« ハンドルネーム占い | トップページ | Ozawa-Ken、イケてます! »

「i(アイ)」'm here !

初めて、この三菱自動車の「i(アイ)」を見た時、完全なコンセプトモデルとだとばかり思っていた。フロントフードより、前に飛び出したフェンダー、信じられない程小さなフロントフード、そしてジェリービーンズか空豆の様な印象的なサイドビュー。現在、そこいらを走っている軽四とは、一線を画すスタイリングに驚き、それ故に現実感が無かった。COLTの様に、デザインの特徴的な部分を殺ぎ落とし、普通の車になって発売されるとばかり思っていた。ところが、本気でこの車を出す事を知った時、正直「インド人もびっくり」状態だった。

昨日のこの車の発表の記事を読んで、更に驚いた。なんと駆動方式がミッドエンジン・リアドライヴ! そうか、それで、あの非現実的なフロントのスタリングが実現できたのかとやっと理解で来た。特徴的なデザインを実現させる為に、デザインとエンジニアリングが、驚くべき次元で折り合いを付けた。こんな例は殆ど聞いた事が無い。それ故に、この車に対する三菱自動車の「本気」が伝わって来たし、また、実際に他に例を見ない存在感がある。軽四は単なるゲタ代わりではなく、車の個性だという主張、こうした新しい価値観を創出する為の主張は、圧倒的な説得力を持っている。正しく「I'm here !」と強い主張が聞こえてきそうだ。同じ様に軽四の新しい価値観を創出するアプローチでは、最近ではダイハツのコペン、スバルのR1が有るが、前者は2シーターオープンエアとして見事に成功。後者はその商品企画の中途半端さ故に、訴求力が弱かった。< まだ終わってねーよ(^^;)

ただ、この三菱の「i」もにも不安が無い訳ではない。この車がターゲットとして期待されている市場の「団塊の世代」が、この車のスタイリングと価値が理解できるかどうかである。大量生産、大量消費の右肩上がりの時代を過ごし、現在はそれなりに財力を持つこの世代の価値観が、そう簡単に変わる事は無いだろうと思える。私の感覚では、トヨタで最も醜い車である「マークX」のユーザー層の中心が、団塊の世代から上に中心があるのが、趣向の正体だと考えている。また、若い世代は、車とは別の方向を向いてる。それと言うまでも無いが、様々な不祥事が原因で、地に落ちた三菱自動車のブランドイメージ。これらのハードルを乗り越えられるかどうかが、この愛らしい「i」が「哀」になるのか、それとも私達と三菱との新しい「会い」になるのか、最大のポイントとなると思える。デザインとエンジニアリングの力がこれらの問題を覆す力となるのか、とても興味深いと感じている。

昔、親しい友人の間で、スバルサンバーをベースに乗用車を作れば、「i」みたいな車を作れるよね。なんて冗談を言ってたが、思えばこれを三菱は本気でやったんだなぁと(w)< ヤラレタ感一杯らし...orz

今、最もディーラーに足を運んで見ておきたいモデルである。

【トラックバック先】
世界的名車の予感(ひめナビブログ様)

|

« ハンドルネーム占い | トップページ | Ozawa-Ken、イケてます! »

」カテゴリの記事

コメント

「i」自分の周りでは、リアウィンドウ周りがR2そっくり!ということで話題になっています。
いろんな意味で、完成度は「i」の方が遥かに上だとは思いますが。

欧州ではリッターカーとして販売するようですね。
トヨタ・PSAのアイゴシリーズ(?)に割って入れるのか、これからが楽しみなクルマですね。

投稿: 160SX | 2006/01/25 22:24

去年このコンセプトモデルを見たとき、RRでフロントデザインの自由度と居住空間を確保などのコンセプトからSUBARU360を思い出し、つくづくこれはスバルが作らなければならいクルマだと悔しく思いました(笑)

投稿: yostos | 2006/01/27 00:01

160SXさん
そもそもデザインと言うものは、それを使う人が居て、その人の目的に有った造形を行う事、つまりコンセプトありきですので、そこを立脚点としてデザイナーは知恵を絞る訳でして・・・ここが成功しているかどうかが、視点としては重要な訳です。アイはコンセプトが極めて高い完成度で表現されてますので、とても解りやすいと感じてます。仮に販売戦略上で、ズレた事を言っていると仮定しても、それなりの売れ方はすると考えています。

yostosさん
一般的にはデザインより、実際のコストの首根っこを押さえているエンジニアリングが強いんですよね。だからと言って、デザイナーが突っ走りすぎてもろくな事がないんですけど(^^;) デザインがエンジニアリングを牽引した良い例では、日産が挙げられますが。
技術がいくら素晴らしくても、それを表現する力が無いと、モノが売れない・・・。「良いモノ」を作っていれば売れる時代というのは、終わってるんですよね。「良いモノ」の概念が「デザイン」まで拡大されていると言う事を、スバルはもっと知るべきです。「奇をてらう事」と「オリジナリティ」を混同してしまった結果が、あの体たらくです。

投稿: Algernon | 2006/01/27 22:03

インパクトある車ですよね。私も思わずサイトで値段を見積もっていました(笑)。

車を買うなんて「夢」ですが(笑)、ちょっといい夢を見させてもらいました…。

投稿: Solid Inspiration | 2006/01/31 00:39

ネットワークの社会では、若干異なるとは思いますが、マーケティング関係の有名な法則で、AIDMAの法則と言うのがあります。今回のSolid Inspirationさんの場合、このスタイリングの力だけで、A->I->D->Mまで一気に行ってしまった訳ですね(笑)
人に行動を起こさせる事は、到底デザインだけでは実現できません。しかし、ネット上という条件と加えて考えてみると、視覚的な影響力だけで行動を起こさせるというのは、「凄い製品」だと思います(^_^)

投稿: Algernon | 2006/02/02 06:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/8335591

この記事へのトラックバック一覧です: 「i(アイ)」'm here !:

» 世界的名車の予感 [ひめナビブログ]
三菱自動車i(アイ)のサイト 一連のリコール隠し事件で世間の信用を失墜させた三菱自動車が、復活を目指す意気込みを感じさせるクルマを出してきました。実車に乗ったわけでも、試乗記を読んだわけでもありません。また現物を見たわけでもありませんが、他社にはない何....... [続きを読む]

受信: 2006/01/25 23:59

« ハンドルネーム占い | トップページ | Ozawa-Ken、イケてます! »