« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

頭を冷やして小5自殺を考える

この記事は先週書いていたのですけど、繊細な問題だけに少し沈静化するまで、投稿を控えていました。

死人に口無し、ましてそれが子供の自殺とあれば、その責任の所在は、大人に向くのは普通の反応。しかし、この事件は考えている以上に根が深そうです。教師が子供の胸ぐらを掴む事も非常識ですが、怒られた事で、学校を飛び出す様な生徒も、問題が無かったとは断言できないと思ってました。で、この記事。

小5自殺:男児が女性教諭名指しの走り書き 遺族明らかに(3/20の記事)

実際の所、この教師との間に何が起っていたのかは解りませんが、「○○死ね」という言葉から見ると、生徒も相当「荒れていた」のではと想像できます。教師も一応「オトナ」ですから、よほどの事が無ければ「小学校5年生の胸ぐら」を掴むなんて事は考えられない様にも思えます。そして、その胸ぐらを掴まれる様な怒られ方をする切っ掛けを作ったのは、当の小学生と考えるのが自然です。それとも、教師が極度のヒステリー状態? ここは謎ですね。

子供だからという事だけで、安直に性善説をとるのは危険な風潮だと考えます。また、こうした性善説が、昨今の凶悪化している少年犯罪の温床になっているという現実を見るべきだと感じます。そして、この漢字練習帳の走り書きを、教師と児童の関係と自殺を繋ぐ「線」と考えるのは、些か飛躍しすぎの様に思えます。逆に私は子供側の今回の事件の切っ掛けとなった「点」の一つが垣間見れたと考えています。その後ろに見える、親のしつけ方と言い換えてもいいでしょう。

子供を失った家族の心情を考えると、どうしてもここを繋げて考えたい気持ちもよく解りますが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

PSEなんて要らない

私も、この電気用品安全法(PSE法)の事は、多くの中古品販売業者と同じ様に、1、2ヶ月ほど前に知りました。

PSEなし中古家電、実質販売OKに「後で検査」前提

落としどころを見つけて、ソフトランディングさせようと考えているのでしょうが、そもそもこの法律、よく見りゃ穴だらけですし、消費者にとっては余計なお世話です。消費者側としてみれば、新品と中古品の「製品寿命と価格」を検討し、リスクを理解した上で購入しているは当然です。購入した中古品が、どんなコケ方をしようが自己責任です。安全性うんぬんにしても、20年も30年も昔から、電源まわりの安全性は電気機器そのものの電源ヒューズと、送電側のブレーカーによって担保されてきており、多くの人がこの「最終安全装置」が無事に働いている事を知っている訳でして・・・ぶっちゃけ、無駄な法律です。リンク先の記事の写真を見て、もう大笑い。お役人が偉そうに絶縁抵抗計をカマしてますね...orz

じゃあ、誰が儲かるのか。このPSE法が施行される事で、中古市場の締め付けが起り、電機業界が儲かる。または、検査機関と称する経済産業省の出先機関、または委託機関(どうせ、なんちゃら法人PSE協会とかいう天下り機関)が、検査料と称して中古販売業者、当然、価格に跳ね返るでしょうから最終的に我々消費者から「中古品使用税」を取るだけです。「生類あわれみの令」以来の悪法と言ってもいいんじゃないでしょうか?

様々な資源が、加速度的に消費されて行く方向にある昨今、「もったいない」という言葉に、相反する様な法を施行させる経済産業省のお役人の頭の中はどうなってるんでしょうか。反面、こんな法律を作っておきながら、京都議定書がうんぬんを言ってるのでは、ちゃんちゃら可笑しいです。

ちなみに2004年に販売されていたソニーのテレビでも、PSE法不適合の製品があります。

液晶テレビ<ベガ> (HVXシリーズ&ハッピー<ベガ>シリーズ),電気用品安全法技術基準不適合のお知らせ

流石は我らがソニーという所でしょう(w) ビンテージ物ばかり話が行ってますが、問題はそればかりでは無いと言う事で...orz

とは言うものの、最近、街の激安店で見かける、メーカー不詳の怪しげな安売り家電製品あたりは、この法律の恩恵を受ける事になるかもしれません。つうか、PSE法がどうこう言った所で、新品でも燃える時は燃えますと(笑)

【トラックバック先】
骨抜きで迷走するPSEマーク(かきなぐりプレス様)
どこか変だよ PSE緩和(王様の耳はロバの耳様)
PSE法:当面の間、中古品販売を事実上容認(GREEN DAYS 〜緑の日々〜様)
もう笑うしかない(GREEN DAYS 〜緑の日々〜様)

| | コメント (2) | トラックバック (4)

山田オルタナティブ

ここの所、Winnyでの情報流出の報道が花盛りですね。Winnyに関しては以前にも書かせて頂きましたが、Antinnyがどうであれ、とにかく個人のパソコンに組織の重要な情報を入れたままにしておくと言うのが「根本的な間違い」なのは言うまでもありません。まして、仕事で使っているパソコンにWinnyをインストールすること自体、言語道断でしょう。っていうか「倫理観」の問題です。Winny発祥の地である、某板風に言えば「逝って良し」です。

そして、ここに来て「山田オルタナティブ」という恐ろしいウイルスが・・・なんて報道がTVで流れ始め、「山田オルタナティブ」の感染症状が放映されているのを見ました。それなりに知識を持ってる人なら、おやっと感じると思うのですが、これってWebサーバーですよね? で、早速、ネットで調べてみたのですが、やっぱりその様です(w)
しかしまあ、報道は例によってズサンで、内容に大きな飛躍が有ります。まるでAntinnyの亜種の様なモノ言いになってますし、Winnyをインストールしていなければ安全とか、ネット上の「データーをダウンロードするな」みたいな、「むむぅ」な内容まであります。はあ、そうですかと言うしか無いですが、バカ正直に鵜呑みにすれば、「Webの閲覧もキケン」と言う事になるのですよ、奥さん!< 誰だ、その奥さんってのは(w)

で、当の「山田オルタナティブ」ですが、考え方によってはヒヂョーに便利です。感染させたマシンを一台用意すれば、Apacheなんぞインストールして、環境設定ファイルをゴリゴリと編集しなくても、一撃でWebサーバーが完成(w) 感染しているお友達も紹介してくれる様ですから、リングサーバーみたいな事もできそうです。これでRSSの配信もしてくれれば、新しいスタイルのコミュニティ構築の可能性が出て来ます(w) 名付けて「山田コングロマリット」でしょうか、そしてプロジェクト名は「山田補完計画」って・・・これはブラック過ぎるジョークですね...orz

普通なら、ここで教育的な纏めで終わるのが定石なんですが、私はイヤーンな性格なので、そんな事は書きません。クーックック・・・(C)某侵略軍曹長

| | コメント (2) | トラックバック (0)

WBC、韓国戦

まあ、あんまり興味は無いのですが。
正直、「この相手」にだけは負けてほしくなかったです。
多くは語りませんが。

韓国「国民ぐるみ」の大応援、そして落胆 WBC準決勝

そういう事で。

| | トラックバック (0)

ワゴンか、バンか。

発売時にやるかなと思ってたのですが、やっぱりやっちゃいましたね...orz

ホンダ パートナー

まあ、ホンダ自慢の「フルライン箱車」から、商用車としてどの車種を切り出した所で、不思議は無いのですけど、商用車を設定された車を「乗用車」として購入されたファンの気持ちを考えると、決して穏やかではないでしょう。商用車を卑下するつもりは毛頭ありませんが・・・(ーー;)

あくまでも私の持論ですが、「ワゴン」と呼べる車は、しっかりとした「セダン」が存在することが、最低条件だと思っています。そもそも、ステーションワゴンは4ドアを選ぶか2ドアを選ぶかと同様に、ボディのバリエーションとして展開していなければ、ブランド的地位は確立できないと考えています。VOLVO、BMW、メルセデスベンツ、アルファロメオ等の欧州の自動車メーカーの殆どはこの考え方です。まして、ワゴンとして発売していたモデルに、商用車を追加するなんて、近年ではやってはならない事です。

最近のファンは非常に敏感です。今回の商用車追加で、ホンダはエアウェイブのワゴンとしての存在価値に終止符を打ってしまったと言っても良いでしょう。・・・っていうか、もともとあまり走って無さそうですけど(^^;)

そのスジでは有名な様ですが、トヨタ(正確にはトヨタテクノクラフト)はこんなコンプリートカーも出してた様です。そもそも「モノの本質」が解っていないと、こういう遊び心は生まれてこないでしょうね(w) ホンダのパートナーとは、完全に対極に位置するモデルです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

患者体内にiPod置き忘れ

今や、生活必需品と言っても過言ではないiPod。これだけ普及していると、いつか絶対やらかすと思ってました。まったく何を考えてるんでしょうか、最近の医療現場わ!!

患者体内にiPod置き忘れ 滋賀・びわこ医大病院

しかしながら、これがiPodだったから、まだ良かったものの「コレ」だったら、発見されなかったかもしれません。なにせ、某タイマーが標準搭載ですから・・・(ーー#) しかしながら、大事に至らないウチに、新機種への変更を促す大学側の対応の早さは、流石と言った所でしょうか。

・・・っとまあ、どこから、こんなネタを仕入れてくるのか、某コミュでの友人の選択眼には、いつも本当に驚かされます(笑) このニュースの発信元である「Kyoko Shimbun News(虚構新聞社)」の記事は、どれもキレ味最高です。最近のヌルイ大手新聞社とは一線を画す、「ジャーナリスト魂」を見た感じです(爆笑)

ついでと言っては何ですが、最近の某野党がアレでアレなので、次の選挙の比例区はどうしようかとお悩みの皆様には、以下の政党のサイトもご紹介しておきましょう。

「日本ひよこ党」

しっかりとマニフェストも用意されてます。この政党が政権政党になった時には、きっとニッポンは変わります(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

WBC

・・・・・どうしても「WRC」と読んでしまいます...(^^;)
紛らわしい表記は止めて頂きたいものです。< お前がマニアックなんだよ、と。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ロボットホテルマン

昨晩、ネットをウロウロしていたら、こんな記事を(w)

ロボットの「ホテルマン」登場 千葉・浦安

写真を見た瞬間に大爆笑してしまいました。このデザインの「お間抜け具合」はいかがなものかと(w) しかも、ホテルは、かの「Sheraton Grande Tokyo Bay HOTEL」と・・・客寄せパンダとしたら、面白いイベントかもしれませんが、普通に考えれば「血迷ったか?!」と思ってしまいますね(w)

確かに「労力軽減」を考えれば、ロボットの導入というもの一つの答えかもしれませんが、「持て成し」に関して言えば、人に代わるものは存在しないと考えてます。それでこのデザインだったら、ホテルに着いた瞬間に大爆笑します。少なくとも私だったら(w)
てーっか、ぶっちゃけ「ロボットに、持て成されるホテル」じゃ、そもそも選ばないでしょう。

ただし、ロボットそのものの二輪で走行する技術は、セグウェイっぽくってカナーリ、Coolですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どうなる? スズキ

先日の懸念が的中するかもしれません。

スズキと資本提携解消へ=リストラ加速、全株式売却で協議−米GM

とても心配なのは売却後です。今まで、GMの資本参加で成り立って来た経営が、スズキの単独で何とかなるとは素人が考えてもどうにも難しそうです。富士重工の様に「良いパートナー」が、国内から現れば良いのですが・・・・いや、今回はここまでにしておきましょう。

こう考えると、富士重工は本当に幸運だったと思います。まだまだ、楽観はできませんが・・・(ーー;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

米誌の推奨自動車ランキング

これはスゴイ。
けれど、いろいろとややこしい問題になりそうな雲行きも感じます...(ーー;)

米誌の推奨自動車ランキング、日本車が初めて全部門で首位
Japanese Cars Sweep Consumer Reports Top Picks(原文)

トヨタがGMから、富士重工の株を「引き取った」程度ではすまされないかもしれません。

我らが富士重工は、フォレスターが「Best small SUV」で首位、インプレッサWRX STiが「Most fun to drive」で首位と、正に快挙です! 奇跡です!! これは明日は仕事しないで祭りだ、ワショーイ!!!・・・(T^T) < そして何故か泣けてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »