« PSEなんて要らない | トップページ | Congratulations! Apple Computer Inc. »

頭を冷やして小5自殺を考える

この記事は先週書いていたのですけど、繊細な問題だけに少し沈静化するまで、投稿を控えていました。

死人に口無し、ましてそれが子供の自殺とあれば、その責任の所在は、大人に向くのは普通の反応。しかし、この事件は考えている以上に根が深そうです。教師が子供の胸ぐらを掴む事も非常識ですが、怒られた事で、学校を飛び出す様な生徒も、問題が無かったとは断言できないと思ってました。で、この記事。

小5自殺:男児が女性教諭名指しの走り書き 遺族明らかに(3/20の記事)

実際の所、この教師との間に何が起っていたのかは解りませんが、「○○死ね」という言葉から見ると、生徒も相当「荒れていた」のではと想像できます。教師も一応「オトナ」ですから、よほどの事が無ければ「小学校5年生の胸ぐら」を掴むなんて事は考えられない様にも思えます。そして、その胸ぐらを掴まれる様な怒られ方をする切っ掛けを作ったのは、当の小学生と考えるのが自然です。それとも、教師が極度のヒステリー状態? ここは謎ですね。

子供だからという事だけで、安直に性善説をとるのは危険な風潮だと考えます。また、こうした性善説が、昨今の凶悪化している少年犯罪の温床になっているという現実を見るべきだと感じます。そして、この漢字練習帳の走り書きを、教師と児童の関係と自殺を繋ぐ「線」と考えるのは、些か飛躍しすぎの様に思えます。逆に私は子供側の今回の事件の切っ掛けとなった「点」の一つが垣間見れたと考えています。その後ろに見える、親のしつけ方と言い換えてもいいでしょう。

子供を失った家族の心情を考えると、どうしてもここを繋げて考えたい気持ちもよく解りますが・・・。

|

« PSEなんて要らない | トップページ | Congratulations! Apple Computer Inc. »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

これはですね、解らないです。関わっている当人じゃないと解らない問題。
でもAlgernonさんが仰るように表面だけではないその根本の表れが、自殺であり漢字練習帳の走り書きでありとは思うのです。

リンクの張られていた記事のコメント「これほど悩んでいたとは思わなかった」というのも勘ぐってしまう。本当に「悩んで」犯した行為(自殺)だったのかと。本当に「悩んで」でも、それは「復讐」とか「憎悪」。最も卑怯なカタチでの報復に過ぎないのではないでしょうか。
相手が子供だけにそこまで思慮深くなかったというひいき目はありますが、それでも恨み辛みを名指ししての遺書を残しての自殺はあまりにも卑怯すぎる。「そんなことをしたら残された人はどうなるんだろう」という思いやりと想像に欠けるわけですから。

「死ね」という言葉は子供は吐きますよね。案外とそういう口汚い言葉は真っ先に覚えてくるものなのではないかと思うんです。幼稚園生だって小学低学年生だって吐きますもの。
ただその意味を理解して吐ける年齢になって言葉を吐くのとは異質だと思っているんです。

最近ネットなどの匿名性の高い場所では、とにかく書かれていることが酷い。平気で「死ね」という言葉も日常会話程度ほどに使われていますね。ですから走り書きもそんな社会性を反映しているのかも知れないとも思えるのですが、でも安易に口にしてはならない言葉への配慮がなさすぎる。

きっと、視野を広げてみるとこうした家庭はこの子の家庭だけじゃない筈なんです。単に結果が最悪のカタチで現れ出たのでクローズアップされていますが、最近の社会を見ているとごく普通の家庭の姿のようにも思えてきます。
でも「仕方ない」のではなく、今の躾が出来ていない家庭の当たり前が問題なのでしょう。

そして教師の対応も。
責任の所在を明らかにしないと気がすまないと奔走するマスコミも。
その偏った情報に踊らされマスコミの判断を鵜呑みにし、勝手な裁きをくだす第三者も。

尤も、マスコミの判断を最初から否定してかかろうとする私の姿勢もまた問題行動だと自覚していることを追記しておきます(笑。

投稿: Azumi | 2006/03/31 08:36

まず、マスコミに対しての思いは同じです(w)
まあ、ネタとしてはサイコーにウケのいい事件でしょう。

学校教育の質、教師の質に関しては、少なくとも私が尋常小学校で初等教育を受けていた時代(爆)とは異なった環境に有る様です。近くの学校で、教師が授業中に三文ホラー映画を生徒に見せ、処分されたらしいという話も聞いてますし、実際「なんだ、コイツ」という先生も増えている感じです。

また、家庭の教育でも「親は何を教えてる?」と言いたくなる様な子供も居ます。これは、育てている親がどんな躾をされたか、ここにまで遡れるでしょう。個人的に考えている事はありますが、ちょっと誤解を招きそうなので、差し控えますけど。

どちらにしても、双方の屈折した要因が、最悪のパターンで露呈した事件だという事の様ではありますね。

投稿: Algernon | 2006/04/02 10:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/9172532

この記事へのトラックバック一覧です: 頭を冷やして小5自殺を考える:

« PSEなんて要らない | トップページ | Congratulations! Apple Computer Inc. »