« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

SUBARU BOXER6の憂鬱(2)

富士重工の名誉の為に書かせてもらうが、この一ヶ月の間、なにも動きが無かった訳ではない。ディーラーを通して、本件ともう一つの「別件」についての原因説明をお願いしていたのだが、別件については、とても納得性の高い回答を頂いている。まあ、実際には有ってはならない事なのだが...orz

ただ、このベルトテンショナーの件は、全く回答になっていなかった。報告書に書かれていた原因は、既にディーラーから聞いているものであり、オマケに結論は「推察」で締められていた。つまり、私はディーラーから2004年9月に原因調査の依頼をさせて頂いていたのにも関わらず、何も調査されていない事を知った訳だ。しかし、現象は発生し続けている。じゃあ、私は何を待っていたのだ? 莫迦にするのにも限度がある。スバル技術本部は、全く顧客の方を向いていない。「トラブルはCADの前で起ってんじゃない、現場で起ってんだ(C)踊る男」である。

この直後、富士重工からディーラーを通して提案が有った。新品の部品ではなく、ある程度使って安定した部品で対応してみようとの事だった。この対応の為に、3.0R Spec.B、OUTBACK 3.0Rの2台の試乗車が用意された。私も立ち会い、現象がどうなっているのか確認させて頂いた。二台とも見間違いが無ければBタイプ、肝心の音は「揚げ足を取るつもりなら、かすかに聞こえるもの」だった。つまり、ほぼ聞こえないレベルのものだ。実際にそれぞれの車の座席に座り、音の状況と確かめている。また、エンジンルームをみて、ベルトの動きも見ている。双方とも、精密機械の一部としてきちんと回っていた。そして、走行距離が延びている車の部品を使う事にした。

部品を交換しようと、私の車エンジンルームを見る。ここで明らかな異変に気づく。ベルトテンショナーは、その役割故に微振動が起っていても不思議ではないそうだが、これはベルトの回転方向と同じ振動の場合だ。私の車に組付けられていた部品は、回転軸方向にワラッていた。まるで「ホイールナットを締め忘れたタイヤの様」だった。
交換の前に、現象を再確認。メガネレンチをプーリーを固定しているナットにかませて、手で張力を上げる。確かに音は消える。逆に張力を緩める、音は更に大きくなる。確かに原因はここに有るように見える。音の発生源はエアコンのコンプレッサー(デンソー製)だった。

部品を組み付ける前に、選定した部品と私の車の部品の差異を調べる。二台の車のベルト、テンショナーとも同じメーカー(バンドー化学製)であり、部品番号の刻印位置以外は、変わっている場所は見受けられない。部品の版数と思われる刻印も、同じ様に見られた。差が有るとすれば、プーリーの軸方向に若干のガタが有る様に思える程度だった。
余談になるが、バンドー化学のサイトを見ると、テンショナーがどんな部品なのかを知る事ができる。オートテンショナと記載されている部品だ。

始めに私の車に、選定した部品を組み現象を確認する。音は遥かに小さくなり、容認できるレベルになった。部品の動いている状態も、試乗車と同様に良好だった。次に問題の部品を試乗車に組み付ける。ところが現象は遥かに改善されてしまった。回転している状態はワラっているのだが・・・。

とりあえず、これで様子を見るという事で引き上げた。家への道では、極めて良好な状態だった。このまま、現象が収まれば良いと祈るのみだった。

ところが、その一週間後、期待は見事に裏切られた。現象は再発した。

元の木阿弥である。

(まだ、つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SUBARU BOXER6の憂鬱(1)

事の始まりは、今から約2年半前、私の友人の車の中での会話だった。「俺のスバルレガシィワゴン3.0R(BPE)のシフトがDレンジのままでの停車中に変な音がする」 。私の車は、この時スイッチャブルタペットのバネ切損による異音が原因で、エンジンの乗せ変え直後だったためか、同様な音は発生していなかった。

ところが、少し過ぎて、同じく停車中に妙な音がしている事に気づく。これが友人のレガシィ3.0Rの車内で聞いた音と全く同じだ。極めて静かなBOXER6に、不快な安っぽいノイズが入る。友人の車で発生している状況と同じ事から、お世話になっているディーラーに相談した。ディーラーは、ベルトテンショナーを交換する事で改修して下さった。音は静かになった。原因はベルトテンショナーの張力不足により、ベルト自体の振動が発生、エアコンのコンブレッサーのガス圧に微振動を誘発し、それが室内に伝わって来ている様だとの説明だった。富士重工からは、このテンショナーの張力アップ版と思われる対策部品が出ており、これを用いて改修したとの事だ。

コレがどこのベルトテンショナーなのかを簡単に説明すると、スバルの6気筒エンジン(EZ30R)特有の部品で、フロントフードを開けて、エンジンの向かって左側に付いている受動型のプーリーである。エンジンカバーとラジエーターの空間から見る事ができる。EZ30Rのオルタネーター、エアコン、パワーステアリング等の補機に動力を伝達する為の長いVベルト(実際にはV型ではなく、確か4枚歯(?)のベルト)の張力をバネにより、一定に調整する為のものだ。ちなみにBOXER4では、固定式になっているとの事だ。(ディーラーのサービス課長談)

この改修によって、音が消えた事を友人に告げて、友人もほぼ同タイミングで部品を交換。異音は解消された様に思えた。ところが、また少し経つと音が再発。私の車も友人の車もだ。2004年9月にディーラーから正式に調査依頼を富士重工に出して頂いた。そしてNAVIのトラブルの時に、再び改修して頂き、その後再発、今日に至っている。
この時点で、私の車を含めて、合計3台の3.0Rで同様のトラブルが発生していた。どう贔屓目に考えても、確率として高すぎる。「私の友人の車では100%のトラブルの発生率」だ。友人との統一見解としては、テンショナーを交換しても、すぐに再発すると言う事で一致している。

そして先月、「更に別の一件」があり、先々週、先週とお客様センターに電話を入れたが、ついに堪忍袋の緒が切れた。

【当記事の異音の確認方法】
・発生が確認されたモデル:Aタイプ、Bタイブの3.0R。ただし、私が聞いたBタイブでの音は極めて小さなもので、この現象の音を聞き慣れていないと解らないレベルだった。
・AT車のみ。(6MTモデルでの確認は難しい・・・と言うか気が付かないで済む(w))
・エアコンをONにして、ブレーキを踏み、シフトをDレンジに。
・エアコンのコンプレッサが動き始めると、室内で「ヴヴヴヴヴ・・・」というか「カラカラカラ・・・」という感じの音がする。
・現象の度合いによってはフロントフードを開けると、車外からも聞く事ができる。

余談になるが、この時点で、某ディーラーで有名な「凶状持ちのレガシィB4(BLE)」は、ここに書かせて頂いている意外にも「イロイロ」有り、工場の入庫期間は述べ5ヶ月を超えている。これは、私の手元に愛車が無いだけでなく、ディーラーが熱意と誠意を持って対応して下さっている期間だ。この事に関しては、本当に心から感謝している。もし、ディーラーのサポートが無かったらと考えると、背筋が寒くなる思いだ。しかしながら、この原因の多くが、富士重工の設計品質、製造品質に起因している事を考えると、「最悪」と言っても過言ではない。まったくもってデタラメな話だ。

(つづく)

続きを読む "SUBARU BOXER6の憂鬱(1)"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

まぢですか?! 愛生会病院

とあるコミィニティで紹介されてたwebサイト。

「愛生会病院」

とっても有名らしいですが、いやはや、まったく知りませんでした。

有る意味、笑い死にます(w) 目も死にます。
なにかのジョークかと思って、ヤフ地図で調べてみましたら、実際に開業されている様ですけど。

本気なのか、確信犯なのか聞いてみたい所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SI-DRIVEの可能性

いくつか書きたい事があるんですけど、今回はニューヨークモーターショーで発表され、スバル レガシィの今年のマイナーチェンンジで、国内にも投入が予想される「SI-DRIVE」について、考えてみようかと思います。

【ニューヨークモーターショー06】スバル、3モード選べる「SI-DRIVE」

まあ、初めてこの記事を読んだ時に、「小手先な技を考えやがって」というのが第一印象でした。現在もスバル車(ATモデル)はecoモード、ドライブ、スポーツの3つのモードが選択できるので、呼び方が変わってるだけとも取れますが、スポーツモードでのユーザーインターフェースは最悪で、エンジンブレーキを使うべくシフトダウンをしてしまうと、マニュアルモードに移行、スポーツATモードに戻すには、シフトレバーを一度ドライブに入れ直さなければなりません。「スポーツATモードのマニュアルシフト」は出来ないと言う訳です。ドライブでは可能なのに・・・これは、どう考えても変です。正直、このユーザーインターフェースを考えたエンジニアと、エレクトロルミネッセンスメーターの各種インジケーターのレイアウトを考えたデザイナーは「むむう」じゃなかろうかと...と話はズレましたが、このあたりの混乱をこのSI-DRIVEで解決できそうです。
Sモード、S#モードはロータリースイッチで変更、iモードはスイッチをぶっ叩くという操作性は考えられていますね(w) あ、私ならiモードとSモードをロータリーで変更、S#は押す方が「熱い」と思えますけど(爆) メーターのグラフィックも凝りたいですねぇ。どんな「センス」でインジケーターがデザインされているか、生暖かく待つ事にしましょう(w)

で、たったこれだけで済ませるのでは、SI-DRIVEと命名する事自体、おかしいと思うので、少し踏み込んで予測してみようかと。まず、4代目レガシィで、新しく導入されたものの中で、ドライブバイワイヤーがあります。これは、PROVAから出ているキットのバイワイヤーコントローラーでも解る通り、変更が出来る訳です。3.0R(AT)の場合は、スロットル開度を緩やかに立ち上げる事で、上質な加速から、ダイナミックな加速へと推移していく事が体感できます。これとMT仕様のスロットルの立ち上げ方は、フィーリングが大きく異なるものです。また、バイワイヤーコントローラー搭載車も、まったく異なるフィーリングになることも体験しています。

そして、もう一つ、これは誰にでも想像できると思いますが、エンジン特性を変化させる。3パターンのECUの制御マップを搭載していると考えられる事です。私はGT系のターボモデルでは、S#モードを選択する事で300馬力超えが設定されているのでは?と考えています。この事は、エコモードを相反する制御になる為に、両立する事は難しいでしょう。前記のスロットル開度との二点を複合して変更するだけでも、車は全く別の性格を持つことができるでしょう。これはとても興味深い事です。

更にもう一つ、トヨタのハイブリッド技術が投入された場合を考えてみると、さらにこの効果は大きくなる事が予想されます。iモードではモーターを可能な限り使って、ガソリンエンジンの使用頻度を極限まで下げ、燃費を稼ぐ。Sモードでは通常のハイブリッドモードでバランス良く。S#モードではハイブリッドシステムとガソリンエンジンの相乗効果による異次元のパワー・・・こんな事も実現できるでしょう。

スバルの持つスポーツ性を堅持しつつ、環境性能を明確にしっかりと分け訴求する。この間に人の意思を介在させるアイデアは、将来の様々な可能性を夢見る事ができます。一見、小手先に見えますが、スバルらしい回答ではないかと感じています。

【2006年5月25日追記】
カタログ上の数値を見る限り、今回はエンジンパワーの変更は有りませんでしたね。最高出力を誇るより、エンジンが回るフィーリングを楽しむ事ができるなら、これに勝るものはありません。考え方を変えれば、大人の選択と言えましょう。さてさて、このSI-DRIVEでどんなフィーリングの変化を楽しむことができるのでしょうか。興味津々です。

【トラックバック先】
レガシィもリニューアル(お庭でいっぷく様)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ゲド戦記の予告編を見た

ゲド戦記の予告編を見てみました。

映画「ゲド戦記」予告編

絵のクオリティは素晴らしいですね。音楽も久石譲で無い(!)事が、逆に新鮮かもしれません。まあ、あとは作品を見てみない事には解りませんけど、ちょっとだけ期待できるかなと。

しかし、最後の最後に入ってるセリフを聞いて...orz 石田ゆり子@もののけ姫級の大根ですなぁ...orz
いやね、やっぱりマジメに作るなら、ちゃんと声優を使うべきですよ。日テレと博報堂の思惑も有りそうですが・・・。

いやーんな性格の私は、ゲド戦記 制作日誌にトラックバックを送りつけてやろうかと思いましたが、トラバ自体を受け付けてませんね(w)

さて、親の七光りで担ぎだされたとも見える二世監督がどこまでやれるのか。

「見せてもらおうか、大監督の息子の実力とやらを」(C)執念深いマスク男

| | コメント (0) | トラックバック (1)

間違ったスバルの転がし方

・・・(ーー;)

スバル シンメトリカルAWD搭載車を乗り比べ 前後トルク配分の違いが意味するものは? 後編

記事に熱が入っているのは良くわかりますが、スバルAWDの基本的な転がし方として、大きな間違いが有りますねぇ...orz 誇り高きスバリスト諸兄は、この間違いはすぐ気がつくのではないかと(苦)
今のスバル車で「ドアンダー」を出すのは「ヘタクソな証拠」とキッパリと断言致します。

まあ、私のドライビングの腕前は、近くの有料冷蔵庫にビールを買いに行ける程度ですので、大きな事は言えませんが、久々に笑わして頂いた感じでございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Congratulations! Apple Computer Inc.

30細かく書くと歳がバレますので割愛しますが(w)

Appleとの出会いが、私の人生に大きな影響を与え、Macintoshがあったからこそ、様々な苦難を乗り越え、様々なチャンスに巡り会えたと感じています。私にとってのAppleは、単なるコンピュータではなく、ライフスタイルの中で、無くてはならない存在となっています。

ネット社会の片隅からですが、心からアップルの創立30周年に祝福を。
そして、私たちの素晴らしい相棒であるAppleを世に送り出して下さった、スティーブ・ジョブス氏とスティーブ・ウォズニアック氏に、心からの感謝の言葉を送ります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »