこのエンジンが大好きですので、大事に乗って行きたいなと考えています。

投稿: Algernon | 2009/05/12 19:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/9818178

この記事へのトラックバック一覧です: SUBARU BOXER6の憂鬱(1):

« まぢですか?! 愛生会病院 | トップページ | SUBARU BOXER6の憂鬱(2) »