« トヨタ&富士重工提携(前編) | トップページ | Happy Tree Friends »

トヨタ&富士重工提携(後編)

さて、いつもの「へ理屈野郎」の逆襲です(笑)

【対局に位置するメーカー】
トヨタの商品戦略は、完璧と言って良いマーケットインを取り入れている。市場のニーズを的確に捉え、タイムリーに製品を開発/製造を行い、市場に投入する。圧倒的なスピードと徹底的なコストダウンが実現できていないと、真似出来ない芸当である。ここがトヨタの圧倒的な強さの源である。対する富士重工は、マーケットインなどは到底実現できる体力を持たないので、徹底したプロダクトアウトだ。国内の自動車メーカーの中では、最もこの色合いが強いメーカーの1つだろう。常に自社の強みを生かした物作り追求しながら、戦い続けなくてはならない。ここが私の様な「スバル莫迦」に支持されている部分だ。ニッチな市場では圧倒的な強さを見せるが、その代わり、多くの人達に支持されにくく、市場も拡大しにくい。そしてたった1度の失敗が命取りになる。言わば対局に位置するメーカーと言えるだろう。

【トヨタ傘下のスバルの位置】
ここからはトヨタ傘下で、富士重工がどの部分に位置づけできるのかを考えてみよう。スバルのDNAは、言うまでもなく、「走りにインテグレートされた技術」である。そのDNAを構成する要素は言うまでもなく、「水平対向エンジン」と「フルラインAWD」。どちらも乗用車に必要最低限の機能を考えれば、高くつく代物だ。この小さなメーカーでこんな製品が量産できていること自体、冷静に考えてみれば驚異的とも言える。しかし、この水平対向エンジンとAWD技術を、トヨタが欲しているかと言ったら多分「NO」だろう。現時点でのトヨタ持つ市場では、こうした部分にこだわる必要が無いからだ。しかし、ここに富士重工が入り込む余地が残されている。高級ブランドのレクサスとは違った味付けのブランド。言わば「徹底した走りを追求するブランド」の確立。「フィアット傘下のアルファロメオ」の様な位置付けに似た関係が良さそうだ。ここは奇妙な事に、トヨタの商品戦略の中では、ぽっかりとあいた穴であり、トヨタの出したスバルへの対抗車種はことごとく破れ去っている。即ち、トヨタとダイハツの関係と同じ様に、スバルを傘下とした場合、トヨタ内に直接競合する車が無いのだ。それ故にスバルは生き残って来れたとも言えるだろう。ついでに言うなら、レクサスをフィアット傘下のランチアになぞらえてみると、レクサスとスバルの差別化の方向性の違いが見える。しかし、今のランチアは旧来のファンからは不評の様だが(苦)

日本企業の提携で海外メーカーに対抗する。富士重工が明確な独自性を示し、トヨタの世界戦略の一翼を担う事ができれば、未来は明るく見える。トヨタと富士重工(スバル)で世界制覇を目指す、これはスバリストとしても、極めて熱い展開だ。私はそういった含みを持たせた「8.6%」だと思える。

【どんな車が作れるか、スバリスト的妄想】
固い話はここまでとして、ちょっと夢を見てみよう。まずは、先日の記事にも出て来たハイブリッドだ。富士重工は最近、ターボ・パラレル・ハイブリッド(TPH)、そして東京電力の協力を取りつけた上でのR1e開発のロードマップの発表と、立て続けに新技術の発表を行っている。格付けが下がった事に対しての市場に対するアピールとも取れるが、B9スクランブラーの技術を製品に反映する準備は着々と進めていたという事だろう。

TPHは、低速トルクの補完と発進時の燃料消費を押さえる為に稼働するハイブリッド機構とされており、狙っている方向としては、単なる環境性能だけでは済まない性能を持つハリアーのハイブリッドと良く似ている。まず、この部分は間違いなく技術の交流が行われるだろう。トヨタはスバルとNECが共同開発した高効率の蓄電システムを手にする事ができ、また、富士重工はハイブリッド車の量産に対してのノウハウを手にする事が出来る。ここは両社ともに得るものは大きいと見える。富士重工のトヨタからのハイブリッド車の部品調達の先に見え隠れしているのはこの部分だ。スバルのハイブリッド車がより現実的に見えて来た。しかしながら、TPHがどうなるのかは、これから・・・という感じだろう。

そして、将来の共同開発車がどんな車になるか? 私はコンパクトカーではないかと考えている。1L〜1.6Lクラスの車あたりに、双方の旨味が出てくる様に思える。では何か? ヴィッツ〜カローラあたりのプラットホームの共同開発になるかもしれない。現在のインプレッサでは大き過ぎる。また、トヨタとしても更に利幅を上げたいクラスだろう。共同開発のスバル車には、トヨタとは異なる独自開発のエンジンを載せてもらいたいのが、スバリストとしての夢である(w) 1.6L以下なら、直四横置きでも十分に面白いかもしれない。時期的には、二世代先のインプレッサクラスにあたりになるかもしれない。この時、インプレッサ系はWRX系のみを残し、下方シフトするのではないかと考えている。噂に有ったお蔵入りになってる「熱いエンジン」を、新しく組み直して引張って来ようぜ(w) いや、むしろ、ハイブリッド中心か?

【準備は整った、しかし・・・】
富士重工は、トヨタとの提携により、今までで最も強力で寛大なパートナーを得たと言ってもいいだろう。富士重工の舵取りが上手く行ったなら「スバル=自称プレミアムブランド」が、真の意味での「プレミアムブランド」になる可能性も見えてくるかもしれない。

しかし、問題も無い訳ではない。既に賢明なる読者の方ならお気づきかと思うが、富士重工の持つ軽自動車である。ここはダイハツと直接競合するだけに、スバルの独自性を出しながら生き残っていけるか、難しい判断が迫られるだろう。
そして、本当に深刻なのは、富士重工自身の持つ自由度だ。自由度が有るのに深刻と言うのは矛盾している様だが、現在の富士重工の状態を見ると良くわかる。GMの縛り付けより弱いトヨタとの関係では、今まで以上に、富士重工自身が自立する力と、高い付加価値を持つ商品戦略が必要になって来る。今の富士重工は、技術的な側面ではともかく、デザイン、品質、販売等を含むソフトウェアの部分はお世辞にも十分とは言えない。富士重工は自身が生き残る為に、日産グループの時代から慣れ切ってしまった、どこかに「おんぶにだっこ」の体質を脱却し、再び自立出来るような力を鍛えて行かないと、後が無いとも言える。ハイブリッド技術や開発での提携、北米での生産受託だけで、トヨタの信頼を受け止め続けられるほど、甘い話の筈はない。8.6%しか資本を保有しないトヨタと良好な関係を保つ為だけでも、更なる努力が必要だと考える。

何処かのインタビューで、富士重工の社員が「トヨタの様な大きな会社に、うちみたいな小さい会社の株を買って貰ってラッキー」なんて脳天気な事を抜かしていたそうだが、こんなヌルい事を言ってるとマジで吹っ飛ぶか、独自性が失われ、旨い所だけ搾り取られて、斬り捨てられるのがオチだ(苦)

富士重工(スバル)の本当の勝負はこれから始まる。

|

« トヨタ&富士重工提携(前編) | トップページ | Happy Tree Friends »

」カテゴリの記事

コメント

とりあえず、提携は決まったけれど、全てはこれから、ですね。

ところで、自社株取得は目標の7割程度だったとか。。
これでトヨタが筆頭株主になることは決まったので、まぁ良いのでしょうね。
(「熱いエンジン」って、何でしょう??)

投稿: 160SX | 2005/10/11 23:12

今回の提携はコレで良かった様に思えてます。スバルには、まだまだ学ばなければならない所が沢山ありますので。

熱いエンジンと言うのは、1.6〜1.8リッタークラスの直列4気筒エンジンです。軽とレガシィの間を埋める車に搭載する為に開発し、あまりの過激さにテストコースでコースアウトしたという噂を聞いていたのですが、この噂が本当だった事が「SUBARUインターネットファンクラブ第407回」で確認されました。
私が聞いた時は。ジャスティの後継車との話でしたので、噂のエンジンと同一かどうかは確証はありませんが、でも、やっぱり持ってたんだなあと(w) > 直列4気筒エンジン

投稿: Algernon | 2005/10/13 21:17

なんと!直列4気筒エンジンとは・・・
確かに、現行の1.5L、1.6LエンジンであるEJ15,16は、ちょっと無駄が多い感がありますよね・・・大物であるブロック、ヘッドの外形は2.5Lエンジンと全く同じなのですから。
やっぱり次期インプレッサに搭載されるのでしょうか?

実は、SUBARUインターネットファンクラブ、つい先日登録したばかりで、409号しか・・・読みたかったです<407号

投稿: 160SX | 2005/10/14 05:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/6321346

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ&富士重工提携(後編):

« トヨタ&富士重工提携(前編) | トップページ | Happy Tree Friends »