« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

虎だ、虎だ!

年も押し詰まり。私の愛機のOSが、なんか少し変・・・。

こりゃ、いよいよ再インストールしなきゃいけないかなと思い、夕方、家電量販店に行き「Tiger」を衝動買い。強引に入れ替えちゃいました。時間があればクリーンインストールで・・・と思っていたんですが、「ええい、ままよ!」ということで「漢のアップグレード」
・・・結果、MailのInboxの中身が、奇麗に飛びました(爆)

まあ、新年を迎えるにあたり、心機一転、ちょうどいいかもです。大事なメールは、ほかのメールボックスに振り分けてありますし・・・(^^;) < 本当は少しビビっている

お、あと1時間で今年も終わりですね。さてと、カウントダウンでも始めますかね...orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

止めときましょう・・・(^^;)

年の最後に、今年当blogで起こった不気味な事件を、ぶっちゃけてあげようかと思ってたんですが、あまりにバカバカしいので止めちゃいました。ここで書くと、「マナー最悪の法人」が、わんさかとやって来ますからね・・・(ーー#) 今度来たら、塩捲いてやる・・・って、まだ来てるよな(爆) 

来年は、ちょっと方針を変えて「ウチの駐車場のペンペン草が花をつけました〜」「ありんこに砂糖をあげたら、ありがとうと言ってくれました〜」的な、和やかな記事をエントリーしようと考えてますので、なにとぞ宜しくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

されど、年賀状...

毎年、ギリギリにならないと、年賀状を書かない私は、今年も例年とまったく同じ状況に...orz

3人に2人がパソコン利用 年賀状作成で

世の中、アイテーとやらが進歩して、便利になりましたねぇ。3人に2人がパソコンで・・・・って、なんか理不尽なものが漂う記事ですねぇ...。

とは言うものの、これも日本の伝統行事と言う事で、emailだけになってしまわない無い所が、また「日本人の感受性」の現れなのでしょう。手紙には、確実に送り主の手元に有った瞬間があり、文面と一緒に送り主の「手の温もり」を伝える事ができるからなのでしょう。数年前に他界されてしまった、私の恩人から頂いた年賀状は、その方のお人柄がとても良く出ていました。筆でさらりと書かれたお言葉が最高にイカしてましたっけ・・・。この方から人生の岐路に贈って頂いた言葉は、今でも私の胸の中に有ります。

受け取る人の事を想い、一枚一枚、じっくりと向き合って年賀状を書くという時間・・・そんな、ゆったりとした時間の流れから、いつの間にやら遠く離れてしまっている様に感じています。

とは言うものの、「お前の直筆の手紙を読む為には、暗号解読書をパソコンで作る必要がある」という鋭利なツッコミは謹んでお受けいたします...orz

| | コメント (2) | トラックバック (1)

自己修復が可能なのか! 日産の新塗装技術

最近の商品戦略を見て、そろそろ息切れしはじめてるな・・・と思っていた日産が、画期的な塗装を開発したニュースを読みました。

日産自動車、車体の塗装表面の擦りキズ痕が復元する、世界初のクリヤー塗料“スクラッチガードコート”を開発(日産自動車プレスリリース)

日産の車は、自己修復が可能なのか?! (C)某国連機関副司令

最表面のクリヤーコート塗装部に、特殊な高弾性樹脂を配合する事で、太陽熱で自己修復するとのことで、いやはや目からウロコの発想ですね。

気になる従来の塗装との価格差がどれくらいになるのかは、プレスリリースには書かれていませんが、モノによっては他の分野にも応用が利きそうです。従来の様に町工場での塗装では、修復できなさそうですけど...と、まあ、このあたりは全く考えてない訳では無いでしょう。この塗装が施された車が発売されたら、日産のお店で聞いてみましょう。ついでに開発したのは、どこの塗料メーカーなのかも・・・って、ヲタクなツッコミ入れるなって(苦)

ここ10年近く見てなかった「技術の日産」を見た気がしました。実に良い視点ですし、ユーザーにはとても嬉しい技術です(^_-)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »