« ウォークマンA、子供にツッコマレる | トップページ | SiNPEi(シンペイ) »

SUBARU R1とR2、そしてオマケ

R1、なぜ最初から出さなかった? 16バルブスーパーチャージャー搭載の「S」。
R2、スプレッドウインググリルはいよいよ撤回か? ポリシーは無いのか? 売れなきゃ仕方ないって? 

しかし、なんですか、この特別仕様車「refi」の「美容と健康」ってのは。「ツ○ラ」じゃあるまいし・・・(^^;)
どこをどうひね繰り返したらこんな企画が出てくるんでしょう・・・窮状は解りますが、もうちょっと背筋を伸ばしましょうよ「凛」と。企画モノとは言え、ブランディング的な視点で見ると、FHI的に「逆噴射」かけてませんか?
ああ、デザイナーさんたちの悲鳴が聞こえます・・・(T^T)

R1Sの登場は、当初から誰もが予想ができていただけに、巻き返しの起爆剤にするには、少し・・・いや、カナーリ遅かった様に思えます。今回、マーケティング上で後手に回ってしまった感が一杯です。消費者の目が向いているうちに、矢継ぎ早に投入しておけば、もっとしっかりとしたR1の商品イメージが確立できたでしょうに。ホント、勿体ない。

書きたい事は山盛りなんですが、あんまり書きすぎると「黒服」が来そうですので、この辺で・・・(爆)

【オマケ】
SUBARUインターネットファンクラブ「第415回」
〜SUBARUの歴史を語る。「独創性の系譜」〜に、ツッコミを入れてみます(笑)
・・・えーと、私、二代目レガシィの3ナンバー化が中止になった本当の理由知ってます。内緒ですが(爆)

しかしながら、当時、猫も杓子も「理由も無く3ナンバー化」して行く中、この決定が他社との差別化になり、ウリになったのも確か(笑) オリビエ・ブーレイ氏による3ナンバーモデルを是非見てみたかったと言うのが、ファンとしては、最も残念な所であります。え?あの三菱に居たブーレイ氏? 以外と知らない人も多いかと思いますが、現在でもスバルの顔の特徴となっている「台形グリル」はブーレイ氏のデザインによるものです。
ブーレイ氏のオリジナルデザインは更にイケてたそうですが・・・(笑)

【オマケのオマケ】
今日の流れていた記事で一番呆れたのは、ヒュンダイ(Hyundai)の新型サンタ・フェ(Santa Fe)。このスタイリングのポリシーの無さはなんだ?って感じです。日本国内の発売はまだの様ですが・・・。幾ら何でももうちょっと頑張れただろうにと...orz。写真を見れば、ソナタ・・もとい、どなたでも解りますので、このあたりで止めておきましょう。

|

« ウォークマンA、子供にツッコマレる | トップページ | SiNPEi(シンペイ) »

」カテゴリの記事

コメント

R1,R2出ましたね。

R1は元々デザイン重視かつ、R2で新開発のDOHC-NAエンジンとCVTを載せたクルマというだけで、スポーツさせる気は全く無かったようですね。
しかし、発売前の試乗会の段階からスーチャー仕様の要望はあったのですから、もっと早く動けば良かったのに・・・

R2はようやく、全車本来あるべき姿に戻った、という感じですね。
そして、やはり「うるるんパック」ですね。
もう何が何だか。
R2登場時、女性に人気だったというアロマに気を良くし、少々暴走した格好でしょうか・・・
果たして、コレは女性に受けるのか・・・

2代目レガシィの件。
6発も3ナンバー化も見送り・・・
6気筒は結局3代目の途中で載ったんですよね。
3ナンバー化は現行で。
資金の問題だったのでしょうか??
真の理由、気になります(笑

投稿: 160SX | 2005/11/25 22:17

R1には当BLOGの過去ログにも有りますが、当初よりSC搭載の予定があった様です。

R2に関して言うと、スプレッドウインググリルの廃止はデザインアイデンティの「そぎ落とし」みたいなものです。最近のこのグリルの使い方はかなり洗練されて来ていただけに、廃止せずに決められなかったのか・・・と。まあ、思いっきり不評だったデザインでしたから、少しでも販売を延ばしたかった為の決定だったのでしょう。

こうした個性の強い車の場合は、ジェンダーフリーのアプローチをした方が、女性に受け入れられるという皮肉な状況も有ります。このあたりが解らない筈は無いでしょうが、幾ら何でも「うるるんパック」は、本質を見失ってる感じですね。どうせやるなら、化粧品会社とのタイアップなんて方が、この車の個性を生かす事ができたでしょう。自動車メーカーの言う「美容と健康」では、訴求力が弱過ぎます。

二代目の6発は、初代レガシィのコンセプトモデルとも言われる、F624エストレモというコンセプトカーが、2Lのツインターボ付き6気筒を搭載していましたので、これの過給器無しの量産でも狙っていたのではと想像してます。当時、SVXに搭載していた、6気筒のEG33では、あのエンジンルームには入りませんので。

3ナンバー化中止の本当の話は、公の場で書くのはちょっとヤバ過ぎます(^^;)・・・黒服が来ます(爆)

投稿: Algernon | 2005/11/25 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/7301262

この記事へのトラックバック一覧です: SUBARU R1とR2、そしてオマケ:

« ウォークマンA、子供にツッコマレる | トップページ | SiNPEi(シンペイ) »